【痛みの専門医も愛用】重度の座骨神経痛が消失し脊柱管狭窄症も改善する「しり巻き」

【痛みの専門医も愛用】重度の座骨神経痛が消失し脊柱管狭窄症も改善する「しり巻き」

現代人の多くは、仕事や人間関係で大きなストレスを感じながら、日々生活しています。慢性的なストレスは、私たちの自律神経のバランスをくずし、重度の冷えを招きかねません。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


就寝時につければぐっすり眠れる!

現代人の多くは、仕事や人間関係で大きなストレスを感じながら、日々生活しています。
慢性的なストレスは、私たちの自律神経のバランスをくずし、重度の冷えを招きかねません。

このようなストレスによる冷え(ストレス冷え)は、日常的におしりをよく温めることで防ぎ、改善することができます。
そして、その方法として勧めているのが「しり巻き」です。

しり巻きといっても、特別なものはいりません。
使用するのは、市販されている腹巻きです。

これを、おなかから股関節にかけて、おしり全体を覆うようにしてつけます。
腹巻きは、通常よりも丈たけが長いものを選んでください。

衣料品店やスーパー、インターネットなどで、「ロング腹巻き」といった名称で販売されているので、ご存じのかたも多いでしょう。
最低でも、長さが35cm以上のものを選んでください。

素材は、どんなものでもかまいません。
ご自身が実際に身につけてみて、気持ちがいいと感じるものがいいでしょう。

素肌に直接ではなく、肌着の上から、あるいはズボンの上から身につけてください。
伸縮性のある薄手のものがお勧めです。

しり巻きは、できれば1日じゅう身につけるといいでしょう。
特に、腰痛などの慢性痛でお悩みの場合、季節を問わず、仕事や家事の最中も身につけることをお勧めします。

冬はもちろんのこと、夏場でも冷房によって、屋内では体が冷えやすくなります。
特にオフィスの場合、スーツ姿の男性に合わせて室温が設定されているので、薄着の女性などは冷えやすく、要注意です。

しり巻きは、スカートの下につければ目立たないので、ぜひ仕事中も身につけるようにしましょう。
また、手足が冷えてよく眠れない人は、就寝時も身につけると安眠できるはずです。

実際に私は、20年以上も毎日、四六時じゅうしり巻きをつけています。
診察中ももちろんつけているので、いつでも全身ポカポカです。

腰痛やしびれが改善し表情も明るくなった

しり巻きをつけると、静脈の通り道であるおしりと同時に、太もものつけ根まで効率よく温められます。
太もものつけ根は、太い動脈である大腿動脈が、体表近くを走っている部位です。

動脈とは、心臓から送り出された血液を、全身へ行き渡らせる大きな血管のこと。
よって、動脈が冷えると、冷えた血液が全身を巡り、体温の低下を招くのです。

しり巻きをつければ、動脈と静脈を同時に温められ、そのダブル効果によって、効率的にストレス冷えを解消し、痛みを取り除くことができます。

では、実際に、しり巻きによって症状が改善した例をご紹介しましょう。


58歳の女性Aさんです。
2年前から通院されているAさんは、腰よう椎ついヘルニアによる座骨神経痛に悩まされていました。
強い痛みに加えて、しびれもありました。

Aさんは毎日とても忙しく、仕事をしながら親の介護もしていたところ、ある日、ご自身が脳梗塞で倒れてしまったのです。
幸い、後遺症は免れたものの、複数の病気にかかったストレスと過労からか、大きな不安感に襲われて、夜も眠れなくなったといいます。

そのとき、すでに複数の薬を服用していたので、薬を飲むこと自体がストレスになっていました。
そこで、勧めたのが、しり巻きです。

しり巻きを始めてから1週間後、再び来院した彼女は、腰痛やしびれが起こる頻度がへってきたと大変喜び、表情も明るくなっていました。

Aさんの場合、病気や介護、仕事による過度なストレスによって、いつも交感神経が過剰に緊張していたのでしょう。
血流が悪化して、体がとても冷えていたはずです。

このため、痛みを鋭敏に感じやすくなる悪循環に陥っていました。
そして、しり巻きでストレス冷えを解消したことによって、この悪循環を断ち切ることができました。
今でも月に1回通院されますが、腰痛はほとんど感じないまでに回復しています。


78歳の男性Bさんは、脊柱管狭窄症による慢性的な腰痛としびれに悩まされていました。
もともと高血圧症を合併しており、動脈硬化で血流も悪化していました。

そこで、しり巻きをするよう勧めました。
それから毎日、しり巻きを続けたおかげで、痛みとしびれは徐々に改善。
全く症状がなくなったわけではないものの、ご本人は8割方改善した、とおっしゃっていました。


このように、しり巻きが重度の症状を改善させる一助になった例は、いくつもあります。
皆さんも、今日からしり巻きを始めて、痛みのない生活を取り戻しましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【片付け術】痩せた!腰痛がなくなった‼心も体も健康になる「勝手に片付く家」の作り方

【片付け術】痩せた!腰痛がなくなった‼心も体も健康になる「勝手に片付く家」の作り方

テレビで話題の“時短家事”の専門家が直伝!「勝手に片づく家」を作る3つの秘策!家事効率がよくなると、「めんどうな家事」も、気軽に、気楽に、ごく短時間で取り組める「楽しい家事」に変わります。【解説】本間朝子(知的家事プロデューサー)


【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

「耳もみ」を継続して行うと、多くの健康効果がもたらされます。ここでは、耳もみが大きな効果をもたらした症例をご報告しましょう。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

私の鍼灸院では、体に施術する通常の鍼灸治療に加えて、25年以上前から、耳にあるツボを用いた治療法を取り入れています。そこで今回は、痛みの解消に効果的な耳もみの方法を紹介しましょう。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【低血圧も高血圧も改善】“かかと”からではなく “足の指”に力を入れて歩くウォーキング療法

【低血圧も高血圧も改善】“かかと”からではなく “足の指”に力を入れて歩くウォーキング療法

私たちの背骨はもともと、ゆるやかなS字状の曲線を描いています。この本来の曲線を保って立ち、歩くとき、上半身はほんのわずかに前傾し、重心は足のつま先側にかかります。このことからもわかるように、足の指を使って立つ・歩くのが、正しい人間本来の姿なのです。【解説】篠原裕喜(篠原整骨院「ウオーキング療法」主宰)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)