【焼きみかん】作り方と効能 血中コレステロールを下げる効果 不眠症の改善にも効果

【焼きみかん】作り方と効能 血中コレステロールを下げる効果 不眠症の改善にも効果

冷たいミカンはたくさん食べると体を冷やしますが、焼きミカンは体を温め食欲を増進させます。ミカンを焼いてもカリウムは失われないのでカゼ撃退にもお勧めです。特に注目したい成分が、ミカンに含まれるだいだい色の色素「βクリプトキサンチン」の健康効果です。【解説】今津嘉宏(芝大門いまづクリニック院長)


冬にたくさん食べれば夏まで健康効果を発揮

冬になると、店頭を彩る温州ミカン。
そのまま食べるだけではなく、日本では昔から焼いて食べるという風習がありました。

昔は、今のミカンよりも酸っぱいものが、多く出回っていました。
その酸っぱさはクエン酸によるものですが、焼くことによって、クエン酸が甘みに変わります。

つまり、酸っぱいミカンを甘くするための知恵が、焼きミカンだったのです。
ミカンを焼くと、味がより濃厚になります。

そのうえ、焼いているときには、こうばしくよい香りも楽しめます。
ミカンは、体にいい成分を豊富に含んでいますが、焼きミカンにすることで、より健康効果がアップすると考えられます。

特に注目したい成分が、βクリプトキサンチンです。
βクリプトキサンチンは、ミカンに含まれるだいだい色の色素です。

強い抗酸化作用と、細胞の修復効果があります。
体の免疫力をアップさせ、発ガン性物質から、健康な細胞を守ってくれるのです。

また、抗酸化作用によって、血液の巡りをよくする働きもあります。
体の代謝をアップさせてやせやすい体質になり、メタボの解消にも役立つのです。

βクリプトキサンチンは、実の部分にも含まれていますが、外皮の部分に、より多く含まれています。
普通なら皮の部分は食べませんが、焼きミカンにすれば皮ごと食べやすくなります。

また、焼いているうちに、皮の成分が実に浸透するので、皮をむいて食べたとしても、多くのβクリプトキサンチンを摂取することができるのです。
閉経後の女性で、体内のβクリプトキサンチンの濃度が高い人は、骨密度が高いということが、研究によりわかっています。

つまり、骨粗鬆症予防にも、βクリプトキサンチンの効果は発揮されるのです。
そして、糖尿病の進行の抑制、肝機能の改善、動脈硬化の予防、美肌など、さまざまな効果も期待できます。

βクリプトキサンチンの1日の推奨摂取量は、2㎎といわれています。
ミカン1個で約0・5㎎を摂取できるので、焼きミカンは1日に3〜4個食べればじゅうぶんでしょう。

また、タバコやお酒の摂取量が多いかたは、体内のβクリプトキサンチンの量がへってしまうので、努めて焼きミカンを食べることをお勧めします。
βクリプトキサンチンのよいところは、体内に蓄積しやすいということです。

ミカンは冬が旬の果実ですが、冬場にたくさんミカンを食べておけば、夏場までβクリプトキサンチンが体内に残って、健康効果を発揮してくれます。

青いミカンを焼けばより健康効果がアップ!

ミカンの皮は、漢方では「陳皮」という生薬として用いられてきました。
陳皮は、皮の裏の白い部分も含めて使っています。

この部分の薬効が高い理由は、ヘスペリジンという、ポリフェノールの一種が含まれているからです。
ヘスペリジンには、炎症抑制、血圧降下、中性脂肪低下、血中コレステロール低下など、さまざまな働きが期待できます。

ちなみに、ガンの治療で抗ガン剤を用いると、口内炎、だるさ、食欲不振などのいくつかの副作用が起こります。
そのうちの食欲不振の改善に、ヘスペリジンが高い効果を発揮することが、薬理学的にわかっているのです。

ヘスペリジンは、皮の裏の白い部分、そしてスジや袋にも含まれています。
焼きミカンにすれば、これらの部分がしんなりとやわらかくなり、食べやすくなるのもよいところです。

ところで昔から、「カゼをひいたらミカンを食べなさい」とよくいわれています。
これは、ミカンに含まれているカリウムの働きによるものです。

カリウムには、優れた利尿作用があります。
そして、尿とともに体内の熱も排出されるため、カゼの回復が早くなります。

このカリウムの特性を生かすためにも、カゼの治りかけには、ミカンをたくさん食べるといいでしょう。
冷たいミカンは、たくさん食べると体を冷やしますが、焼いたミカンは体を温め、食欲を増進させます。

ミカンを焼いても、カリウムは失われないので、温かいホクホクの焼きミカンで、カゼを撃退するのがお勧めです。
ちなみに、柑橘系由来の漢方の生薬としては、「枳実(きじつ)」というものもあります。

これは、まだ熟していない、ダイダイや夏ミカンなどの青い果実を乾燥させたものです。
枳実は、気の巡りをよくするということで、精神安定剤的に用いられており、不眠解消や健胃、整腸薬としても役立ちます。

青いミカンを食べれば、枳実と同様の効果が得られるのですが、酸っぱくて食べづらいでしょう。
しかし、青いミカンを焼けば甘くなるので、食べやすくなります。

つまり、熟してないミカンを使って焼きミカンにすれば、健康効果がより高まるというわけです。
皆さんも、この冬は焼きミカンを食べて、健やかに過ごしてください。

焼きみかんの作り方と効果、レシピを紹介

今津嘉宏
芝大門いまづクリニック院長。「頭のてっぺんから足の先まで」をモットーに、西洋医学と漢方医学を融合させた緻密な診療を行っている。著書に『89.8%の病気を防ぐ上体温のすすめ 名医が実践する新・体温健康法!』(ワニブックス)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

筋肉は、筋膜という薄い膜に覆われており、連動して動いています。おでこ冷やしで頭の血流がよくなり、そこの皮膚や筋肉がほぐれれば、全身の筋膜や筋肉も緩みます。すると体を動かしやすくなるので、結果的に全身の血流がよくなるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長・柔道整復師)


【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

果実や野菜などの有効成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。しかし、レモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

「耳もみ」を継続して行うと、多くの健康効果がもたらされます。ここでは、耳もみが大きな効果をもたらした症例をご報告しましょう。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)