医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【オクラの効能】血管のサビを取り血糖値を下げる効果!

【オクラの効能】血管のサビを取り血糖値を下げる効果!

オクラを切ったときに出てくるネバネバの正体は、ムチンやペクチンといった水溶性食物繊維です。余分な糖分を包み込み、体外へ排出する作用があります。糖分の吸収が抑えられるので、急激な血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病や高血圧の改善効果が期待できるでしょう。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長) 


解説者のプロフィール

丁宗鐵(てい・むねてつ)
1947年、東京生まれ。
横浜市立大学医学部卒業。
同大学大学院医学研究科修了。
日本東洋医学会漢方専門医・指導医。
北里大学・東洋医学総合研究所研究部門長、東京大学客員助教授、東京女子医科大学特任教授を経て現職。
百済診療所院長。

●百済診療所
東京都中央区日本橋3-15-7八重洲聖徳ビル4F
TEL 03-3271-3400
http://kampochiryou.com/

オクラのネバネバ成分を最大限に摂取できる方法「オクラ水」

 オクラと聞いて、まず思い浮かぶのは、あの独特なネバネバでしょう。

 私は、納豆に酢を入れた「酢納豆」を愛食しています。そして、そこに刻んだオクラやすりおろしたヤマイモを加えるなど、ネバネバ成分を多く摂取するよう、常に意識しています。

 オクラを切ったときに出てくるネバネバの正体は、ムチンやペクチンといった、水溶性食物繊維です。これが、私たちの体に、さまざまな健康効果をもたらします。
 そして、このオクラのネバネバ成分を最大限に摂取できる方法が、今回ご紹介する「オクラ水」です。

 なぜなら、水溶性食物繊維は、水に溶けやすいため、果肉や種から、ネバネバ成分が効率的に溶け出すからです。
 では、水溶性食物繊維がもたらす健康効果について、順に説明しましょう。

血管のサビを取って老廃物をスムーズに出す

 まず注目したいのは、余分な糖分を包み込み、体外へ排出する作用です。糖分の吸収が抑えられるので、急激な血糖値の上昇を防いで、糖尿病の改善やダイエット効果が期待できるでしょう。

 糖分をとり過ぎると、老化の元凶物質といわれるAGE(終末糖化産物)が体内に蓄積されます。血管をサビつかせ、動脈硬化の原因にもなる物質です。

 オクラ水を常飲すれば、このAGEが蓄積されにくくなります。血管のサビも取れて、血流改善につながるのです。当然、血流がよくなれば、血液を送り出す圧力も安定するため、高血圧にも効果を発揮します。

 また、水溶性食物繊維には、糖分だけでなく脂肪分も包み込む働きがあるので、コレステロール値や中性脂肪値の低下にも役立つでしょう。

 整腸効果も見逃せません。水溶性食物繊維は、大腸内で善玉菌のエサとなって善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。便秘や下痢の改善はもちろん、老廃物が排出されやすくなります。そして、血管の詰まりも改善し、全身の血流がスムーズになります。

 つまり、腸からドロドロ血液を治してくれるのです。腸内環境が整えば、動脈硬化の改善にもつながります。

 オクラ水を飲むタイミングですが、食事で摂取した余分な糖分や脂肪分の吸収を抑えるため、食前をお勧めします。
 また、オクラ水のネバネバが適度な満腹感を与えるので、食前に飲めば、食事量も自然と減っていきます。糖尿病で食事制限をしている人や、ダイエットをしたい人にもお勧めです。

 ただし、薬を服用している人は、オクラ水を飲む30分前に、薬を服用しましょう。水溶性食物繊維が、薬の有効成分をも包んでしまう可能性があるからです。

「オクラ水」の作り方はコチラ

不溶性食物繊維も豊富!ビタミン類もたっぷり!

