【ニンニクスープの効果】ひざ痛、腰痛、老眼も改善する若返りスープ

【ニンニクスープの効果】ひざ痛、腰痛、老眼も改善する若返りスープ

ニンニクスープはアレルギー症状に対する効果だけにとどまりません。その効能には、「ひざ痛や腰痛、肩こり、冷え症などが改善した」「耳鳴り、夜間頻尿が軽減した」などの声が寄せられているのです。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


肌がツルツルになり深いシワが取れた!

別記事では、ニンニクスープのアレルギー症状に対する効果についてお話ししましたが、効能はそれだけにとどまりません。
「ひざ痛や腰痛、肩こり、冷え症などが改善した」「耳鳴り、夜間頻尿が軽減した」などの声が寄せられているのです。

ここでは、ニンニクスープを飲んだことで、症状が軽快したかたがたのお話をご紹介しましょう。

Tさん(55歳・男性)は、15年前にウイルス性の慢性肝炎にかかりました。
そのときの肝機能値はAST(GOT)が110、ALT(GPT)が90で、基準値をはるかに上回っていました(基準値はいずれも30以下)。

病院から処方された薬の副作用で体調が悪化したため、薬をやめ、ニンニクを2片焼いて、毎日食べるようにしました。
すると、なんと3日後に肝機能値が降下し始めたというのです。

以来、みそ汁やスープなどにニンニクのすりおろしを入れた、ニンニクスープを飲むのを習慣化したTさん。
おかげで、肝機能値はずっと基準値で安定しているそうです。

Nさん(63歳・女性)は、右ひざが絶えず痛み、寒くなると悪化していました。
変形性膝関節症と診断され、薬を飲み、電気治療や指圧も受けましたが、効果がありませんでした。

雑誌で知ったニンニクスープを飲み始めところ、2〜3日後から肌がツヤツヤになり、化粧のりがアップ。
そして、3週間後くらいからひざ痛が薄らぎ、気づいたら痛みがなくなっていたそうです。

元鍼灸師のUさん(65歳・女性)は、元来の虚弱体質に更年期障害が重なり、虚脱感や倦怠感に悩まさていました。
ニンニクのすりおろしを、朝食のスープやみそ汁に入れて飲むようにしたところ、胃腸の調子がよくなって食欲が回復。

肌に血色が戻ってツルツルになり、深いシワが取れたといいます。
体に力がよみがえり、別人のように元気になりました。

同様にニンニクスープを飲んでいたUさんのご主人は、夜中に4回もトイレに起きていた夜間頻尿が、すっかり改善したそうです。

Kさん(67歳・女性)は高血圧に悩んでおり、高いときには200mmHgを超えていました(基準値は140mmHg未満)。
降圧剤を飲んでも、160mmHgまでしか下がりません。

ニンニク入りのスープやみそ汁を飲み続けたところ、1〜2ヵ月で血圧が下がり、130mmHg台で安定。
低下していた視力も回復し、「針に糸を通せるようになった」と喜んでいます。

飛蚊症が消えた!老眼の進行がストップ

Yさん(63歳・男性)は、ひどい耳鳴りに悩んでいました。
左右の耳の奥で、高い金属音がキーンと鳴り響き、人との会話がうまくいかず、電話の声は全く聴き取れなくなりました。

あるとき、『壮快』でニンニクを入れたみそ汁のことを知り、昼と夜に毎日食べるようにしました。
すると、始めて1週間後から耳鳴りが軽減。その後も続けると、耳鳴りが完全に消失し、白内障による飛蚊症もなくなったというのです。

Sさん(74歳・男性)は、ニンニクを入れたみそ汁を食べ始めてから、目の疲れを感じなくなり、老眼の進行がストップ。
高かった血圧も、ほぼ基準値で安定しました。持病の腰痛も改善し、痛みや張り、だるさなどを感じなくなったそうです。

Fさん(64歳・女性)は、みそ汁にニンニクを入れて食べるようにしたところ、すぐに便秘が解消して1日2回の快便に一変。
4kgの減量にも成功したそうです。

このように、ニンニク入りのスープは、多岐にわたる健康効果を得られます。
気になる「におい」も、スープやみそ汁などに入れることで和らぐので安心です。

また、スープなど、温かい汁物に加えることで、体の冷えを取る効果も得られ、免疫アップや代謝の向上に役立っていると考えられます。
体にいいだけでなく、ニンニクを加えることで、スープやみそ汁にコクが出ておいしくなります。

ぜひ、毎日の食習慣に取り入れてみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

朝食をトマト1個にして2カ月後、最大血圧が125mmHg程度と正常範囲内で落ち着くようになりました。降圧剤を飲んでいても下がらなかった血圧が、トマトを毎朝食べているだけでこんなにあっさりと下がるのかと、びっくりしました。【体験談】仁科敏子(仮名・無職・83歳)


【体験談】半月板損傷によるひざ痛が改善!足の爪もみで階段もスイスイ上れる!

【体験談】半月板損傷によるひざ痛が改善!足の爪もみで階段もスイスイ上れる!

私は5~6年ほど前に、急に右ひざが痛むようになりました。そこで2年ほど前から、毎日、お風呂に入ったときに、湯船で10~15分くらい足の爪をもんでみたのです。半年ほどした頃、イスに腰かけたときも、右ひざが曲げられるようになり、左右の足をそろえて座ることができます。階段も平気です。【体験談】加藤静子(主婦・72歳)


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)