【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


自律神経が整う!脳の血流がよくなる!

私は冬場、毛糸の帽子を目深にかぶり、耳を覆って通勤しています。
耳を冷やさないように配慮することこそが、冷えから全身を守るためのポイントだからです。

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。
なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。

耳には、脳神経である迷走神経が走っています。
迷走神経とは、運動神経や知覚神経、内臓を調整する自律神経のうち、心身をリラックスさせる副交感神経を含む、混合神経です。

迷走神経は、脳の下部に位置する延髄から出て、胸部や腹部へと分布していますが、その枝分かれした部分が、耳に達しているのです。
このため、耳を温めることは、迷走神経への刺激となります。

迷走神経は、内臓機能を調整しているので、耳を温めると、迷走神経を介して、気管支や心臓、胃腸など、内臓の働きが活性化するのです。
気管支の状態がよくなれば、カゼやぜんそくの予防・改善につながります。

心臓の機能が改善すれば、心筋梗塞や不整脈を防ぐことができるでしょう。
また、便秘や下痢、胃痛の改善にも効果を発揮します。

このように、内臓の働きがよくなることで、全身の血行も改善されます。
その結果、全身に活力がみなぎり、疲れにくい体になるのです。

不調を抱える人は、自律神経のバランスがくずれ、心身を活動的にする交感神経が過度に緊張した状態にあります。
耳を温めて、心地よい刺激を与えることで副交感神経が優位になり、自律神経が整って、体調が改善します。

特に、過度のストレスで交感神経が緊張し続けると、血圧や血糖値が上がりやすくなります。
耳を温めて副交感神経を優位にすると、自律神経が整い、高血圧や糖尿病の予防・改善につながるのです。

耳を温めることは、うつ病や不眠症などの精神的な症状にも有効です。
精神疾患は、脳の血流障害が大きな原因の一つと考えられています。

耳を温めると、脳全体の血液循環がよくなり、症状が改善するのです。
実際、うつ病や不眠症の患者さんの耳を温めると、驚くような効果が現れます。

精神科で処方された抗うつ剤よりも効きめがよく、しかも早く現れることが少なくありません。
「気分が落ち着く」「不安感が軽減する」「眠りやすくなる」といった声が多く聞かれます。

また、耳鳴りや難聴、三半規管(内耳にある平衡感覚をつかさどる器官)の障害によるめまいなど、耳にまつわる症状にも、効果が期待できます。
内耳から脳にかけての血流が、改善するためです。

さらに、脳の血流がよくなれば、脳卒中や認知症の予防にも役立ちます。

乾燥肌が改善しむくみも解消する!

では、実際に耳を温める方法をご紹介しましょう。

私が皆さんにお勧めしているのは、使い捨てカイロを使う方法です。
耳を温めるときは、表側だけではなく、耳を折り曲げて、裏側にもカイロを当ててください。

実際に、耳を温めてみると、実に気持ちのいいものです。
耳の表と裏が、それぞれ心地よく温まってくるまでカイロを当てましょう。両耳に行います。

時間としては、2~3分ですが、あくまでも目安です。耳が温まったと思ったら、やめてください。
耳は非常に皮膚が薄く、あまり長時間カイロを当てると、低温ヤケドを起こす恐れがあるからです。

特に、就寝前にカイロを当てて、そのまま寝入ってしまうと危険です。注意してください。
耳を温めると、首の血流が促進されるので、首や肩のコリ、頭痛も楽になるはずです。

また、顔もポカポカして、血行がよくなります。その場で顔色がよくなり、肌のツヤも増してくるでしょう。
毎日続けることで、乾燥肌の改善やむくみの解消など、美肌・小顔効果も期待できます。

体の冷えが特にひどい人は、入浴前に耳を温めておくと、冷え取り効果が高くなります。
冷えが強いと、入浴しても体が芯から温まらず、おふろから上がったとたん、湯冷めをしてしまいます。

冷えは、体の部位によってバラつきがあります。
耳は体の末端にあるため、血液が届きにくいうえ、入浴中もお湯につからないので、冷えが取れにくいのです。

たいていの人は、耳が温まる前にのぼせて、おふろから上がってしまいます。
すると、耳から冷えが下りてきて、湯冷めをするというわけです。

入浴前に、使い捨てカイロや蒸しタオルなどで耳を温めておけば、全身がまんべんなく温まります。
寒さの続くこの季節、耳を温める健康法を大いに活用してください。

外出時には、耳を覆える毛糸の帽子をかぶったり、耳当てを利用したりして、耳を冷やさない工夫をしましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

朝食をトマト1個にして2カ月後、最大血圧が125mmHg程度と正常範囲内で落ち着くようになりました。降圧剤を飲んでいても下がらなかった血圧が、トマトを毎朝食べているだけでこんなにあっさりと下がるのかと、びっくりしました。【体験談】仁科敏子(仮名・無職・83歳)


不調・病気の原因は自律神経の乱れ 根本から症状を改善する足の爪もみの効果

不調・病気の原因は自律神経の乱れ 根本から症状を改善する足の爪もみの効果

私たちの体に起こるほぼすべての病気は、根底に自律神経のアンバランスがあるのです。自律神経のバランスを取り戻すために、家庭で手軽にできて効果的なのが「爪もみ」療法です。手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

平日は入浴後の夜寝る前、休日は日中にテレビを見ながら、足の爪をもみました。もみ方は、足の爪の生え際を、手の親指と人さし指で押さえて、ギュッ、ギュッとやや強めに押します。うれしいことに、この足の爪もみを習慣にしてから、1ヵ月もしないうちに、足はほとんどむくまなくなりました。【体験談】斎藤晃子(仮名・会社員・58歳)


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)