医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

お尻にサラシを巻くと、夜中にトイレに起きる回数が減る!

お尻にサラシを巻くと、夜中にトイレに起きる回数が減る!

腎を元気にするには、とにかく温めることが重要なのです。おしりを温めて腎機能が高まれば、体内の水の巡りがよくなるので、むくみや冷えも改善します。もともと、高血圧の治療薬は利尿剤なので、水分代謝がよくなれば血圧の降下にもつながるでしょう。【解説】北濱みどり(グリーン健康会代表・漢方家(国際中医師A級))


腎を元気にするにはとにかくしりを温めよ

一般的に、現在の医学の基盤となっているのは、西洋医学です。
それに対して、古来、中国では独自の医学体系が発展してきました。

それが、中医学と呼ばれるものです。
この中医学の観点からすると、おしりを温めることは、健康を維持するうえで、とても理にかなった方法といえます。

というのも、腎機能を高めることにつながるからです。
腎は、血液を含む体じゅうの水分をつかさどる臓器です。

腎機能が低下すると、体内の水分や血液の巡りが悪くなります。
すると、酸素や栄養が体の隅々まで行き渡らなくなり、不純物も浄化されません。

それがさまざまな不調を招いたり、老化を促進させたりするのです。
よって、腎機能を高めることは、健康を保つうえでとても大切といえます。

中医学では、「健康の要は腎にあり」という格言もあるほどです。
その一方、腎のもう一つの特徴として、冷えに弱い点が挙げられます。

腎を元気にするには、とにかく温めることが重要なのです。
おしりを温めるということは、つまり骨盤内を温めるということです。

腎臓は骨盤のすぐ上にあるので、おしりを温めれば腎臓も温まります。
また、中医学では、腎を腎臓という臓器単体ではなく、「腎臓グループ」という大きな全体像でとらえます。

同じグループに属するものは、互いに影響を与え合うと考えられています。
この腎臓グループには、膀胱や生殖器が含まれます。

これらも骨盤内にあるため、おしりを温めることは、腎グループ全体の機能向上につながるのです。
加えて、腎臓の経絡は、足の内側から骨盤のほうへとつながっており、膀胱の経絡は足の裏側から、おしりの中央を通っています。

経絡とは、気き(東洋医学でいう生命エネルギー)の通り道のこと。
経絡への刺激は、それに対応した臓器の活性化につながります。

おしりを温めれば、膀胱や腎臓の経絡が温熱によって刺激されるため、その点からも腎機能の向上が望めるのです。

就寝時に巻いたら夜間頻尿が改善した!

おしりを温める方法としてお勧めするのは、サラシを巻くことです。
サラシを何重かに巻くと、空気の層ができて保温力が高まります。

綿素材なので吸汗性にも優れ、夏場でもベタつきません。
また、伸び縮みしないので、締まりすぎて血行を妨げないのもよい点です。

高血圧、腰痛を改善!おしりサラシのやり方

おしりサラシのやり方ですが、まず、市販のサラシを用意して、2/3幅(約20cm)×5mの長さに切りましょう。
それを、股関節からウエスト辺りまで、おしりを覆うように巻いていきます。

2周するごとに、下から上へサラシを折り返してください。
あおむけに寝て、腰を浮かせた状態で巻くとしっかり固定されますが、この体勢が難しいかたは、立ったまま巻いてもかまいません。

サラシは、朝起きてから夜寝るまで、1日じゅう巻いているのが理想です。
ただ、日中に巻くのが難しいかたは、夜だけ巻いてもよいでしょう。65歳の女性は、就寝時におしりサラシを行ったら、トイレに起きる回数がへったと喜んでいました。

このような夜間頻尿、また膀胱炎など泌尿器系の症状のほかに、生理痛や子宮筋腫、不妊など、婦人科系の疾患にもおしりサラシは有効です。

2度流産し、その後も3回不正出血があって、なかなか妊娠できなかった25歳の女性は、おしりサラシを始めて約1ヵ月で妊娠。
無事に元気な赤ちゃんを出産しました。

おしりを温めて腎機能が高まれば、体内の水の巡りがよくなるので、むくみや冷えも改善します。
もともと、高血圧の治療薬は利尿剤なので、水分代謝がよくなれば血圧の降下にもつながるでしょう。

骨盤の下からウエストまでをサラシでしっかり支えることで、腰痛も予防できます。
私自身、20歳のとき交通事故で腰椎を骨折してから、たびたび腰が痛み、動けなくなることがありました。

それが、おしりサラシによって、腰が痛むことがなくなり、長時間でも立ち続けられるようになったのです。
さらに、姿勢がよくなって背すじも伸び、おなかも引き締まってきました。

皆さんも、ポカポカ温かなおしりサラシで腎機能を高め、全身の健康とアンチエイジングにお役立てください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


天井がぐるぐる回るめまいと腰の激痛が「11円スリッパ」でピタリ解消

天井がぐるぐる回るめまいと腰の激痛が「11円スリッパ」でピタリ解消

職場で使用しているスリッパを使って10円硬貨と1円硬貨をはり付け、仕事中にはくことにしました。すると、1度もめまいが起こらなかったのです。「これは効いているみたい! 」とうれしくなりました。先日は職場で同僚から「なんだか最近、顔色が違う。元気になったね」と言われました。【体験談】小原栄子(会社員・59歳)


予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)


【肩こり・腰痛】揉まずに痛みを取る方法「耳刺激」のやり方

【肩こり・腰痛】揉まずに痛みを取る方法「耳刺激」のやり方

患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)


泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)