【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

ぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎など、アレルギー性の病気に悩む人は多いものです。私は、「抗アレルギー食品」について、長年研究を続けてきました。そのなかで、最も注目している一つがニンニクです。実は、私自身もかつて、ぜんそくと花粉症に悩んでいました。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


クシャミ、鼻づまりが軽くなった!

ぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎など、アレルギー性の病気に悩む人は多いものです。
私は、「抗アレルギー食品」について、長年研究を続けてきました。

そのなかで、最も注目している一つがニンニクです。
実は、私自身もかつて、ぜんそくと花粉症に悩んでいました。

私がぜんそくを発症したのは、36歳のときです。
講義中にチョークの粉に反応して、激しくセキ込んだり、突然、呼吸困難に陥ったりして、非常につらい思いをしました。

病院で診察を受け、気管支拡張剤を飲んでいましたが、なかなか改善しませんでした。
そんなぜんそくの症状が、当時、ニンニクの入ったスープを飲むようにしたところ、2ヵ月後には治まったのです。

ぜんそくが改善した5年後、今度は花粉症になりました。
再びニンニクスープを毎日飲んだところ、クシャミや鼻づまりの症状が軽くなったのです。

そんな体験もあったので、私はニンニクの効果について、実験で詳しく調べてみることにしました。
免疫力を高め、ガンの発生や増殖をおさえるニンニクの作用は、すでに解明されています。

そこで、アレルギー性の病気にも有効であることを、確かめたいと思ったのです。
最初に行ったのは、マウスの実験です。

スギ花粉を点鼻して作製した花粉症のマウスに、ニンニクスープを一定量、毎日与えました。
2〜3週間後に、ニンニクスープを与えなかった花粉症マウスと比較しました。

すると、ニンニクスープを与えたマウスだけ、体内物質の「IgE抗体」と「インターロイキン4」が減少したのです。

抗アレルギーの薬より早くよく効いた!

IgE抗体は、アレルギーの発生に関与する物質です。
アレルギー体質の人は、体内に抗原(アレルギーを起こす原因物質)が侵入すると、IgE抗体を大量に作り、多い人では正常の100倍以上にもなります。

インターロイキン4は、花粉症でいえば、IgE抗体の合成を促し、かゆみや鼻づまりなどの炎症を広げる物質です。
花粉症マウスのIgE抗体とインターロイキン4が減少したということは、ニンニクに抗アレルギー作用があることの証あかしになるわけです。

この結果を受けて、今度は人間でニンニクスープの効果を確かめる実験を行いました。
被験者は、スギ花粉症である私自身と学生4人です。

鍋に水100mlと、ニンニクのみじん切り40gを入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして10分ほど煮込みます。
これを適度に薄め、好みで味つけをして飲むのです。

約1ヵ月後に血液検査をすると、学生も私も、血液中のIgE抗体が、ニンニクスープを始める前に比べて、平均で30%も減少していました。
インターロイキン4の産生も、抑制されていることがわかったのです。

IgE抗体が30%もへるのは、すごいことです。
花粉症やアトピー性皮膚炎の治療に使う抗アレルギー剤でも、これほどの結果はすぐには出ません。

自覚症状においても、顕著な改善が見られました。
スギ花粉症の学生からは、ニンニクスープを飲むようになって、「目のかゆみ、クシャミ、鼻づまりなどの回数がへり、症状も軽くなった」という報告を受けています。

ニンニクスープの効果が明らかになって以来、私は、スギ花粉が飛ぶ1月から2〜3月にかけて集中的に飲み、つらい症状が出るのを回避しています。

ニンニクにはアリシンなどの抗菌成分が含まれているので、冷蔵庫で1週間程度はもつでしょう。
まとめて作っておけば、さまざまな料理の味つけに役立ちます。

雑菌の混入を防ぐため、小さな瓶に小分けにして保存するのがお勧めです。
スギ花粉症の人は、花粉が飛散する直前の時期に集中して飲み、通年性のアレルギー性鼻炎の人は、季節を問わず継続して飲むことをお勧めします。

ぜんそくの人は、季節の変わりめや、台風が接近しているときなど、発作が出そうな時期に毎日飲み、アトピー性皮膚炎の人は、長期間じっくり飲むといいでしょう。

においが気になるときは、ニンニクを食べるときに、緑茶やウーロン茶、牛乳をいっしょに飲むといいでしょう。
ポリフェノールが豊富な生のリンゴやブルーベリー、プルーン、チョコレートを食後に食べると、においの軽減が期待できます。

ミントのガムやあめも、お勧めです。お試しください。
ただし、ニンニクによって、胃腸に負担がかかる人もいます。

胃痛や下痢などの症状が出ない程度に、飲む量や回数を加減してください。無理は禁物です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


アレルギー症状の改善には「副腎疲労を招く砂糖をやめる」ステビア・ラカンカは少量なら可

アレルギー症状の改善には「副腎疲労を招く砂糖をやめる」ステビア・ラカンカは少量なら可

砂糖の取りすぎで副腎疲労を起こすと、アドレナリンが不足して、気分が沈み込み、うつ症状になることもあります。食欲不振や便秘、下痢などの消化器の異常やパニック発作などの原因にもなります。朝起きるのがつらい、寝ても疲れが取れない、という状態が続くのは、副腎疲労の典型的な症状です。【解説】溝口 徹(新宿溝口クリニック院長)


肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

ハチミツと一口にいっても、種類はいろいろで、味も香りもすべて違います。それを試すのは本当に楽しいですし、試しているうちに、どれが自分に合うハチミツかわかってきます。とにかく、ハチミツをもっと身近に感じて、生活に取り入れてほしいと思っています。【解説】東出佳子・直子(はちみつ美容研究家)


【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

明治生まれの祖母は、のどが痛いときやカゼのひき始めには、梅干しを焼き網で焼いて、熱いお茶を注いで飲むと治ると話していたことも思い出しました。そこで私は、かつて祖母から伝え聞いた記憶を頼りに、梅干しの黒焼きを自分で作ってみようと考えたのです。【体験談】永井恒雄(梅生産者・77歳)


最新の投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)