MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【医師】キャベツダイエットで医師が20kg、 新聞記者も10kgやせた方法を紹介

【医師】キャベツダイエットで医師が20kg、 新聞記者も10kgやせた方法を紹介

私がキャベツダイエットを始めたのは、数年前のことでした。減量開始時点で、身長169cmの私の体重は88〜89kgほどでしょうか。最も太ったときで92kgを記録したこともあり、明らかに太りすぎだったのです。【解説】寺師義典(寺師医院院長)

食前にキャベツを食べる

 私がキャベツダイエットを始めたのは、数年前のことでした。減量開始時点で、身長169cmの私の体重は88〜89kgほどでしょうか。最も太ったときで92kgを記録したこともあり、明らかに太りすぎだったのです。

 これまで私は若いころから、体重をほとんど気にかけずに、毎日好きな物を食べるという、医師としてはあまりほめられない食生活を送ってきました。その結果、体重が増え過ぎ、最近では体調面でいろいろな問題が生じつつあったのです。
 このままではいけないと思い、ダイエットを試みることにしました。私のキャベツダイエットの基本的なメニューは、次のようなものです。

 朝食は時間がないこともあり、まず最初に、野菜ジュースに食物繊維の粉末を入れて飲み、そのあとに食パンや低脂肪牛乳などをとります。昼食は食前にキャベツを食べ、魚料理がメインです。ほかに納豆と、ご飯を茶わん半分程度です。

 夕食も、食前にキャベツを食べます。夜は、子供といっしょなので、どうしても肉料理が中心になってしまいます。そこで、1日に摂取するたんぱく質の量を70g程度になるように調節しました。なお、間食は絶対にしないように心がけました。

一回に食べるキャベツの目安

 1回に食べるキャベツの量は、6分の1個程度というのが一つの目安です。私は野菜が好きなので、もっと多くの量を食べても全く抵抗はありませんでした。ノンオイルドレッシングをかけて、時間をかけ、よくかんで食べたのです。
 キャベツダイエットを始めた当初は、慣れていないせいもあって、食間に空腹感を感じることがありました。ただ、続けていくうちに体がなじんできて、じきに、全く空腹感を感じなくなりました。

 また、私は毎晩、午後11時から、1時間のウォーキングを行うようにしました。空腹時にウォーキングを行うと、有効に体脂肪を燃焼させることができるからです。

 その成果には、我ながら大変驚きました。1ヵ月で10kg、2ヵ月目で6kg、3ヵ月目で4kgというペースで、体重がみるみる減っていったのです。3ヵ月間に、計20kgの減量に成功したことになります。減量前、私のウエストは96・7cmありましたが、減量後は83cmになりました。ウエストが、13〜14cmも細くなったことになります。

 加えて、急激にやせたにもかかわらず、減量後の肌はハリのあるままで、シワやたるみは生じませんでした。これも、キャベツダイエットの非常に優れた点だと考えられます。

脂肪肝が治り中性脂肪値、コレステロール値の検査値も下がった

 興味深いことに、16kg程度やせたあたりまでは、周囲の多くの人たちが、私がやせたことに全く気づきませんでした。最初に減った16kgの大半は、おそらく私の内臓に蓄積されていた脂肪だったのでしょう。そして、さらに4kgやせてようやく、本格的に皮下脂肪が減り始め、体全体が急に引き締まったようでした。

 すると、私がやせたことに、皆が突然気づき始めました。いったん気づくと、あまりのやせ方に、大半の人たちは、私が病気にでもなったのではないかと思ったようです。皆からは「大丈夫ですか?」とおそるおそる聞かれたり、しきりに心配されたりしました。

 もちろん、私は健康そのもので、体調はあきらかに改善したのです。以前は、中性脂肪値やコレステロール値が少々気になっていましたが、減量後は高めだったコレステロール値(基準値は220mg/dl未満)が170mg/dl程度になり、中性脂肪値(基準値は150mg/dl未満)も70mg/dlまで下がりました。

肥満が原因の睡眠時無呼吸症候群も改善

 また、体も元気になって、疲れなくなりました。以前の私は、肥満のためイビキをかき、睡眠時無呼吸症候群に近いような症状に苦しんでいました。肥満のため夜は熟睡できなかったのです。そのかわり、日中に、猛烈な眠気に襲われていました。そのため私は、昼食時に、毎日20〜30分の仮眠を取らないと、午後の診療ができなかったのです。しかし、やせてからは、夜はもちろん熟睡できますし、昼間も以前のように眠くなることはなくなりました。

 最近は、夜のウォーキングのほうは、少しさぼりぎみで、ダイエット開始時のように、毎日きちんと歩いてはいません。それでも食前にキャベツを食べているおかげで、体重が増えることはありません。このまま現在の体重が維持できればと考えています。

 ともあれ、実践してみてよくわかりましたが、キャベツダイエットは毎日続けられる非常に優れた減量法といえるでしょう。

読売新聞の記者も10kgやせた

 数年前に、読売新聞の記者が私の指導のもとでキャベツダイエットを始め、約1ヵ月で10kgやせたという記事が掲載されたことがあります。健康診断で高脂血症と指摘されたその記者は、毎日キャベツダイエットを続けた結果、体脂肪率が10%減り、肝機能値が正常化しました。さらに、肝臓に脂肪がたまる脂肪肝の症状もなくなり、95cmあったウエストも85cmになったのです。

 最近では、私のクリニックに来院する患者さんたちにも、キャベツダイエットを勧めています。少し肥満ぎみの患者さんなら、きちんと取り組めば、1週間で2kg程度は体重を落とすことは容易でしょう。さらに継続すれば、無理なく5〜6kgは減量できます。
 生活習慣病の予防や改善のためにも、一人でも多くのかたに、ぜひキャベツダイエットを活用してほしいと思います。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。おなか周りもすっきりしてきました。体重を量ってみると、飲む前は57kgだったのが、3ヵ月で2kg減り、55kgになっていました。【体験談】佐々木裕子(主婦・56歳)
更新: 2018-12-08 18:00:00
私、ぱいぱいでか美の公式発表体重は、43kg(身長158cm)です。ところが、夜中にドカ食いをしていたら、6.3kgも太って、49.3kgになってしまいました。おなかのふくれ具合はまるで洋ナシ。ちょっと他人には見せられない状況になっていたのです。【体験談】ぱいぱいでか美(タレント・歌手)
更新: 2018-09-11 16:24:51
おからに含まれる水溶性の食物繊維は、糖尿病や高脂血症などの予防・改善に役立ちます。また、おからに含まれる不溶性食物繊維には、便秘解消効果があります。実験でも、大豆たんぱくや大豆サポニンはダイエットに効果があるとわかっています。【解説】白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授)
更新: 2018-09-27 15:10:33
脳梗塞や心筋梗塞、高血圧や高脂血症、糖尿病の合併症など、動脈硬化が引き金になって起こる病気を抱えている人に、レモン酢を推奨します。病気がちだったり、疲れやすかったりして抵抗力が落ちているときに取ると、早めの回復が期待できそうです。ダイエットの補助食としてもおすすめです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)
更新: 2018-09-18 15:39:29
焼きバナナを食べるのは、主に朝食時です。朝起きてすぐにオーブントースターにバナナを入れ、焼いている間に顔を洗ったり、洗濯機を回したりすると、ちょうど出来上がったタイミングで食べられます。【体験談】居場京子(兵庫県●47歳●I.B.A-TOTAL BEAUTY CONSULTING 代表) 
更新: 2018-09-25 14:24:40
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt