MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
全身ポカポカで、神経痛などの痛みが改善する「しり巻き」

全身ポカポカで、神経痛などの痛みが改善する「しり巻き」

現代人の多くは、仕事や人間関係で大きなストレスを感じながら、日々生活しています。慢性的なストレスは、私たちの自律神経のバランスをくずし、重度の冷えを招きかねません。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)

就寝時につければぐっすり眠れる!

現代人の多くは、仕事や人間関係で大きなストレスを感じながら、日々生活しています。
慢性的なストレスは、私たちの自律神経のバランスをくずし、重度の冷えを招きかねません。

このようなストレスによる冷え(ストレス冷えについてはこちらの記事参照)は、日常的におしりをよく温めることで防ぎ、改善することができます。
そして、その方法として勧めているのが「しり巻き」です。

しり巻きといっても、特別なものはいりません。
使用するのは、市販されている腹巻きです。

これを、おなかから股関節にかけて、おしり全体を覆うようにしてつけます。
腹巻きは、通常よりも丈たけが長いものを選んでください。

衣料品店やスーパー、インターネットなどで、「ロング腹巻き」といった名称で販売されているので、ご存じのかたも多いでしょう。
最低でも、長さが35cm以上のものを選んでください。

素材は、どんなものでもかまいません。
ご自身が実際に身につけてみて、気持ちがいいと感じるものがいいでしょう。

素肌に直接ではなく、肌着の上から、あるいはズボンの上から身につけてください。
伸縮性のある薄手のものがお勧めです。

しり巻きは、できれば1日じゅう身につけるといいでしょう。
特に、腰痛などの慢性痛でお悩みの場合、季節を問わず、仕事や家事の最中も身につけることをお勧めします。

冬はもちろんのこと、夏場でも冷房によって、屋内では体が冷えやすくなります。
特にオフィスの場合、スーツ姿の男性に合わせて室温が設定されているので、薄着の女性などは冷えやすく、要注意です。

しり巻きは、スカートの下につければ目立たないので、ぜひ仕事中も身につけるようにしましょう。
また、手足が冷えてよく眠れない人は、就寝時も身につけると安眠できるはずです。

実際に私は、20年以上も毎日、四六時じゅうしり巻きをつけています。
診察中ももちろんつけているので、いつでも全身ポカポカです。

腰痛やしびれが改善し表情も明るくなった

しり巻きをつけると、静脈の通り道であるおしりと同時に、太もものつけ根まで効率よく温められます。
太もものつけ根は、太い動脈である大腿動脈が、体表近くを走っている部位です。

動脈とは、心臓から送り出された血液を、全身へ行き渡らせる大きな血管のこと。
よって、動脈が冷えると、冷えた血液が全身を巡り、体温の低下を招くのです。

しり巻きをつければ、動脈と静脈を同時に温められ、そのダブル効果によって、効率的にストレス冷えを解消し、痛みを取り除くことができます。

では、実際に、しり巻きによって症状が改善した例をご紹介しましょう。


58歳の女性Aさんです。
2年前から通院されているAさんは、腰よう椎ついヘルニアによる座骨神経痛に悩まされていました。
強い痛みに加えて、しびれもありました。

Aさんは毎日とても忙しく、仕事をしながら親の介護もしていたところ、ある日、ご自身が脳梗塞で倒れてしまったのです。
幸い、後遺症は免れたものの、複数の病気にかかったストレスと過労からか、大きな不安感に襲われて、夜も眠れなくなったといいます。

そのとき、すでに複数の薬を服用していたので、薬を飲むこと自体がストレスになっていました。
そこで、勧めたのが、しり巻きです。

しり巻きを始めてから1週間後、再び来院した彼女は、腰痛やしびれが起こる頻度がへってきたと大変喜び、表情も明るくなっていました。

Aさんの場合、病気や介護、仕事による過度なストレスによって、いつも交感神経が過剰に緊張していたのでしょう。
血流が悪化して、体がとても冷えていたはずです。

このため、痛みを鋭敏に感じやすくなる悪循環に陥っていました。
そして、しり巻きでストレス冷えを解消したことによって、この悪循環を断ち切ることができました。
今でも月に1回通院されますが、腰痛はほとんど感じないまでに回復しています。


78歳の男性Bさんは、脊柱管狭窄症による慢性的な腰痛としびれに悩まされていました。
もともと高血圧症を合併しており、動脈硬化で血流も悪化していました。

そこで、しり巻きをするよう勧めました。
それから毎日、しり巻きを続けたおかげで、痛みとしびれは徐々に改善。
全く症状がなくなったわけではないものの、ご本人は8割方改善した、とおっしゃっていました。


このように、しり巻きが重度の症状を改善させる一助になった例は、いくつもあります。
皆さんも、今日からしり巻きを始めて、痛みのない生活を取り戻しましょう。

しり巻きのやり方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-03-13 18:00:00
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-03-11 18:00:00
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-01-31 10:12:24
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-03-23 18:00:00
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt