医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

「牛乳」を控えたら白内障が軽快!眼圧コントロールにも

「牛乳」を控えたら白内障が軽快!眼圧コントロールにも

通常、私たちは食べ物をよくかむことで唾液や胃液、腸液を出し、それらで解毒しながら消化して、必要な栄養を吸収しています。ところが、消化が不十分なたんぱく質は、解毒されずに腸から吸収されるため、体にさまざまな問題を引き起こします。【解説者】半田喜久美(多治見眼科院院長)


解説者のプロフィール

半田喜久美
名古屋市立大学医学部卒業。名古屋市東市民病院などを経て、現在、多治見眼科院院長。西洋医学に漢方医学を取り入れ、食事の指導なども行う。著書に『寛永七年間 和歌食物本草 現代語訳-江戸時代に学ぶ食養生』『私の漢方眼科学』(いずれも源草社)など。

食べすぎで体に負担をかけていることが少なくない

最近は、「この食べ物が体にいい」と聞くと、そればかり食べる人がふえているように思います。
特に現代は、昔と違ってさまざまな食品が簡単に手に入ります。

そのため、食べすぎで体に負担をかけていることが少なくありません。
また、かまなくても簡単に体内に取り込めるものがふえていることも、大きな問題です。

その代表ともいえるのが、牛乳をはじめとする乳製品です。牛乳は、「液体のたんぱく質」です。
味わってよくかまないと、たんぱく質の粒子が腸からそのまま吸収されてしまいます。

通常、私たちは食べ物をよくかむことで唾液や胃液、腸液を出し、それらで解毒しながら消化して、必要な栄養を吸収しています。
ところが、消化が不十分なたんぱく質は、解毒されずに腸から吸収されるため、体にさまざまな問題を引き起こします。

漢方の古典にも、「冷たいものを食べて冷えた胃腸に、たんぱく質の多い食品をよくかまずに入れると、皮膚や粘膜がただれる」と書かれています。
私が専門とする目の病気でいうと、まぶたのかゆみや充血、ただれ、まぶたの腫れや痛みを持つものもらい(麦粒腫や霰粒腫)などには、食生活が大きく関係しています。

まぶたのかゆみやただれ、ものもらいなどを招く!

まぶたには、マイボーム腺という、油性の分泌物の出口があります。
ここから出る分泌物が、目の表面に油膜を作って、乾燥を防いでいます。

脂っこいものや乳製品を多くとると、この分泌物がネバネバして、マイボーム腺が詰まりやすくなり、ものもらいができたり、ただれたりするのです。
また、余分なたんぱく質や脂肪などのエネルギー源は、水晶体(カメラのレンズに相当)の細胞に混濁をきたし、白内障の一因となります。

私の患者さんに、75歳の男性で、牛乳を毎日大量に飲んでいる人がいました。
その人の水晶体はミルク色に白濁していました。
血漿(血液の液体部分)の成分は、ほぼそのまま目の中の水である房水に入っていくのです。

ところが、その人に牛乳を控えてもらったところ、白内障の白濁が軽快してきました。

目薬をへらしても眼圧が上がらなくなった

私は目の治療に漢方薬を使いますが、患者さんに食事指導を行うだけでも、いろいろな症状が改善します。

基本の食事指導は、まず動物性のたんぱく質と乳製品を1週間断ち、温野菜中心の食事にしてもらうことです。
その後、小魚などは1日おきに食べてもらってもかまいませんが、乳製品は控えめにします。

このような食事にすると、過剰な乳製品の摂取などによる体への悪影響がなくなります。
さらに、食物繊維が豊富にとれるため、腸がキレイになります。

江戸時代の人は、「まぶたは胃腸の一部」といっていました。
考えてみれば、腸から目まで、すべての粘膜はつながっています。
腸を健康にすることは、そのまま目の健康となるのです。

実際、まぶたのただれ、ものもらいなどが、目薬でいったんはよくなってもまた再発をくり返すということがあります。
そういう人に食事指導をすると、再発しなくなるケースが多々あります。

ウエストも細くなり、肌もキレイに!


緑内障と診断された60代の女性は、眼圧を下げるための目薬を使うと、目がただれるので、困って私の医院へ来られました。
そこで、食事指導を行ったところ、目がただれなくなりました。
しかも、目薬をへらしても眼圧が上がらなくなったのです。

緑内障は、眼球内を流れる房水が滞って眼圧が高くなり、視神経に異常をきたす病気です。
食事の改善で腸がキレイになり、代謝がよくなったことが眼圧にも影響したようです。

この人はウエストも細くなり、肌もキレイになりました。
腸をキレイにするには、先祖代々引き継いできた、自分の腸内細菌が喜ぶ食事をすることが大切です。

日本人の場合、動物性の乳酸菌を含むヨーグルトではなく、昔から食べてきた、植物性の乳酸菌が豊富なみそやぬか漬けなどの、発酵食品のほうがよいのではないでしょうか。

飲み物も、温かい番茶やほうじ茶がお勧めです。
そもそもたんぱく質である牛乳は、多量に飲むものではありません。

栄養補助食品として、無理なく利用するのがよいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

私の下肢静脈瘤は、かれこれ10年来の悩みです。両足に、ポコッとしたコブのような物がいくつもありました。その巨大なコブが、どんどん小さくなっていき、魔法のように消えたのです。指で触ると、「ここにあった」という感覚だけは残りましたが、外から見ると、ほとんどわかりません。【体験談】新川千恵子(主婦・75歳)


治療しても進行する【緑内障】眼圧以外の原因とその対策

治療しても進行する【緑内障】眼圧以外の原因とその対策

緑内障は、目と脳をつないでいる視神経が障害され、視野が少しずつ狭くなっていく病気です。日本では、中途失明の第1位はこの緑内障です。緑内障の主な原因は、高い眼圧(眼球内の圧力)であることがわかっています。【解説】中澤徹(東北大学大学院医学系研究科 神経・感覚器病態学講座 眼科学分野 教授)


「眼圧を上げない生活習慣」で緑内障を予防!低血圧はなりやすい

「眼圧を上げない生活習慣」で緑内障を予防!低血圧はなりやすい

緑内障は、眼圧(眼球内の圧力)が高くなって視神経を傷つけ、視野が欠損していく病気です。失明原因の第1位と恐れられていますが、早期発見・早期治療を行えば、ほとんどの場合、失明は免れます。毎日の生活では、気をつけるポイントをご紹介します。【解説】杉本由佳(中目黒眼科院長)


糖尿病専門医が太鼓判!「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

糖尿病専門医が太鼓判!「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【陰部のかゆみ】薬で治る?水虫菌なら抗真菌剤で改善 流行中の梅毒にも注意

【陰部のかゆみ】薬で治る?水虫菌なら抗真菌剤で改善 流行中の梅毒にも注意

年配男性の股間のかゆみの原因で最も可能性の高いと考えられるのは「老人性掻痒症」です。加齢とともに皮膚が乾きやすくなり、外敵の侵入を防ぐ皮膚のバリア機能が低下してきます。【解説】古堅進亮(新都心クリニック・東京前立腺センター院長)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)