医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

めまい・立ちくらみが改善 原因不明のひざ裏の違和感も消失した「オクラ水」

めまい・立ちくらみが改善 原因不明のひざ裏の違和感も消失した「オクラ水」

私は、原因不明の立ちくらみによる、瞬間的なめまいに悩まされていました。私は理学療法士なので、患者さんのリハビリの最中にふらつくと困ります。そのうち、立ち上がるのが怖くなってしまったのです。そんな中、知人に勧められたのが「オクラ水」です。【体験談】松田美衣(大阪府・44歳・理学療法士) 


毎回立ちくらみが起こり立つのが怖い!

 初めて「オクラ水」を飲んだのは、今から約3年前です。

 当時、私は、原因不明の立ちくらみによる、瞬間的なめまいに悩まされていました。毎回、床やイスから立ち上がると、必ずといっていいほど立ちくらみが起こります。

 私は理学療法士なので、患者さんのリハビリの最中にふらつくと困ります。そのたびに、治まるまで患者さんに待ってもらわないといけないからです。じっとしていればすぐに治まりますが、そのうち、立ち上がるのが怖くなってしまいました。

 実は、立ちくらみが起こるようになった半年ほど前には、なぜか急に食欲がなくなり、数ヵ月で体重が10kg以上も減りました。体重が減った以外、特に不調はなかったので、病院には行っていません。もともと肥満ぎみだったこともあり、やせてちょうどいいと思ったのです。急にやせて体重が減ったことが、立ちくらみと関係していたのかもしれません。

 いずれにせよ、血圧も正常で、健康診断でも異常はなく、はっきりとした原因はわからないまま、私の立ちくらみは1年くらい続きました。

 そのことを知人に話したとき、勧められたのがオクラ水です。もともと、オクラ自体は好きでしたが、オクラ水と聞いたときは、正直「飲みにくそう」と思いました。でも、オクラは野菜なので、薬のような副作用はないはずです。

 実際に作って飲んでみると、オクラによって味やにおいは違うものの、さほど飲みにくくはありませんでした。

 私は、コップ1杯の水に対して、オクラ1本でオクラ水を作っています。オクラのヘタの部分を手でもぎるようにして取り、切り口を下にしてコップの水に漬けておきます。冷蔵庫には入れません。夜、寝る前に漬けて、朝起きたらすぐに飲むようにしました。漬けている時間は、7〜8時間くらいです。

腰痛や高血圧に悩む患者さんにも勧めている

 体調の変化に気づいたのは、1ヵ月経ったころです。それまで立ち上がるたびにフラッと倒れそうになっていたのが、なくなりました。そして、いつの間にか立ち上がるのが怖くなくなり、仕事中も、自然に動けるようになったのです。

 また、ひざの裏の突っ張りも解消しました。

 ひざの裏の突っ張りは、5〜6年前からときどき起こっていました。痛みはないものの、詰まったような、突っ張っているような、なんともいえない妙な違和感が生じるのです。病院で検査を受けましたが、原因はわからずじまいでした。

 ところが、オクラ水を数日飲むと、うそのように治まったのです。オクラ水をやめて2〜3週間すると、また違和感が出てきます。そこで、またオクラ水を飲み続けた結果、約1年後には、突っ張りが完全に消えたのです。

 ちなみに、オクラ水を飲み始めたころから食欲も出てきて、10kg以上減っていた体重は、元に戻りました。
 体重が戻ったこととオクラ水の関係はわかりません。ただ、私としては、立ちくらみとひざ裏の違和感がなくなったことは、オクラ水のおかげではないかと感じています。

 ここ1年ほどはオクラ水を飲んでいませんが、どちらの症状も起こっていません。再発したらまた飲もうと考えています。

 私は、自身の経験から、オクラ水は試してみる価値のある健康法だと感じています。腰痛や高血圧などに悩む患者さんにも勧めています。

仕事でも自然に動ける!

「オクラ水」の作り方はこちら

全身の血流が促されめまい改善につながった(日本薬科大学学長 丁宗鐵)

 蓄積した疲労とストレスは、胃腸を弱らせて、めまいや立ちくらみの元凶になります。
 オクラに含まれる水溶性食物繊維は、胃腸の粘膜を助ける働きがあり、食欲増進に役立ちます。また、腸内環境が整うことで、全身の血流も巡ります。その結果、疲労やストレスにも負けない体に変わり、立ちくらみによるめまいが改善したのでしょう。そして、ひざ裏の違和感も、やはり全身の血流が促されたことにより解消したと考えられます。

「オクラ水」の作り方はこちら

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

5~6年前から、ときどき軽いめまいが起こるようになりました。3月のある日、それまでにない強いめまいが起こりました。「これはちょっと違う」と血圧計を引っ張り出して測ってみたところ、最大血圧が165mmHg、最小血圧も105mmHgもあったのです。【体験談】佐川佳那子(仮名・主婦・62歳)


朝いちばんの1杯のオクラ水 続けてみたら頸動脈プラークが消えた!

朝いちばんの1杯のオクラ水 続けてみたら頸動脈プラークが消えた!

頸動脈のエコー検査では、頸動脈プラークが見つかりました。これは、いってみれば「血管にゴミがたまった状態」であるとのこと。最悪の場合、脳梗塞の引き金になることがあるそうです。オクラ水を続けたところ、期待以上の効果が続々と現れました。【体験談】大西和己(無職・81歳)


頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭のてっぺんに指を当て、同じように動かしてください。おでこと同じように動きますか。もし、おでこの皮膚より、頭のてっぺんの皮膚が動かなかったら、頭皮が緊張しています。頭皮がカチカチに緊張していれば、頭痛や頭重感といった、不快感に見舞われやすくなります。【解説】内野勝行(金町脳神経内科・耳鼻咽喉科院長)


【体験談】「オクラ水」でひざ軟骨が再生し痛みと腫れが大改善!

【体験談】「オクラ水」でひざ軟骨が再生し痛みと腫れが大改善!

オクラ水を毎日飲み続けたところ、半年後の検査で、血管の状態が劇的によくなっていることがわかりました。半年後には、半月板損傷による右ひざの痛みと腫れが、すこぶる軽くなっていったのです。また、すり減っていた軟骨が再生していることもわかりました。【体験談】瀧内和美(菜食整腸健康法教官・68歳)


簡単な動きでゴースト血管を防ぐ「血液循環体操」のやり方

簡単な動きでゴースト血管を防ぐ「血液循環体操」のやり方

体を動かさずにいると、どんどん血流は悪くなって筋肉はかたくなり、最終的には毛細血管の数が減少してしまいます。これが、昨今、問題になっている「ゴースト血管」です。血液循環体操は、そうしたゴースト血管を防ぎ、修復すると考えられます。【解説】二村ヤソ子(フタムラ式血液循環体操研究所主宰・理学博士)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)