【血管の若返り効果】「にんにく」で血栓を防ぐ 脳梗塞や心筋梗塞を予防する

【血管の若返り効果】「にんにく」で血栓を防ぐ 脳梗塞や心筋梗塞を予防する

抗血栓作用の高い食物ばかり大量に食べて、ほかのものが食べられなくなってしまっては、栄養に偏りが出て、本末転倒です。日常の食事に、ニンニクを意識して取り入れるだけで、ちょうどいいのです。それだけで、脳梗塞や心筋梗塞の予防効果がじゅうぶん期待できます。【解説】山本順一郎(神戸学院大学名誉教授)


ニンニクは加熱しても高い抗血栓効果を発揮

私は30年以上にわたり、血栓に関する研究を行っています。
血栓とは、血管の中にできる血の塊のことです。

血栓ができると血流が阻害され、脳梗塞や心筋梗塞など、死に直結する重篤な病気につながります。
血液は、酸素や栄養素、ホルモンなど、生きるために必要な物質を全身の細胞に運ぶ役割を担っています。

また、血液は、全身の細胞でできた二酸化炭素や老廃物などを回収します。
血栓ができて血流が滞ると、生命維持のための働きができなくなります。

例えば、心臓を養う動脈(冠動脈)に血栓ができると、心臓の筋肉の細胞が死んでしまいます。
この状態が、狭心症や心筋梗塞です。最悪の場合には、心臓の機能が障害されて、死に至ります。

同様に、脳の動脈が血栓でふさがれることで起こるのが、脳梗塞です。
また、糖尿病の患者さんの場合、血栓によって目の網膜にある細い血管がふさがれ、失明することもあります。

腎臓病においては、尿を作る腎臓の血管が血栓で詰まると、腎機能が破壊されてしまいます。
病状が進行すると、腎不全に陥り、人工透析を受けることになります。

このように、血栓性の病気は、人体に多大な影響を与えます。
これまで私は、血栓性の病気を予防することのできる食べ物を探してきました。

具体的には、実際にネズミの血管内にレーザーで血栓を作り、どの食べ物が抗血栓作用を持つか調べたのです。
タマネギ、リンゴ、ジャガイモ、ブドウ、イチゴなど、約15種(約250品種)の野菜や果物を調べました。

同じ作物でも、品種により、血栓の形成を抑制するものと、その作用がないものがありました。
そのなかで、強弱の差はありますが、品種を問わず抗血栓作用を示したのが、ニンニクです。

食物は、通常調理して食べることが多いので、実験では、生のしぼり汁と、加熱処理したしぼり汁を用いました。
加熱実験では、ニンニクのしぼり汁を摂氏100度で10分間加熱し、冷ましたものを使いました。

そして、しぼり汁をネズミに経口投与し、血栓を抑制するか調べたのです。
その結果、ニンニクには、突出した抗血栓効果があることがわかりました。

私も血液検査では問題なく「健康」

同じ野菜でも、品種によって効果が違います。

タマネギは15品種を調べたところ、抗血栓作用が認められた品種は、北海道産で10品種中3品種、兵庫県淡路島産で5品種中1品種でした。

リンゴは16品種のうち11品種。ジャガイモ(春〜夏に収穫する品種)では、20品種中5品種でした。

しかし、ニンニクでは効果の大きさに違いはありますが、15品種すべてに抗血栓作用が認められたのです。

興味のあるかたは、拙書『脳卒中・心筋梗塞・認知症などの生活習慣病を予防する野菜・果物を見分けるコツ─おいしさplus 血栓予防─』(デザインエッグKK出版)をご覧ください。

生体内では、さまざまな要素が絡み合って、いろいろな現象が起こっています。
ですから、ニンニクをとることで血栓ができにくく、溶けやすくなるメカニズムは、簡単に説明することができません。

ただ、1981年に発表された、日本大学名誉教授・有賀豊彦先生の論文は参考になります。
ニンニクを漬け込んだ油のなかには、動脈における血栓形成で中心的な働きをする血小板の作用を抑制する成分が含まれており、血栓の発生を防ぐとのことです。

私自身、ニンニクを炒め物やスープに入れて、ふだんから意識して食べています。
血液検査は問題なく、健康です。どんなに体にいい食物でも、おいしくなければ続けることが難しくなります。

その点、ニンニクは加熱することで香りがよくなって食べやすくなります。
具だくさんのスープや炒め物、煮物などに、ニンニクを活用するといいでしょう。

最後に、皆さんにお伝えしたいことがあります。健康のために重要なのは、程度とバランスです。
抗血栓作用の高い食物ばかり大量に食べて、ほかのものが食べられなくなってしまっては、栄養に偏りが出て、本末転倒です。

日常の食事に、ニンニクを意識して取り入れるだけで、ちょうどいいのです。
それだけで、脳梗塞や心筋梗塞の予防効果がじゅうぶん期待できます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

「間食はいけない。我慢すべき」というのも「引き算食べ」の発想。それを続けていると、食欲が爆発するときがやってきて逆効果です。ここでは「足し算食べ」を実践するための具体的なヒントをいくつかご紹介しましょう。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)