「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

4年前のことです。妻に連れられて病院へ行き、カテーテルを用いた検査を受けると、3本ある心臓の冠動脈のうち、2本が詰まっていることがわかりました。医師によると、「もう手遅れ」とのこと。さらに糖尿病も見つかったのです。知人にすすめられ、私が行ったのは「オクラ水」でした。【体験談】名引文葊(兵庫県・76歳・住職) 


2本の冠動脈が詰まり修復不可能と宣告された

 これまで病気知らずのまま過ごしてきた私が、入院を余儀なくされたのは、4年前のことです。

 寺の住職である私の朝は、3時半から始まります。ところが、その日は目覚めた瞬間、吐き気、発汗、震えが起こりました。「横になっていたら、そのうちよくなるだろう」と思ったのですが、いっこうに治まる気配がありません。

 見かねた妻に連れられて病院へ行き、カテーテル(医療用の管)を用いた検査を受けると、3本ある心臓の冠動脈のうち、2本が詰まっていることがわかりました。医師によると、「もう手遅れで、修復はできない」とのことでした。

 こうして、心臓の薬を飲み続けながら、残された1本の血管だけで生きていく私の生活が始まったのです。

 退院後、起床時間を1時間遅らせて4時半にしたものの、1時間の朝勤(早朝に行うおつとめ)を終えたあとに朝食をとると、体がだるくてしかたありません。10〜20分は横にならないと、まともに動けませんでした。13歳のときから毎朝行っている水浴も、医師に止められました。

 また、病院に運ばれたときの検査で、糖尿病であることもわかりました。なんと、血糖値が170mg/dlを超えていたのです(基準値は110mg/dl未満)。ヘモグロビンA1cも、7・8%ありました(過去1~2ヵ月の血糖状態がわかる指標。基準値は4・6~6・2%)。
 こうして、心臓の薬とともに、糖尿病の薬も飲むことになりました。しかし、薬を飲んでも、血糖値はあまり下がりませんでした。
 知人から「オクラ水を飲んでみたら?」と勧められたのは、おととしの9月です。なんでも、血流をよくする作用があるとのこと。「体にいいことは、なんでもやってみよう」と思った私は、早速、家族5人でオクラ水を飲んでみることにしました。

冠動脈の詰まりが解消した名引さん

「まだ10年は大丈夫」不思議顔の医師が太鼓判

 我が家のオクラ水の作り方は、次のとおりです。

 1袋分のオクラ(8〜10本)のヘタを切り、切り口を下にして500mlの空のペットボトル2本に分けて入れ、水を注いで冷蔵庫に入れています。前日の夜に作って、翌日にコップ3分の1杯ずつ飲んでいます。家族5人で飲むので、1日でなくなります。
 漬けたあとのオクラは、翌朝のみそ汁に入れて食べます。寺では、一汁一菜でみそ汁が欠かせないので、ちょうどオクラがムダなく使えるのです。

 私がオクラ水を飲むのは、食前です。特に朝は、起きてすぐに水がわりに飲むと、口の中がスッキリするので、そのあとの読経が、楽に行えます。とろみや味も、特に気になりません。

 オクラ水を飲むようになって8ヵ月ほど経った昨年の5月ごろには、なんとなく体の調子がよくなってきたと感じました。朝勤を終え、朝食を食べたあと、体がだるくなることがなくなったのです。

 そこで、6月に再びカテーテル検査を受けたところ、驚くことに、詰まっていた2本の冠動脈が、元どおりに流れていました。医師は、「あんたの体は不思議だ」といいながら、「まだ10年は大丈夫だろう」と太鼓判を押してくれました。

 その少し前から徐々に下がってきていた血糖値も、6月の検査で、ついに正常値になりました。ヘモグロビンA1cも、6・2%まで低下しています。

 そして、心臓と糖尿病、併せて9種類も飲んでいた薬は、一つ減り、二つ減り、現在は6種類にまで減っているのです。
 今は、朝4時に起きたら、一度も横になることなく、1日を通して仕事ができます。医師の許可がおり、朝の水浴も再開しました。これまでの日常を取り戻すことができて、ほんとうにありがたいです。

 いっしょにオクラ水を飲んでいる妻は、飲み始める少し前から、下肢静脈瘤(足の血管がふくれてコブができる病気)に悩まされていました。ふくらはぎがミミズ腫れになり、あまりの足の痛さに、手術の予約までしていたほどです。

 ところが、オクラ水を飲み始めて3日もすると、ふくらはぎの腫れがスーッと引いていきました。痛みが治まり、手術を回避できたと喜んでいます。

 体にいいことは間違いないと感じているので、1年以上経つ今も、家族全員でオクラ水を飲み続けています。

細い血管の汚れが取れて糖尿病や静脈瘤に効いた(市橋クリニック院長 市橋研一)

 心筋梗塞を起こした血管が、ここまでよくなったとはすばらしい!オクラ水の実力に、あらためて驚いています。

 私はこれまで、オクラ水を飲み、足の静脈の老廃物が取れてきれいになった数多くの症例を、画像でも確認してきました。頸動脈の血栓(血の塊)がなくなったという報告も受けています。オクラ水には、血管の詰まりを取る効果が、確かにあるのです。

 名引さんの糖尿病が改善し、奥様の静脈瘤が消えたことも、恐らく、オクラ水によって毛細血管、細動脈、細静脈の汚れが取れて、血流がよくなったからでしょう。ご家族で熱心に飲まれているのは、健康維持のために、非常によいことです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

筋肉があるとよい姿勢になるし、肩こり、腰痛、ひざ痛などのケアにもなります。(秋元)糖尿病や認知症を防ぐホルモンが筋肉から出ているという最新研究もあります。(松宮)【対談】秋元才加(女優・タレント)・松宮詩依(天現寺ソラリアクリニック院長)


ミネラルスープで2型糖尿病・メタボを予防!漢字で「鎂」と表す栄養素は何?

ミネラルスープで2型糖尿病・メタボを予防!漢字で「鎂」と表す栄養素は何?

毎日しっかりとっていると、糖尿病(2型)の発症リスクが最大47%、メタボリック症候群の発症リスクが31%減ると最近の研究で判明した、漢字で「鎂」と表す栄養素はなんでしょう。答えは「マグネシウム」。必ず食事から摂取しなくてはならない必須・主要ミネラルの一つです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)


最新の投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)