MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【脂肪肝対策のセルフケア】お酒を飲まない人も注意!

【脂肪肝対策のセルフケア】お酒を飲まない人も注意!

近年増加しているのが、NASH=ナッシュと呼ばれる、非アルコール性脂肪肝炎です。一部はアルコール性の脂肪肝同様、肝硬変、さらには肝ガンへと進むので注意が必要です。重篤な肝臓病へと進行させないためのセルフケアをご紹介しましょう。【解説】中島淳(横浜市立大学大学院医学研究科 肝胆膵消化器病学教室主任教授・診療部長)

肝硬変や肝ガンに進行するのを防げ!

私は、大学附属病院に勤務しています。
先日、中高年の女性が、突然血を吐いたとして、運ばれてきました。

すぐに検査したところ、肝硬変(肝細胞が線維化して肝臓がかたくなった状態)により生じた、食道静脈瘤からの出血とわかりました。
この女性は、20年前から「脂肪肝」と指摘されていました。

脂肪肝とは、肝臓に脂肪が過剰にたまり、肝臓全体の30%以上を脂肪が占めた状態です。
しかし、特に自覚症状はなかったので、放置していたとのこと。

ちなみに、この女性には、飲酒の習慣はありません。
肝臓病というと、お酒の飲みすぎによるアルコール性脂肪肝による肝炎、あるいは、ウイルス感染によるB型肝炎・C型肝炎といったイメージが強いでしょう。

そのため、自分には関係ないと思う人もいますが、決してそんなことはありません。
C型肝炎は近年、著効のある新薬が開発・認可されたため、今後は大きくへっていくことが予想されます。

近年増加しているのが、NASH

一方、近年増加しているのが、NASH=ナッシュと呼ばれる、非アルコール性脂肪肝炎です。
この、お酒によらない脂肪肝により、肝臓が炎症を起こした状態が長期化すると肝臓がかたくなります。

一部はアルコール性の脂肪肝同様、肝硬変、さらには肝ガンへと進行するため、注意が必要です。
ただ、肝臓は修復・再生能力が高く、欠損した機能をカバーすることが可能なため、障害が生じても、よほど状態が悪くならないかぎり自覚症状が現れません。

そのため、「沈黙の臓器」と呼ばれるほどです。
やがて、先述した女性のように突然吐血したり、黄疸の症状が出たりして、異変に気づきます。

しかし、その際には、病状はかなり進行しているのです。
ですから、アルコール性・非アルコール性にかかわらず、まずは脂肪肝にならないように気をつけるのが、重篤な肝臓病を予防するカギといえます。

肝臓の役割とは

肝臓の役割は重要かつ多岐にわたります。
大きく分けると、次の四つです。

❶ 合成・代謝=栄養素を体が吸収できる形に変化させる

❷ 貯蔵=使うときに取り出せるよう、エネルギーを蓄える

❸ 分解・解毒=体内の老廃物や有害な物質を無害化する

❹ 胆汁の生成=消化・吸収に必要な胆汁をつくる

いったん肝硬変や肝ガンになると、肝臓を全く元どおりの状態に戻すことは、残念ながらできません。
けれども、脂肪肝の段階であれば、肝機能の修復は、じゅうぶん可能です。

その改善策の2本柱は、「食事の改善」と、「運動」です。
「脂肪肝」というと、こってりした油分の多いものを控えればよいと考えられがちです。

しかし、役割の①で述べたとおり、栄養は肝臓で、体に吸収されやすい形に変化するため、気をつけるべきは脂肪だけとは限りません。
脂肪肝の人は、まずは「食べすぎ」を改めるのが大前提です。

そのうえで、食事の内容に気をつけてほしいのですが、意外な落とし穴が、「健康によい」とされる果物。
果糖は吸収されると、中性脂肪となって肝臓に蓄積されます。

私は、食べるなら最小限の量にするよう勧めています。
果糖が含まれた清涼飲料水は避けましょう。

血流がよくなり代謝の活性化を助ける

また、②で述べたとおり、肝臓は、エネルギーの貯蔵庫でもあります。
エネルギーをため込む組織として一般的に知られているのは皮下脂肪ですが、これは定期預金のようなもの。

急に必要になったとき、すぐに引き出すことができません。
対して、肝臓の脂肪は、いわば一時的な当座預金。

食事と食事の間に、脳や筋肉にエネルギーが足りなくなったとき、速やかに供出されるのです。
ところが、運動不足が続くと、脂肪は使われないまま、たまるばかり。

変性した古い脂肪が長年積み重なることで、肝臓の組織に炎症が起こります。
こうしたわけで、食べる量を控え、積極的に運動すること、つまりはダイエットが脂肪肝の撃退に有効なのです。

脂肪肝を改善する目安としては、体重の5%の減量が有効とされています。
70㎏の人なら3・5㎏やせればよいのです。

これなら少しの努力で、可能ではないでしょうか。
肝臓の負担をへらすという観点から、肝臓を温めることも、脂肪肝の予防・改善の一助になります。

蒸しタオルを、肝臓の辺り(下の写真参照)に、10分ほど当てるといいでしょう。
くれぐれも、ヤケドに注意して行ってください。

肝臓は血液が集まる組織ですから、温めてそこの血流をよくすることは、酵素による代謝や分解作用を活性化させる、手助けになると考えられます。

なお、脂肪肝を指摘され、それを長い間放置している人は、その脂肪肝が脂肪肝炎に進行していないか、検査することをお勧めします。

今は以前と異なり、簡便な超音波検査など、負荷の少ない方法で肝臓の硬化度を調べることができます。
ぜひ一度、肝臓専門医のいる病院で相談してみてください。

解説者のプロフィール

中島淳
横浜市立大学大学院医学研究科 肝胆膵消化器病学教室主任教授・診療部長

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-08 13:48:43
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt