【医師解説】患者さんの胆石が消失した!肝機能を高めるセルフケア「肝臓カイロ」

【医師解説】患者さんの胆石が消失した!肝機能を高めるセルフケア「肝臓カイロ」

肝臓カイロの効果は、多様です。まずは冷え症の改善。代謝がよくなってむくみが取れ、水太りも解消します。やせやすい体質になるため、ダイエットにも効果があります。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


温かい血液が全身を巡る効率的な健康法

私が腹巻きを愛用するようになったのは、研修医になって2年め、26歳のころです。
忙しさゆえの不眠、便秘、生理痛や生理不順などが重なり、当時の体調は最悪でした。

しかし、それらの原因が冷えにあると気づき、腹巻きで体を温める生活をするようにしたところ、健康を取り戻すことができたのです。
以来10年、冬はもちろんのこと、夏でも、腹巻きをしない日はありません。

おなかには、肝臓、腎臓、胃、小腸、大腸などの、生命維持に欠かせない臓器がたくさんあります。
なかでも、特に温めてほしいのが、肝臓のある辺りです(写真参照)。

肝臓を温めると、血流がよくなり、肝機能が高まります。

肝臓には、非常に多くの役割がありますが、分解・解毒機能は、その代表です。
血液は全身を巡り、細胞に酸素と栄養を届ける一方で、老廃物を回収します。

回収された老廃物は、最終的に肝臓に運ばれて解毒され、それがまた心臓へと送り出されます。
肝臓の解毒作用が高まれば、それだけキレイで健康な血液が、体内を巡ることになるのです。

さらに、肝臓は、合成・代謝という重要な機能も備えています。
血液にのって運ばれてきた栄養素を、体内に取り込みやすい別の形に変えるのです。

この作業には、体に蓄えられたエネルギーが使われるため、脂肪が燃えて、体温が上がります。
肝臓を肌の上から温めることで、体の内側からも、発熱が促されるというわけです。
また、精肉売場でウシなどの生レバーを見ればわかるように、肝臓は、赤褐色をしています。

血流量が非常に多く、血液に富んだ臓器なのです。
ですから、肝臓を温めれば、より温かい血液が体じゅうを巡るので、一気に全身を温めることができます。

体の冷えは、血流の悪化と直結しています。
血流が悪ければ、必要な栄養素や酸素が体のすみずみまで届かず、不要なものが回収されないため、あらゆる機能が低下してしまいます。

健康な血液が、体内をスムーズにめぐるかどうかが、人の健康を左右するといっても、過言ではないのです。
そのため、解毒機能をつかさどる肝臓を温めることは、とても効率的な健康法といえます。

ドロドロの胆石が消え医師の私も驚いた!

肝臓を温める際、私は、腹巻きの上から使い捨てカイロを貼はる、「肝臓カイロ」をお勧めしています。
やり方は、図解を参考にしてください。

肝臓カイロの効果は、多様です。まずは冷え症の改善。
代謝がよくなってむくみが取れ、水太りも解消します。

やせやすい体質になるため、ダイエットにも効果があります。
皮膚の再生が活発になるので、美肌にも有効です。

更年期障害によるのぼせ、ほてりなども緩和されるでしょう。
また、肝臓では、眠り誘発ホルモンの元となる物質、トリプトファンも合成されるため、この産生が促進されれば、不眠の解消にもつながるのです。

肝臓カイロは、肝臓の血流を促進させるので、当然、肝臓それ自体の機能も高めます。
先日、70代の男性から、うれしいお手紙をいただきました。

このかたは、C型肝炎を患っているため、定期的に肝機能の検査を受けています。
あるとき、脚立から落ち肋骨にヒビが入ったため、接骨院で、遠赤外線による温熱治療を受けました。

しばらくして、いつもどおり肝臓の検査を受けたところ、ふだんなら100IU/L以上もある肝機能値(基準値はおよそ30IU/L未満)が、50IU/Lほどまで下がっていたそうです。

ところが、肋骨のヒビが治り治療が終わると、肝機能値が再び上がってしまいました。
このことから、男性は「肋骨の奥の、肝臓を温めるのがいいのだろう」と、腹巻きの上にカイロを貼り、熱心に温めました。

すると、肝機能値は再度下がって、50IU/L前後で落ち着くようになったとのこと。
その後、私が肝臓カイロを推奨していることを知り、「ぜひ広めてほしい」と、報告してくださったというわけです。

また、肝臓を温めると、胆汁の流れもよくなります。
胆汁は、脂肪の消化・吸収を助ける消化液で、肝臓で作られています。

その胆汁を濃縮する器官が、肝臓の下にある胆嚢です。
50代の女性患者さんは、肝臓カイロをしたら、胆嚢にたまっていた、胆泥というドロドロ状の胆石が消失しました。

これには私も驚きましたが、よどんでいた胆汁の流れがよくなったために、胆石が流れ出たのでしょう。
このように、肝臓を積極的に温めることは、さまざまな面から健康度の向上に役立ちます。

ぜひ、セルフケアとして肝臓カイロを活用してください。

→肝機能値が改善した「意外な」食品とは

石原新菜
イシハラクリニック副院長

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

肝臓は、よく「体内の一大コンビナート」にたとえられます。栄養素の分解、合成、代謝、貯蔵、有害物の解毒、重要な消化液である胆汁の生成など、細かく分けると数百もの働きを担っており、まるで各種の工場や倉庫が集まったような機能を果たしているからです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【ダイエット】3ヵ月で24kgやせた!タオルを使って“足から痩せる”方法(写真有り)

【ダイエット】3ヵ月で24kgやせた!タオルを使って“足から痩せる”方法(写真有り)

私は29年にわたりモデルやタレント、そしてBC講師としてミス・ユニバース・ジャパンのファイナリストを含め、約3万人にエクササイズを指導してきました。経験から思うのですが、女性が「年を取ったな」と実感するのは、次の3つのぜい肉を見つけたときではないでしょうか。【解説】香取知里(美軸ライン協会理事長・パーソナルトレーナー)


【老けて見える原因】背中のハミ肉を取るタオルエクサ 反り腰・猫背が矯正できる

【老けて見える原因】背中のハミ肉を取るタオルエクサ 反り腰・猫背が矯正できる

「タオルを脚で挟む」エクササイズと「ふんどし」エクササイズには、体の軸を矯正する効果があるので、毎日1回以上は行いましょう。筋肉は、体の中で最も多くのカロリーを消費しています。ですから、エクササイズで筋肉が増えれば増えるほど、カロリーの消費量も増えるのです。【解説】香取知里(美軸ライン協会理事長・パーソナルトレーナー)


【顎がカクカク】顔のゆがみの原因は体軸のズレ?タオルで矯正すれば顎関節症が改善、むくみも解消する

【顎がカクカク】顔のゆがみの原因は体軸のズレ?タオルで矯正すれば顎関節症が改善、むくみも解消する

「あごを動かすとカクカクと音がして痛む」「口を大きく開けない」などの症状は、顎関節症と呼ばれています。以前はかみ合わせや、あごの関節の異常が原因で起こると思われていたのですが、そのほとんどは違う原因で起こっていることがわかってきました。【解説】原節宏(日本歯科大学附属病院総合診療科 准教授・顎関節症診療センター長)


最新の投稿


【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

肝臓は、よく「体内の一大コンビナート」にたとえられます。栄養素の分解、合成、代謝、貯蔵、有害物の解毒、重要な消化液である胆汁の生成など、細かく分けると数百もの働きを担っており、まるで各種の工場や倉庫が集まったような機能を果たしているからです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

足の裏には、親指を頭、親指のつけ根を首として、かかとへと向かって、全身の内臓や器官に対応する「反射区」が、人体図のように並んでいます。LTF療法は、ふくらはぎなどの足、足の指、手の指をもんだり刺激したりすることで、血液循環をよくし、痛みや不調を取り去る方法です。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)