医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【医師イチオシ】肝臓の機能を高め疲労回復に効果!「コンニャク湿布」のやり方

【医師イチオシ】肝臓の機能を高め疲労回復に効果!「コンニャク湿布」のやり方

病気というほどではなくても慢性疲労、倦怠感に悩まれている人には、特にお勧めです。私自身、コンニャク湿布を行うたびに、その優れた疲労回復効果を実感しています。ぐっすり眠れて、朝はスッキリと起きられるのです。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


毒素排出を助ける全身の強壮法!

私のクリニックでは、個人に合わせた「オーダーメイド医療」を治療方針としています。
現れている症状が同じでも、同じ治療で同じ成果が上げられるとは限りません。

患者さんの体質や性格、考え方により、ベストな治療法は異なるものです。
一人ひとりに合わせて治療法を提案し、薬だけに頼るのではなく、患者さん自身が自然治癒力を高めて、病気を治す手助けをする。

それが、私の仕事と考えています。
そのために、西洋医学をはじめ、漢方や代替医療など、有用なものは積極的に治療に取り入れてきました。

いずれも、患者さんにお勧めする前に、必ず自分たちで試し、効果のほどを実感したものだけを推奨しています。
なかでも私の一推しは、「コンニャク湿布」です。
コンニャク湿布とは、ゆでて温めたコンニャクをタオルなどでくるんだもの。

これを、湿布を貼るように、体に当てるのです(詳しいやり方は下の写真参照)。

コンニャク湿布のやり方は、温めて、タオルで包んで患部に

これは、昔からよく知られた民間療法ですが、ときを経て伝わるということは、それだけ多くの人が効果を実感できたということではないでしょうか。

肝臓の機能が向上し、新陳代謝を促す、全身の強壮法

肝臓が温められ、血流がよくなることで、肝臓の機能が向上し、解毒作用も高まります。毒素排出を助け、新陳代謝を促す、全身の強壮法です。

コンニャク湿布がよい影響を及ぼすと考えられる疾病は、ガン、高血圧、糖尿病、肝臓病といった慢性疾患から、冷え症、不眠、胃腸の不調、カゼ、アレルギー疾患、ひざ痛、腰痛などの関節痛まで、多岐にわたります。

病気というほどではなくても慢性疲労、倦怠感に悩まれている人には、特にお勧めです。
私自身、コンニャク湿布を行うたびに、その優れた疲労回復効果を実感しています。

ぐっすり眠れて、朝はスッキリと起きられるのです。

ひざ痛が改善!こむら返りも解消

体の中で冷えている部位は、基本的に、血流が滞っているところ、つまり状態の悪いところといえます。
そういう部位にコンニャク湿布を当てると、ほかのところより熱く感じるようです。

その際は、タオルをさらに重ねて包んでください。
続けているうちに、症状が回復してくれば、以前ほど、熱さを感じなくなるでしょう。

行う際のポイントとしては、コンニャクはビニール袋などに入れず、直接タオルを巻いて使うこと。
湿り気と温かさを、じかに感じることが大切なのです。

温める場所は、上の写真中Ⓐ(肝臓の辺り)とⒷ(へそ下の丹田と呼ばれる部分)です。
20〜30分かけてじっくり温めます。できれば、最後に冷たいタオルで1分間ほど冷やすと、より温かさが持続するようです。

さらに応用編としては、ⒶとⒷを温めたあとにうつぶせになり、同じコンニャクで、腎臓の辺りを、やはり20〜30分温めると、なお健康効果が高まります。

腎臓の位置は背骨の両側、ウエストのくびれから3㎝ほど上の辺りです。
時間に余裕があれば、行うとよいでしょう。

では、患者さんの例を、ご紹介しましょう。
40代の女性は、更年期障害と冷え、関節痛のため来院しました。

冷えると、ひざなど体の節々が痛むそうで、こむら返りを起こすこともしばしば。
疲れも相当たまっていて、月経前の不調にも悩んでいました。

このかたの場合、漢方薬の処方に加え、冷えがひどいため、コンニャク湿布をはじめ、靴下の重ねばきなどの冷え取りの方法を提案しました。
熱心にコンニャク湿布などを続けたところ、冷えが取れて、ひざなどの関節痛が改善。

こむら返りも起こらなくなりました。
疲れも回復しやすくなり、月経前の不調も楽になったと喜んでいました。

また、70代の男性は、肝硬変を患っていて、腹水やむくみが出ている状態で来院しました。
このかたには漢方に加え、ひどいときは利尿剤も処方しましたが、肝臓病ということもあり、コンニャク湿布を勧めました。
最初に試した際は、やはり肝臓に当たる部分が非常に熱く感じられたそうです。

それが、続けるうちに、さほど熱さを感じなくなりました。
そのころにはむくみがだいぶ改善し、体調もよくなりました。

肝臓と腎臓は、健康を保つうえで「肝腎要」です。
コンニャク湿布で温め、日ごろから意識してケアしてください。

解説者のプロフィール

戸舘亮人
ナチュラルファミリークリニック院長

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

更年期女性の高血圧に対する治療でいちばん重要なのは、生活指導です。更年期の患者さんの多くは、ホルモンバランスが不安定になっていることに加え、子供の自立、親の介護、夫の定年退職など、環境が激変する中で、自律神経の失調状態が起こっているケースが少なくありません。【解説】天野惠子(静風荘病院女性外来特別顧問・循環器内科医師)


動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

2003年、私たちは、成熟した生のトマトから、トマトサポニンを取り出すことに、初めて成功しました。トマトサポニンが、ステロイドホルモンとして体内に作用した結果、動脈硬化症をはじめ、高血圧症や糖尿病、更年期障害、骨粗鬆症などを改善すると考えられるのです。【解説】野原稔弘(熊本大学名誉教授・薬学博士)


【干しブドウ酢】は2型糖尿病の血糖値を下げる!効能と摂取量の目安

【干しブドウ酢】は2型糖尿病の血糖値を下げる!効能と摂取量の目安

いろいろな果物で作られるドライフルーツですが、なかでも手軽に食べられるのが干しブドウでしょう。それを酢に漬けた「干しブドウ酢」は、ほどよい酸味が加わっておいしくなるうえ、さまざまな健康効果が期待できます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


医師が「運動」を処方!全身が若返る体操【ひざ裏伸ばし】とは

医師が「運動」を処方!全身が若返る体操【ひざ裏伸ばし】とは

私の基本的な治療方針は「運動こそ万能薬」。1に運動、2に食事、3、4がなくて、5に薬。腰痛やひざ痛、股関節痛などの関節の痛みをはじめ、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病、自律神経失調症、認知機能の改善などに、「運動」を処方しています。【解説】川村明(かわむらクリニック院長)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)