【免疫アップ】ガンを予防するファイトケミカルたっぷりの「ハーバード式野菜スープ」の作り方

【免疫アップ】ガンを予防するファイトケミカルたっぷりの「ハーバード式野菜スープ」の作り方

白血球は、体内で免疫の中心として働いています。白血球の数や活性が低下すれば、免疫が正常に機能せず、ガン細胞が増殖し、抗ガン剤治療を続けることが難しくなってしまいます。その点、この野菜スープを飲めば、白血球がふえて免疫力が高まり、ガンに対する抵抗力を向上させることができるのです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長)


活性酸素を消して発ガン物質を無毒化!

私は15年にわたって、ハーバード大学でガンについて研究をしていました。
そのなかで、「どんな食事をすればガンを予防できるか」というテーマで研究を重ね、ガンの予防効果がある成分に出会いました。

それが「ファイトケミカル」です。
ファイトケミカルとは、植物が身を守るために、自ら作り出す天然の成分です。
キャベツ、タマネギ、ニンジン、カボチャなどの、身近な野菜に含まれています。

その大きな特長は、加熱しても有効成分が残る点です。
ファイトケミカルの多くは、植物の細胞や細胞膜の中に隠されています。

そして、それらは、かたいセルロース(繊維質)でできた細胞壁に囲まれています。
細胞壁は、包丁で刻んだり、ミキサーで粉砕したりした程度では、破壊できません。

細胞壁を壊す最も簡単な方法は、加熱することです。
そのため、野菜はスープにすることで、生で食べるよりも、ファイトケミカルを効率よく摂取できます。

そこで、私が勧めているのが、「ハーバード式野菜スープ」です。
私はこのスープを、治療の重要な柱にしています。

スープを治療に併用することで、薬だけでは望めない、めざましい効果が得られるからです。
ファイトケミカルの有効成分だけではなく、食物繊維もスープに多く溶け出ているので、このスープを飲むと、まず便通が大変よくなります。

そして、疲れにくくなり、カゼもひかなくなります。
そのほか、糖尿病とコレステロールの薬をやめられた人、血圧が下がった人、尿酸値や肝機能値が正常化した人、更年期障害が改善した人、メタボが改善した人など、野菜スープを飲んだことで健康を取り戻した例は、数えきれません。

では、こうした効果が出るのは、ファイトケミカルにどんな効能があるからなのでしょうか。 主な点は、次の三つです。

❶ 抗酸化作用
体内で発生する活性酸素は、遺伝子を傷つけてガンを発症させたり、脂質を酸化して動脈硬化を促進させたりする、多くの病気や老化の原因となる物質です。
ファイトケミカルは、この活性酸素を消去してその害を防ぎます。

❷ 抗ガン作用
ファイトケミカルは、発ガンの原因になる遺伝子の突然変異を抑制します。
そして、発ガン物質を無毒化する肝臓の機能を高めたり、ガン細胞のアポトーシス(自殺死)を促したりして、ガンを予防します。

❸ 免疫の増強・調整作用
ファイトケミカルには、免疫細胞の数をふやしたり、働きを活性化させたりする作用があります。
そして、体内に侵入した病原菌やガン細胞らと戦う力を強化してくれます。
また、暴走しすぎた免疫を抑制し、調整する働きもしてくれるのです。

患者さん全員の白血球の数が増加!

免疫の増強作用に関しては、白血球の数を調べた臨床試験で明らかになっています。
私は、当院に通われている患者さん6名に、野菜スープを1日3回、200mLずつ飲んでもらいました。

そして、スープを飲み始める前と、飲み始めてから2週間後の、白血球の数を調べたのです。
6名の患者さんは、もともと抗ガン剤の副作用などで、白血球の数が減少していました。

それが2週間後には、全員の白血球がふえており、その増加率はなんと、平均で43%にも上っていたのです。
白血球は、体内で免疫の中心として働いています。

白血球の数や活性が低下すれば、免疫が正常に機能せず、ガン細胞が増殖し、抗ガン剤治療を続けることが難しくなってしまいます。
その点、この野菜スープを飲めば、白血球がふえて免疫力が高まり、ガンに対する抵抗力を向上させることができるのです。

その野菜スープの作り方ですが、とても簡単です。
材料は、キャベツ、タマネギ、ニンジン、カボチャ、そして水だけです。

野菜はそれぞれ100gずつ用意し、よく洗い、一口大に切ります。ニンジンとカボチャは、皮ごと切りましょう。
鍋に刻んだ野菜と水1Lを入れて、ふたをして強火にかけます。

そして、沸騰したら弱火にし、ふたをしたまま20分ほど煮れば完成です。
味つけは、基本的にしません。
野菜のうまみや甘さがにじみ出ているシンプルな味なので、飽きがこず、長続きします。

野菜スープは、毎日飲んでください。何杯飲んでもけっこうです。
そして飲むのは、食前や食間など、空腹時がお勧めです。

特に、朝食前に飲むと、ファイトケミカルが体内に吸収されやすくなります。
また、血糖値が気になるかたは、食事の最初に飲むと、食後の急激な血糖値の上昇をおさえることができます。

ファイトケミカルは、煮汁に8〜9割溶け出ているので、残さず飲むようにしてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

朝食をトマト1個にして2カ月後、最大血圧が125mmHg程度と正常範囲内で落ち着くようになりました。降圧剤を飲んでいても下がらなかった血圧が、トマトを毎朝食べているだけでこんなにあっさりと下がるのかと、びっくりしました。【体験談】仁科敏子(仮名・無職・83歳)


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)