【医師解説】砂糖が腸内フローラを乱す!糖質制限食で腸の不調が改善する

【医師解説】砂糖が腸内フローラを乱す!糖質制限食で腸の不調が改善する

私は、29歳のとき、難病に指定されている潰瘍性大腸炎を発症しました。私は砂糖をたっぷり食べて育った世代です。潰瘍性大腸炎やクローン病の患者さんに聞いてみても、傾向として、甘いものをよく食べていた人が多いのです。腸の疾患には砂糖のとりすぎが関係していると考えています。【解説者】西本真司(西本クリニック院長)


砂糖をたっぷり食べて29歳で大腸炎を発症

私は、29歳のとき、難病に指定されている潰瘍性大腸炎を発症しました。
試行錯誤の末、この病気をみずから完治させた私のもとには、さまざまな難病の患者さんが多数来院されます。

特に多いのは、やはり潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患の患者さんです。
病気を治すポイントは、一つではありません。

私は、物質面・精神面・気(生命エネルギーの一種)の三つを正すことを重要視しています。
そのなかで、物質面での原因の一つとして、腸の疾患には砂糖のとりすぎが関係していると感じています。

なぜなら、砂糖は腸内フローラ(さまざまな腸内細菌の集まり)を乱す一因だからです。
ブドウ糖に代表される単糖類は、腸の中で腐敗物質を出す悪玉菌のエネルギー源になると考えられます。

これは、甘いものを食べると、悪玉菌が繁殖して虫歯ができるのと同じです。
口の中も腸内も消化管の一部ですから、腸内でも同じことが起こるはずです。

私自身、病気を発症する前は甘いものが大好きでした。
日本の砂糖消費量が急激に増加したのは、高度経済成長期が始まる1960年代からです。

私は1961年生まれですから、まさに砂糖をたっぷり食べて育った世代です。
潰瘍性大腸炎やクローン病の患者さんに聞いてみても、傾向として、甘いものをよく食べていた人が多いのです。

砂糖や添加物のとりすぎは、腸の粘膜を損傷させ、本来なら体内に通すべきものでないものを
通してしまう「リーキーガット症候群」の原因にもなります。

特に、クローン病は、リーキーガット症候群の関連で炎症を起こしているといわれています。

そしてもう一つ、砂糖の怖いところは、麻薬のような中毒性があることです。
麻薬は、常習者の体内からへると、イライラするなどの禁断症状が起こります。

それをおさえようと、さらに薬物をとります。
そうして、しだいに薬物なしでは生きていけなくなってしまうのが麻薬中毒です。

砂糖も同じです。砂糖のような直接糖は、とると急激に血糖値を上げてインスリンの分泌を促します。
その後、今度は血糖値が下がり過ぎて低血糖になり、イライラしてきます。

だから食べずにいられない、というぐあいに、どんどん中毒化してしまうのです。
中毒性は、砂糖の精製度が上がるほど、高くなります。
ですから、白砂糖は特にとらないことです。

1日1食は糖質をとらないのがお勧め!

私のクリニックでは、毎月1回、食事療法の一環として、患者さんを集めて3日間の「糖質制限食」を実践しています。

1日1食で、その食事内容は、みそ汁、納豆、豆乳ヨーグルトなどの発酵食品と、野菜が中心です。
糖質は、果物などで少量とりますが、1日20g以下に制限しています。

そして、その後も砂糖や小麦などを使った糖質の多い食品は、できるだけ控えるようにしてもらいます。
糖質をとらないと、エネルギーが産生できないと思う人もいるかもしれません。

しかし、私たちの体には、エネルギーを作るしくみがいくつかあります。
まず、血液中のブドウ糖をエネルギー源にします。

それが不足したら、肝臓に蓄えられたグリコーゲンからブドウ糖を作ります。
それも使い果たしたら、筋肉などに含まれるたんぱく質からブドウ糖を作り、エネルギー源にするのです。

それでも足りない場合、ブドウ糖ではなく、脂肪酸を分解したケトン体をエネルギー源にするようになります。
ケトン体からエネルギーを産生する回路が働き出せば、ブドウ糖がなくても人は活動できるのです。

つまり、糖質を制限することで、糖質だけに頼らない体づくりができます。
糖質を制限すれば、血糖値の上昇や、インスリンの分泌もおさえられるため、低血糖状態を防げ、イライラなどの中毒症状も少なくなります。

こうして腸に悪影響を与える糖質をへらすとともに、発酵食や野菜を中心にとることで、腸内フローラの状態は改善。
実際、糖質制限食を実践している潰瘍性大腸炎やクローン病の患者さんたちにも、多くの改善効果が現れています。

ケトン体をエネルギー源にするには、少なくても5時間は炭水化物などの糖質をとらないことです。
そうしないと、ケトン体回路が動き出しません。
ですから、毎日の食事では、1食だけ、糖質をとらないようにするといいでしょう。
そしてふだんから、白砂糖はできるだけ控えましょう。

甘いものが欲しくなったら、果物を食べるほうが安全です。
ただし、果物も熟せば熟すほどブドウ糖がふえます。

とりすぎにはくれぐれも注意してください。
かむことで脳が満足する場合もあるので、甘いものの代わりにスルメ、コンブ、ナッツ類などを食べるのもお勧めです。

もし、砂糖を含む食品をとった場合は、その後に、歌を歌ったり、運動したりするなど、自分に合った方法で、エネルギーを消費するといいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【クーラーつけっぱなし】咳や喘息の悪化 エアコンのカビ(真菌)が原因かも

【クーラーつけっぱなし】咳や喘息の悪化 エアコンのカビ(真菌)が原因かも

連日の猛暑が続き、熱中症のニュースが報じられています。夜、寝ているときもクーラーの使用が推奨されていますが、実はそこには危険な落とし穴があります。エアコン内部の「カビ」がもたらす弊害です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【断食の健康効果】現代人は食べすぎ?メリットは腸内フローラ改善と脳の活性化

【断食の健康効果】現代人は食べすぎ?メリットは腸内フローラ改善と脳の活性化

食べすぎると、消化にエネルギーが費やされて、栄養素を有効利用したり、有害物質を解毒・排出したりする代謝のエネルギーが不足します。断食によって体内の大掃除が始まると、腸の細胞が若返り、オートファジーも活性化されるので、腸内環境も整います。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


【疲れる・だるい】原因は糖質 「生クリームコーヒー」でケトン体質に 疲労感から解放

【疲れる・だるい】原因は糖質 「生クリームコーヒー」でケトン体質に 疲労感から解放

高校生の娘が体調を崩したときに、クリニックで紹介されたのが栄養療法でした。その栄養療法に欠かせないのが糖質制限です。糖質が大好きな私でしたが、娘一人に糖質制限させるのはかわいそうだと思ったのと、私自身の糖質依存も断ちたいという気持ちから、娘と一緒に糖質制限を始めました。【体験談】元木陽子さん(46歳・パートタイマー)


【糖質制限の新常識】甘いものを食べてもケトン体質に!我慢できなくても“2口ルール”

【糖質制限の新常識】甘いものを食べてもケトン体質に!我慢できなくても“2口ルール”

近年、「糖質制限」という言葉がかなり一般的になり、ダイエット法や健康法として広く認知されるようになりました。しかし、一つ誤解を生んでいます。それは糖質は完全に悪で、糖質制限をするならいっさいの糖質を断たねばならないと思い込んでいる人が多いことです。【解説】畠山昌樹(第2本郷整形外科皮膚科院長)


名医が太鼓判【大豆の健康効果】血管が若返る"蒸し大豆ヨーグルト"の作り方は簡単

名医が太鼓判【大豆の健康効果】血管が若返る"蒸し大豆ヨーグルト"の作り方は簡単

食物繊維が多い食材には、海藻やキノコがありますが、私が勧めているのは「大豆」です。大豆には100gあたり約18gの食物繊維が含まれています。食物繊維が多いイメージのゴボウが5.7gですから、大豆は数ある食材の中でもトップクラスです。また、たんぱく質が豊富なところも特長です。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


最新の投稿


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)