【体験談】オクラ水のおかげで"ふくらはぎの血栓"が原因の足の痛みやしびれが軽減

【体験談】オクラ水のおかげで"ふくらはぎの血栓"が原因の足の痛みやしびれが軽減

ときどき、左足に軽いしびれを感じるようになりました。お尻から足のつけ根、太ももの裏側にかけてつるような感覚で、ときどき軽い痛みもありました。血流の状態を調べる検査をしたところ、ふくらはぎに血栓(血の塊)があることがわかりました。血流をよくするためにオクラ水を始めたのです。【体験談】後藤美貴(仮名・兵庫県・38歳会社員)


冬は常温にして飲み、漬けたオクラは冷凍保存

 ここ1〜2年、ときどき、左足に軽いしびれを感じるようになりました。

 それがさらに気になりだしたのは、半年ほど前からです。お尻から足のつけ根、太ももの裏側にかけてつるような感覚で、ときどき軽い痛みもありました。

 特に症状がひどくなるのは、朝起きたときや車を長時間運転したときなど、同じ体勢を長く続けたあとです。生活に困るほどつらいというわけではないものの、違和感を覚える頻度が多くなると、やはり不快でしかたがありませんでした。

 3年前から漢方薬を処方していただいている市橋クリニック院長・市橋研一先生に、しびれのことを相談すると、血流の状態を調べる検査をしてくれました。
 すると、ふくらはぎに血栓(血の塊)があることがわかりました。とはいえ、血栓自体はだいぶ前にできたもので、それが動いて脳や心臓へ流れ着く心配などはなく、特に問題はないそうです。むくみや冷えといった自覚症状も、特にありませんでした。

 そこで、先生は、「血流をよくするために、オクラ水をやってみてはどうか」と勧めてくれました。
 私は、薬を飲むのがあまり好きではありません。オクラなら薬ではなく、食べ物なので安心です。「それで足のしびれがよくなるのなら」という思いで、やってみることにしたのです。

 オクラ水は、オクラを一晩水に漬けておき、その水を飲むという健康法です。作り方は、オクラを洗ってヘタの部分を切り、切り口を下にしてコップ1杯の水に漬けて、冷蔵庫に入れておくだけ。

 私は、コップ1杯の水に対し、オクラを3本使っています。これを、毎朝飲むようにしました。
 少しドロッとした食感ですが、味に強いクセはなく、すんなり飲めました。教えられたとおり、オクラ水は冷蔵庫に入れて作っていますが、冬は、常温にしてから飲んでいます。

 オクラ水に使ったオクラは冷凍しておいて、みそ汁に入れたり、和え物や肉巻きにしたりするなど、料理に活用して食べています。

しびれの改善ぐあいは半年前と比べて歴然!

すぐにしびれが治まる!

 効果を感じたのは、1〜2ヵ月経ったころです。

 お尻から足にかけての違和感が、気にならなくなったのです。完全に治ったわけではありませんが、明らかに以前と比べて軽減しています。少し違和感を覚えても、短時間でいつの間にか治まりますし、しびれもほとんどありません。

 今でもときどき違和感を覚えることはありますが、しびれの頻度や度合いの改善ぐあいは、半年前と比べて歴然で、いい状態を保っています。

 最近では、無理なく続けられるよう、オクラを1袋使い切ったら2日ほど休むというように、飲まない日を設けています。それでも悪化しないのは、ありがたい限りです。

 その後、血栓がどうなっているのかは、調べていないのでわかりません。でも、しびれの症状自体が軽減しているので、やはり、オクラ水の効果が関係しているのでしょう。

 食べ物による効果は、薬と違い、じわじわと現れてくるものだと思います。続けていけば、この先、体にいい影響がほかにも現れてくるかもしれません。そう期待しつつ、これからもオクラ水を飲み続けてみようと思っています。

血管の微小循環が改善し足のしびれが取れた(市橋クリニック院長 市橋研一)

 血管か皮膚か神経か、後藤さんのしびれの原因は、検査をしても、はっきりとはわかりませんでした。しかし、オクラ水でしびれが改善したということは、やはり、毛細血管などの微小循環に問題があり、それがよくなった可能性が大きいと考えられます。

 私たちの体には、血液を凝固させたり溶かしたりする働きが備わっており、血栓もできたり消えたりをくり返しています。引き続きオクラ水を飲み、悪化させないよう心がけましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

テレビ番組の企画で、脳のMRI検査を受けたところ、「隠れ脳梗塞」が見つかったのです。隠れ脳梗塞とは、まだ症状はないけれど、画像検査で見つかる小さな脳梗塞のことだそうです。脳梗塞対策に、干し納豆をしっかり食べようと思った私は、通販で取り寄せて、ほぼ毎日食べるようにしたのです。【体験談】さとう珠緒(タレント)


夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)


下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


研究で判明!O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果

研究で判明!O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果

O‒157が猛威をふるっていた頃、私は大学の研究室で納豆菌とO‒157を戦わせてみました。納豆菌は圧倒的な増殖力の強さと速さで、O‒157を淘汰し、シャーレの中は納豆菌のみになってしまったのです。これには私も驚きました。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)