MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
食養生で血圧を下げる!「シイタケ大根スープ」の作り方

食養生で血圧を下げる!「シイタケ大根スープ」の作り方

シイタケは、脂肪分解パワーが強力です。エリタデニンという成分が血液中のコレステロールを分解することで、血流をよくして、血圧を下げてくれるのです。その降圧効果は、シイタケの戻し汁を使ったラットの実験でも確認されています。【解説】森美智代(森鍼灸院院長)

解説者のプロフィール

森美智代
森鍼灸院院長

短期間で非常によく効果が現れるスープ

私の鍼灸院では、鍼治療のほかに、患者さん自身にやっていただく養生法も指導しています。
特に、現代は食べすぎが原因で病気になっている人が少なくありません。

そのような人たちには、少食にすることや、古くから伝わる、食養生のやり方などをお伝えしています。
このような治療法の根底にあるのは、私自身の体験です。

私は21歳のとき、「脊髄小脳変性症」と診断されました。
運動機能を支配する小脳が萎縮していく難病です。

確立した治療法がなく、私は余命5〜10年といわれました。
しだいにふらつきや転倒が多くなり、日に日に歩けなくなっていきました。

ところが、断食および少食療法の先駆的な指導者であった故・甲田光雄医師のもとで、断食や生菜食をはじめとする養生法をくり返すうちに、私の症状は徐々に回復していったのです。

そして、体調に合わせて食事量を調整した結果、ついに私は1日に青汁1杯(150㎖)の生活をするようになりました。
こうした食生活を20年以上続けていますが、体調はとてもよく、病気の面影は全くありません。

人それぞれ自分に合った養生法を行うことが大事

体は軽くて動きやすく、どんどん健康な本来の自分になっていくようです。
睡眠は3〜4時間でじゅうぶん。疲れにくく、精神面でも不安や恐れ、怒りがなくなりました。

もちろん1日に青汁1杯というのは、私の体にはそれがちょうどいいということで、人それぞれ自分に合った養生法を行う必要があります。
ただ、食べすぎている人が多い現代、食養生が、さまざまな症状の改善に役立つと、日々の治療でも実感しています。

今回は、私が患者さんに指導している食養生の一つ、高血圧・高コレステロール血症に効く「シイタケ大根スープ」を紹介しましょう。
シイタケ大根スープは短期間で非常によく効果が現れるので、少食や生菜食が実践しにくい人にもお勧めです。

シイタケ大根スープの作り方

作り方は、輪切りにした大根と干しシイタケを、分量の水が半量になるまで煮つめて、しょうゆで味つけするだけです(左の写真参照)。
出来上がったスープは、1日500㎖を目安に、何回かに分けて少しずつ飲みます。

毎日血圧を測定し、基準値内に下がったらスープをやめます(基準値は、最大血圧が140㎜Hg未満、最小血圧が90㎜Hg未満)。
個人差はありますが、だいたい3〜7日ぐらいで効果が現れます。

特に降圧剤を飲んでいる人は、血圧の下がりすぎに注意してください。
シイタケ大根スープをやめて再び血圧が上がってきたら、また3〜7日間スープを飲みます。

これを2〜3ヵ月おきに、くり返すとよいでしょう。

シイタケ大根スープは、安全かつ根本的な治療法

シイタケは、脂肪分解パワーが強力です。
エリタデニンという成分が血液中のコレステロールを分解することで、血流をよくして、血圧を下げてくれるのです。

その降圧効果は、シイタケの戻し汁を使ったラットの実験でも確認されています。
一方、大根には、消化を助け、排尿を促し、過剰なたんぱく質を分解する作用があります。

そのほか、皮の部分に多く含まれるビタミンPが毛細血管を強化して、高血圧の改善に役立ちます。
そもそも血圧が高くなるのは、血管に脂肪がたまって内壁が狭くなり、強い圧をかけなければ脳細胞の隅々まで血液が届かなくなるからです。

にもかかわらず、薬で無理やり血圧を下げると、今度は脳に血液が行き渡らなくなる危険があります。
シイタケ大根スープは、血管をキレイにすることで血圧を自然に下げるので、安全かつ根本的な治療法といえます。

血圧が下がり頭痛やふらつきも解消した

脳卒中で半身マヒになった60代の女性は、降圧剤を飲んでも点滴を受けても最大血圧が200㎜Hgぐらいあり、頭痛やふらつきを訴えて私のところへ来られました。

そこでシイタケ大根スープを勧めたら、3日で120㎜Hgまで下がり、頭痛やふらつきもなくなりました。
シイタケ大根スープを飲んでいる間は、動物性の食品は控えてください。

肉や魚、煮干しでとったダシ、卵やバターを使ったお菓子類などです。
動物性の食品をとると、シイタケ大根スープの効きが悪くなるといわれています。

この間は、ご飯と、野菜や豆類中心のおかずを食べるようにしましょう。
なお、シイタケ大根スープにはたんぱく質を分解する働きがあるので、たんぱく質が必要な妊娠初期や、心臓の悪い人は、飲むのを控えてください。

高血圧で心臓にもトラブルがある人は、コップ1杯のお湯に干しシイタケ1個を入れ、1晩漬けておいたもので代用します。
これは毎日飲んでもかまいません。動物性の食品といっしょにとっても大丈夫です。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「洋食は高カロリーで体に悪い」と思う人もいるかもしれませんが天皇家の洋食の食材は日本で取れる旬のものばかり。その土地に住む人の体質に合ったものです。洋食も日本人に合った洋食が作れるのです。日本の旬の物をいただき、食材を無駄にしない天皇家のレシピを皆さんの健康に役立ててください。【解説】工藤極(元宮内庁大膳課厨房第二係)
更新: 2019-05-07 18:00:00
私が考案した10種類以上のフルーツ酢の中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2019-04-11 10:18:08
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-04-05 10:22:22
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-02-19 18:00:00
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-02-17 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt