医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

血糖値が下がり、膝痛が改善したのは「オクラ水」のおかげ

血糖値が下がり、膝痛が改善したのは「オクラ水」のおかげ

糖尿病の投薬治療を受けていたものの血糖値は150〜160mg/dLと、高い状態が続きました。追い打ちをかけるように、「ひざの軟骨が壊死してはがれ落ちている」といわれたのです。私が始めたのは「オクラ水」でした。血糖値が、なんと90mg/dLに下がったのです。【体験談】越田隆憲(兵庫県・51歳・トラック運転手) 


ひざ軟骨を人工骨に換える手術を勧められた

 30代の初め、私はトラックの運転中に、急に息ができなくなりました。そして、慌てて路肩に停車したとたん、意識を失いました。

 その後、意識が回復したので自力で病院へ行くと、「血液がドロドロになっている」といわれました。そのせいで血管が詰まり、息ができなくなったそうです。

 幸い、心臓などに異常はなかったのですが、そのときの検査で、糖尿病を患っていることが発覚しました。具体的な数値は覚えていませんが、血糖値はかなり高かったと記憶しています。そこで、近所の内科で投薬治療を受けることになりました。

 それまでの私はお酒が好きで、毎日仕事が終わると、ビールを大瓶4〜5本飲んだあと、日本酒を1升近く飲んでいました。仕事が肉体労働なので、体形はがっしりしていますが、肥満というわけではありません。

 とはいえ、お酒を控えるよう指導されたので、それからはビール1〜2本程度にとどめるようにしました。それでも血糖値は150〜160mg/dLと、高い状態が続きました(基準値は110mg/dL未満)。

 さらに追い打ちをかけるように、3年半前、右ひざに激痛が走りました。

 すぐに整形外科へ行くと、「ひざの軟骨が壊死してはがれ落ちている」といわれました。どうやら、仕事で酷使し過ぎたことが原因のようです。病院では、「人工骨に置き換える手術をするしかない」といわれました。でも、人工骨にすると、今の仕事を続けるのは難しくなります。

 私は以前、腰のヘルニアを治していただいた市橋クリニックのことを思い出し、相談に行きました。そして、入院し、リハビリを中心とした治療を受けることになったのです。

 院長の市橋研一先生のおかげで、右ひざは手術せずに歩けるまでに回復しました。しかし、その後、左ひざも悪化し、けっきょく、入院生活は合計1年半にも及びました。

血糖値が少しずつ下がった!

 入院中、市橋先生に強く勧められたものがあります。それが、「オクラ水」です。血糖値が高いと話したときに、「飲んでみて」といわれたのが始まりでした。

 実は、私はオクラが苦手です。オクラ水も、最初はドロッとした食感と、ほのかな青臭さが嫌で、我慢して飲むこともあれば、飲まないことも多くありました。

 そんな私が、まじめに飲むようになったのは、約1年前からです。

 投薬治療を続けても相変わらず血糖値は下がらず、しだいにのどが渇いて水をガブ飲みするようになりました。私は、だんだん不安になり、あらためてオクラ水を本気でやってみることにしたのです。

 私のオクラ水の作り方は、オクラ4〜5本を真ん中で二つに折り、切り口を下にして、200〜250mL程度の水に漬けるだけです。私は夜漬けておき、次の日の夜、寝る前に飲んでいます。冷たいほうが飲みやすいので、冬でも冷蔵庫に入れています。

 不思議なことに、続けていると味にも慣れてきて、徐々に「おいしい」とまで思えるようになりました。
 すると、4ヵ月くらい経ったころから、血糖値が少しずつ下がってきました。

走れるようになって仕事にも復帰できた


 特に大きな変化があったのは、2017年11月です。前回140mg/dLだった血糖値が、なんと90mg/dLに下がっていたのです。
 実は、この検査の半月前に、市橋先生のご指導のもと、薬を飲む回数を1日3回から2回に減らしました。それでも血糖値が下がっていたので、ほんとうに驚きました。

 オクラ水の効果かどうかは、今でも半信半疑です。でも、変えたことといえば、これだけです。このまま続ければ、いずれは薬がやめられるかもしれないと、期待が膨らんでいます。

 退院時、完治まであと少しといわれていたひざのほうは、2017年10月の検査で、軟骨が再生していることがわかりました。今では、ひざの痛みはほぼ消えて、走れるまでに回復しています。

 私は、2016年11月に仕事復帰も果たしています。復帰当初は、仕事が終わるとクタクタに疲れて、起床時も体がだるかったものです。ところが、まじめにオクラ水を飲むようになってからは、疲れが取れやすくなり、目覚めもよくなりました。

 オクラ水を勧めてくれた市橋先生は、私にとって最高の恩人です。

疲れを残さず仕事に臨める!

血流が改善すれば軟骨の再生率は上がる(市橋クリニック院長 市橋研一)

 一般的に、「軟骨は再生しない」と考えられてきましたが、私のクリニックでは、いくつかの治療法を組み合わせることで、軟骨の再生に成功しました。その症例は、50例近くにのぼっています。越田さんは、その貴重な症例の一人です。軟骨再生に必要な条件の一つは、血流をよくすること。その切り札となっているのが、オクラ水なのです。

 越田さんは、糖尿病も発症していたので、オクラ水に真剣に取り組むよう指導したところ、血糖値がみごとに下がりました。2型糖尿病は、生活習慣に原因がある場合が大半です。オクラ水などで食生活をうまく変えれば、減薬は可能です。

「オクラ水」の詳しい解説はこちら

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。おなか周りもすっきりしてきました。体重を量ってみると、飲む前は57kgだったのが、3ヵ月で2kg減り、55kgになっていました。【体験談】佐々木裕子(主婦・56歳)


運動不足や食事が原因?頻繁に起こるめまいが「オクラ水」で改善した!

運動不足や食事が原因?頻繁に起こるめまいが「オクラ水」で改善した!

オクラ水を飲み始めて、1ヵ月ぐらい経ったころでしょうか。「あれ? 最近めまいが起こる頻度が減ってきたな」と気づきました。3ヵ月経った頃には、ほとんどといっていいほど、めまいが起こらなくなったのです。そういえば、以前より眠気を感じることがなくなり、ゴロゴロしている時間も減りました。【体験談】飯田大樹(大学院生・23歳)


トイレが遠い・残尿感が「オクラ水」で解決!尿量が増えてむくみも取れた

トイレが遠い・残尿感が「オクラ水」で解決!尿量が増えてむくみも取れた

私の場合、腎臓が一つしか働いていないため、排尿の回数が1日3~4回しかありませんでした。ところが、オクラ水を飲み始めてからは、排尿回数が倍増しているのです。さらに、1回に出る尿の量も増えています。おかげで、トイレから出たあとは残尿感もなく、スッキリ爽快です。【体験談】田中美千子(健康管理士一般指導員・61歳)


予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)


「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

私の下肢静脈瘤は、かれこれ10年来の悩みです。両足に、ポコッとしたコブのような物がいくつもありました。その巨大なコブが、どんどん小さくなっていき、魔法のように消えたのです。指で触ると、「ここにあった」という感覚だけは残りましたが、外から見ると、ほとんどわかりません。【体験談】新川千恵子(主婦・75歳)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)