 漬けたオクラも、必ず食べましょう。実は、オクラは、不溶性(水に溶けにくい)食物繊維も豊富です。腸内環境を整えるには、両者をバランスよくとることが重要なのです。

 ですから、オクラ水で水溶性食物繊維をたっぷりとり、残ったオクラで不溶性食物繊維をとることは、実に理にかなった摂取法といえます。

 また、オクラの果肉や種には、ビタミンB群やC群、ビタミンE、カルシウム、カリウム、鉄分、カロテンといった成分も豊富に含まれています。いずれも現代人に不足しがちな栄養素なので、丸ごと取り入れましょう。

 なかには、オクラ水のほのかな青臭さが苦手だという人もいるかもしれません。その場合は、ショウガのしぼり汁やワサビ、カラシなどを少量加えるといいでしょう。特にショウガは、血流を促進する優秀な食材なので、お勧めです。

オクラはチアシードよりもおすすめ!

 冬場の寒い時期や、朝いちばんに冷たいオクラ水を飲むことがつらいという人は、ぬるま湯程度(40度前後)に温めるといいでしょう。ネバネバ成分の一つであるムチンは、熱に弱いものの、ぬるま湯程度なら、成分が壊れる心配はありません。

40度前後までなら温めて飲んでもOK!

 オクラは夏野菜ですが、今ではスーパーなどで一年中、手軽に入手できます。冬場は、海外産のオクラが主流になります。しかし、農薬などの心配があるので、なるべく国産のオクラを選ぶか、よく洗ってから使うようにしましょう。

 近年、海外のモデルや芸能人たちの間で、「チアシード」と呼ばれる食材が流行しています。これは、シソ科の植物の種で、水に漬けると膨張し、ネバネバした粘液に包まれます。ダイエット効果や美容効果など、さまざまな健康効果が期待できるスーパーフードとして、人気を博しているようです。

 しかし、同じネバネバ食材でも、私は、チアシードよりオクラをお勧めします。なんといっても低カロリー(エネルギー)、そして低コスト。オクラ水は、チアシードよりも優秀なスーパーフードなのです。

余ったオクラのレシピは、↓の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

オクラ健康レシピBEST12

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腸内環境を改善】突然の腹痛と下痢が「へそさすり」を続けて改善した!

【腸内環境を改善】突然の腹痛と下痢が「へそさすり」を続けて改善した!

その日はなんと、しっかり形のある便が出たのです。うれしくて、思わず「やったー!」と飛び跳ねそうになりました。毎日へそさすりを続けているおかげで、外出も怖くなくなりました。次に友達に旅行に誘われたら、「行こう!」と、元気に返事をするつもりです。【体験談】稲田雅江(仮名・主婦・63歳)


【ジーンズが緩くなった!】「塩発酵キャベツ」で慢性便秘を改善!ポッコリ下腹も凹んだ

【ジーンズが緩くなった!】「塩発酵キャベツ」で慢性便秘を改善!ポッコリ下腹も凹んだ

塩発酵キャベツを常備できるようになり、2日に1回くらいの頻度で塩発酵キャベツを食べていたところ、半年くらいで慢性便秘が解消しました。また、便秘をしていた頃は下腹がポッコリ出ていましたが、今はかなりへこみました。昔のジーンズをはくと、ヒップラインや太もものあたりが明らかにゆるく感じます。【体験談】濵崎希(会社員・45歳)


リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)


「オクラ水」でお尻からつま先にかけてビリビリする痛みとしびれが消えビックリ

「オクラ水」でお尻からつま先にかけてビリビリする痛みとしびれが消えビックリ

オクラ水を飲み始めたのが、今年の6月末です。同時に別の本に書いてあった、脊柱管狭窄症に効くストレッチを行っています。また近所にある温泉に足しげく通いました。こうした生活を始めて1ヵ月が経過し、驚いたことにお尻からつま先にかけてのしびれと痛みは、ほとんど消えているのです。【体験談】岡本ハルミ(仮名・主婦・81歳)


【最新研究】納豆から「糖尿病予防につながる2つの成分」を世界で初めて発見!

【最新研究】納豆から「糖尿病予防につながる2つの成分」を世界で初めて発見!

今回、納豆から2種類のDPP4阻害物質が発見されました。どちらも世界で初めて発見されたDPP4阻害物質です。これまでも納豆の健康効果はよく知られていましたが、納豆には血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病予防につながる成分が含まれていることが最新研究で明らかになったのです。【解説】舘博(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)