【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


自律神経が整う!脳の血流がよくなる!

私は冬場、毛糸の帽子を目深にかぶり、耳を覆って通勤しています。
耳を冷やさないように配慮することこそが、冷えから全身を守るためのポイントだからです。

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。
なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。

耳には、脳神経である迷走神経が走っています。
迷走神経とは、運動神経や知覚神経、内臓を調整する自律神経のうち、心身をリラックスさせる副交感神経を含む、混合神経です。

迷走神経は、脳の下部に位置する延髄から出て、胸部や腹部へと分布していますが、その枝分かれした部分が、耳に達しているのです。
このため、耳を温めることは、迷走神経への刺激となります。

迷走神経は、内臓機能を調整しているので、耳を温めると、迷走神経を介して、気管支や心臓、胃腸など、内臓の働きが活性化するのです。
気管支の状態がよくなれば、カゼやぜんそくの予防・改善につながります。

心臓の機能が改善すれば、心筋梗塞や不整脈を防ぐことができるでしょう。
また、便秘や下痢、胃痛の改善にも効果を発揮します。

このように、内臓の働きがよくなることで、全身の血行も改善されます。
その結果、全身に活力がみなぎり、疲れにくい体になるのです。

不調を抱える人は、自律神経のバランスがくずれ、心身を活動的にする交感神経が過度に緊張した状態にあります。
耳を温めて、心地よい刺激を与えることで副交感神経が優位になり、自律神経が整って、体調が改善します。

特に、過度のストレスで交感神経が緊張し続けると、血圧や血糖値が上がりやすくなります。
耳を温めて副交感神経を優位にすると、自律神経が整い、高血圧や糖尿病の予防・改善につながるのです。

耳を温めることは、うつ病や不眠症などの精神的な症状にも有効です。
精神疾患は、脳の血流障害が大きな原因の一つと考えられています。

耳を温めると、脳全体の血液循環がよくなり、症状が改善するのです。
実際、うつ病や不眠症の患者さんの耳を温めると、驚くような効果が現れます。

精神科で処方された抗うつ剤よりも効きめがよく、しかも早く現れることが少なくありません。
「気分が落ち着く」「不安感が軽減する」「眠りやすくなる」といった声が多く聞かれます。

また、耳鳴りや難聴、三半規管(内耳にある平衡感覚をつかさどる器官)の障害によるめまいなど、耳にまつわる症状にも、効果が期待できます。
内耳から脳にかけての血流が、改善するためです。

さらに、脳の血流がよくなれば、脳卒中や認知症の予防にも役立ちます。

乾燥肌が改善しむくみも解消する!

では、実際に耳を温める方法をご紹介しましょう。

私が皆さんにお勧めしているのは、使い捨てカイロを使う方法です。
耳を温めるときは、表側だけではなく、耳を折り曲げて、裏側にもカイロを当ててください。

実際に、耳を温めてみると、実に気持ちのいいものです。
耳の表と裏が、それぞれ心地よく温まってくるまでカイロを当てましょう。両耳に行います。

時間としては、2~3分ですが、あくまでも目安です。耳が温まったと思ったら、やめてください。
耳は非常に皮膚が薄く、あまり長時間カイロを当てると、低温ヤケドを起こす恐れがあるからです。

特に、就寝前にカイロを当てて、そのまま寝入ってしまうと危険です。注意してください。
耳を温めると、首の血流が促進されるので、首や肩のコリ、頭痛も楽になるはずです。

また、顔もポカポカして、血行がよくなります。その場で顔色がよくなり、肌のツヤも増してくるでしょう。
毎日続けることで、乾燥肌の改善やむくみの解消など、美肌・小顔効果も期待できます。

体の冷えが特にひどい人は、入浴前に耳を温めておくと、冷え取り効果が高くなります。
冷えが強いと、入浴しても体が芯から温まらず、おふろから上がったとたん、湯冷めをしてしまいます。

冷えは、体の部位によってバラつきがあります。
耳は体の末端にあるため、血液が届きにくいうえ、入浴中もお湯につからないので、冷えが取れにくいのです。

たいていの人は、耳が温まる前にのぼせて、おふろから上がってしまいます。
すると、耳から冷えが下りてきて、湯冷めをするというわけです。

入浴前に、使い捨てカイロや蒸しタオルなどで耳を温めておけば、全身がまんべんなく温まります。
寒さの続くこの季節、耳を温める健康法を大いに活用してください。

外出時には、耳を覆える毛糸の帽子をかぶったり、耳当てを利用したりして、耳を冷やさない工夫をしましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【大学病院の実験で判明】コラーゲンはやはり「効果あり」食べると血管が若返り動脈硬化が改善する

【大学病院の実験で判明】コラーゲンはやはり「効果あり」食べると血管が若返り動脈硬化が改善する

医学界・科学界では「コラーゲンを経口摂取しても、体内のコラーゲンは増加しない」というのが定説です。しかし、私が行った実験で、その定説を覆す実験データが出ました。ブタ由来のコラーゲンに、動脈硬化改善作用があることが示されたのです。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合心療内科特任教授・抗加齢予防医療センター長)


【脳研究】認知症・うつ予防に効果的なウォーキングのポイント2点「しりとり」「知らない町」

【脳研究】認知症・うつ予防に効果的なウォーキングのポイント2点「しりとり」「知らない町」

認知症を予防するために、どんなことを心がけるべきか。脳に関する研究の進展によって、その方向性がしだいに見えてきました。最も勧められるものが運動です。とはいえ、サッカーやテニスのような、激しいものをする必要はありません。【解説】瀧靖之(東北大学加齢医学研究所教授・医師・医学博士)


【症状別に効く】歩数と歩き方が判明!基本は1日8000歩・20分の速歩き

【症状別に効く】歩数と歩き方が判明!基本は1日8000歩・20分の速歩き

昼間お勤めをしている人は、平日に外出や散歩の時間を取ることが難しいかもしれません。駅までの道を速足で歩く、職場の一つ手前の駅で降りて歩く、エレベーターやエスカレーターは使わない、などを心がけるといいでしょう。【解説】青栁幸利(東京都健康長寿医療センター研究所運動科学研究室長)


140ミリの血糖値が90ミリに!膝痛が改善し、仕事復帰後の体調も良好なのは「オクラ水」のおかげ

140ミリの血糖値が90ミリに!膝痛が改善し、仕事復帰後の体調も良好なのは「オクラ水」のおかげ

糖尿病の投薬治療を受けていたものの血糖値は150〜160mg/dLと、高い状態が続きました。追い打ちをかけるように、「ひざの軟骨が壊死してはがれ落ちている」といわれたのです。私が始めたのは「オクラ水」でした。血糖値が、なんと90mg/dLに下がったのです。【体験談】越田隆憲(兵庫県・51歳・トラック運転手) 


最新の投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


ランキング


>>総合人気ランキング