全身ポカポカで、神経痛などの痛みが改善する「しり巻き」

全身ポカポカで、神経痛などの痛みが改善する「しり巻き」

現代人の多くは、仕事や人間関係で大きなストレスを感じながら、日々生活しています。慢性的なストレスは、私たちの自律神経のバランスをくずし、重度の冷えを招きかねません。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


就寝時につければぐっすり眠れる!

現代人の多くは、仕事や人間関係で大きなストレスを感じながら、日々生活しています。
慢性的なストレスは、私たちの自律神経のバランスをくずし、重度の冷えを招きかねません。

このようなストレスによる冷え(ストレス冷えについてはこちらの記事参照)は、日常的におしりをよく温めることで防ぎ、改善することができます。
そして、その方法として勧めているのが「しり巻き」です。

しり巻きといっても、特別なものはいりません。
使用するのは、市販されている腹巻きです。

これを、おなかから股関節にかけて、おしり全体を覆うようにしてつけます。
腹巻きは、通常よりも丈たけが長いものを選んでください。

衣料品店やスーパー、インターネットなどで、「ロング腹巻き」といった名称で販売されているので、ご存じのかたも多いでしょう。
最低でも、長さが35cm以上のものを選んでください。

素材は、どんなものでもかまいません。
ご自身が実際に身につけてみて、気持ちがいいと感じるものがいいでしょう。

素肌に直接ではなく、肌着の上から、あるいはズボンの上から身につけてください。
伸縮性のある薄手のものがお勧めです。

しり巻きは、できれば1日じゅう身につけるといいでしょう。
特に、腰痛などの慢性痛でお悩みの場合、季節を問わず、仕事や家事の最中も身につけることをお勧めします。

冬はもちろんのこと、夏場でも冷房によって、屋内では体が冷えやすくなります。
特にオフィスの場合、スーツ姿の男性に合わせて室温が設定されているので、薄着の女性などは冷えやすく、要注意です。

しり巻きは、スカートの下につければ目立たないので、ぜひ仕事中も身につけるようにしましょう。
また、手足が冷えてよく眠れない人は、就寝時も身につけると安眠できるはずです。

実際に私は、20年以上も毎日、四六時じゅうしり巻きをつけています。
診察中ももちろんつけているので、いつでも全身ポカポカです。

腰痛やしびれが改善し表情も明るくなった

しり巻きをつけると、静脈の通り道であるおしりと同時に、太もものつけ根まで効率よく温められます。
太もものつけ根は、太い動脈である大腿動脈が、体表近くを走っている部位です。

動脈とは、心臓から送り出された血液を、全身へ行き渡らせる大きな血管のこと。
よって、動脈が冷えると、冷えた血液が全身を巡り、体温の低下を招くのです。

しり巻きをつければ、動脈と静脈を同時に温められ、そのダブル効果によって、効率的にストレス冷えを解消し、痛みを取り除くことができます。

では、実際に、しり巻きによって症状が改善した例をご紹介しましょう。


58歳の女性Aさんです。
2年前から通院されているAさんは、腰よう椎ついヘルニアによる座骨神経痛に悩まされていました。
強い痛みに加えて、しびれもありました。

Aさんは毎日とても忙しく、仕事をしながら親の介護もしていたところ、ある日、ご自身が脳梗塞で倒れてしまったのです。
幸い、後遺症は免れたものの、複数の病気にかかったストレスと過労からか、大きな不安感に襲われて、夜も眠れなくなったといいます。

そのとき、すでに複数の薬を服用していたので、薬を飲むこと自体がストレスになっていました。
そこで、勧めたのが、しり巻きです。

しり巻きを始めてから1週間後、再び来院した彼女は、腰痛やしびれが起こる頻度がへってきたと大変喜び、表情も明るくなっていました。

Aさんの場合、病気や介護、仕事による過度なストレスによって、いつも交感神経が過剰に緊張していたのでしょう。
血流が悪化して、体がとても冷えていたはずです。

このため、痛みを鋭敏に感じやすくなる悪循環に陥っていました。
そして、しり巻きでストレス冷えを解消したことによって、この悪循環を断ち切ることができました。
今でも月に1回通院されますが、腰痛はほとんど感じないまでに回復しています。


78歳の男性Bさんは、脊柱管狭窄症による慢性的な腰痛としびれに悩まされていました。
もともと高血圧症を合併しており、動脈硬化で血流も悪化していました。

そこで、しり巻きをするよう勧めました。
それから毎日、しり巻きを続けたおかげで、痛みとしびれは徐々に改善。
全く症状がなくなったわけではないものの、ご本人は8割方改善した、とおっしゃっていました。


このように、しり巻きが重度の症状を改善させる一助になった例は、いくつもあります。
皆さんも、今日からしり巻きを始めて、痛みのない生活を取り戻しましょう。

しり巻きのやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


五十肩を「意外な場所」を押して改善!肩がスッと上がる不思議に効果を確信

五十肩を「意外な場所」を押して改善!肩がスッと上がる不思議に効果を確信

私の腰痛は、肩こりも原因の一つなのだとか。最近は特に肩のこりを感じていなかったので、この指摘は少し奇妙に感じました。しかし、実際に手首押しを始めて1週間ほどで、腰はかなりらくになりました。1ヵ月たった今、完全に痛みが消えたとまではいきませんが、腰の調子はかなりよいです。【体験談】有田孝一(仮名・無職・77歳)


【耳鳴り・めまいが面白いほど改善】「ある1点」を押しながら首を回すだけ!

【耳鳴り・めまいが面白いほど改善】「ある1点」を押しながら首を回すだけ!

めまいや耳鳴りを起こす人は首が硬くこわばっています。ところが、月状骨を押しながら首を動かすと、面白いようにこわばりが取れて、動かしやすくなるのです。すると、めまいや耳鳴りが大幅に改善します。同じ方法で、ストレートネックも改善できます。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


耳の穴もみが腰痛に効果! ツボ押しグッズを使って刺激するといい感じ

耳の穴もみが腰痛に効果! ツボ押しグッズを使って刺激するといい感じ

テレビを見ているときなど、暇さえあれば耳の穴を刺激したところ、腰痛はいつの間にか消えていました。朝、起き上がるときに痛みがなく、パッと起きられるようになったのです。そしてもう一つ、耳の穴もみで得られた効果があります。垂れぎみだったほおが、上がってきたのです。【体験談】彼末れい子(仮名・無職・70歳)


足指ケアで肩コリ首コリは撃退できる!足の指回しの効果を医師絶賛

足指ケアで肩コリ首コリは撃退できる!足の指回しの効果を医師絶賛

「足指のケア」で足指のつけ根の関節をほぐすと全身に好影響が及びます。まず、外反母趾をはじめとする足の不具合そのものが改善。人間の体は、足から腰、背中へと連動しているので変形性ひざ関節症や股関節痛なども改善していきます。姿勢が安定すると肩こりや腰痛の解消につながるのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


最新の投稿


【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

酢が体にいいのは知っているけれど、料理に使うとなると酢の物しか思い浮かばない……そんな人にこそ試していただきたいのが、今回の「酢野菜」のレシピです。今回は、MICHIKO先生に12品提案していただきました。【料理】MICHIKO/ミチコ(料理研究家・調味料ソムリエ・食養生士)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士) 


原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

首と耳によいという手首のポイントを押してもらいました。同時に、口の開閉を何度かしてみました。すると、それまで響いていたジリジリ音が、その場でスーッと小さくなったのです。それ以来、毎晩、寝る前に自分で、手首を押しています。【体験談】沼口芳子(パートタイマー・66歳)


ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

毎年秋になると不安定になり、薬を飲んでいても180mmHgくらいまで上がることがありました。これをすると、足から上半身に向かって、血液がグッグっと上がっていくようで、全身がポカポカして最高に気持ちいいのです。歯みがきと同じように、私の生活の一部になっています。【体験談】松原知子(仮名・主婦・79歳)


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)