【女性の悩み】お尻にサラシを巻くと夜間頻尿が改善!私は腰痛が解消!

【女性の悩み】お尻にサラシを巻くと夜間頻尿が改善!私は腰痛が解消!

腎を元気にするには、とにかく温めることが重要なのです。おしりを温めて腎機能が高まれば、体内の水の巡りがよくなるので、むくみや冷えも改善します。もともと、高血圧の治療薬は利尿剤なので、水分代謝がよくなれば血圧の降下にもつながるでしょう。【解説】北濱みどり(グリーン健康会代表・漢方家(国際中医師A級))


腎を元気にするにはとにかくしりを温めよ

一般的に、現在の医学の基盤となっているのは、西洋医学です。
それに対して、古来、中国では独自の医学体系が発展してきました。

それが、中医学と呼ばれるものです。
この中医学の観点からすると、おしりを温めることは、健康を維持するうえで、とても理にかなった方法といえます。

というのも、腎機能を高めることにつながるからです。
腎は、血液を含む体じゅうの水分をつかさどる臓器です。

腎機能が低下すると、体内の水分や血液の巡りが悪くなります。
すると、酸素や栄養が体の隅々まで行き渡らなくなり、不純物も浄化されません。

それがさまざまな不調を招いたり、老化を促進させたりするのです。
よって、腎機能を高めることは、健康を保つうえでとても大切といえます。

中医学では、「健康の要は腎にあり」という格言もあるほどです。
その一方、腎のもう一つの特徴として、冷えに弱い点が挙げられます。

腎を元気にするには、とにかく温めることが重要なのです。
おしりを温めるということは、つまり骨盤内を温めるということです。

腎臓は骨盤のすぐ上にあるので、おしりを温めれば腎臓も温まります。
また、中医学では、腎を腎臓という臓器単体ではなく、「腎臓グループ」という大きな全体像でとらえます。

同じグループに属するものは、互いに影響を与え合うと考えられています。
この腎臓グループには、膀胱や生殖器が含まれます。

これらも骨盤内にあるため、おしりを温めることは、腎グループ全体の機能向上につながるのです。
加えて、腎臓の経絡は、足の内側から骨盤のほうへとつながっており、膀胱の経絡は足の裏側から、おしりの中央を通っています。

経絡とは、気き(東洋医学でいう生命エネルギー)の通り道のこと。
経絡への刺激は、それに対応した臓器の活性化につながります。

おしりを温めれば、膀胱や腎臓の経絡が温熱によって刺激されるため、その点からも腎機能の向上が望めるのです。

就寝時に巻いたら夜間頻尿が改善した!

おしりを温める方法としてお勧めするのは、サラシを巻くことです。
サラシを何重かに巻くと、空気の層ができて保温力が高まります。

綿素材なので吸汗性にも優れ、夏場でもベタつきません。
また、伸び縮みしないので、締まりすぎて血行を妨げないのもよい点です。

おしりサラシのやり方ですが、まず、市販のサラシを用意して、2/3幅(約20cm)×5mの長さに切りましょう。
それを、股関節からウエスト辺りまで、おしりを覆うように巻いていきます。

2周するごとに、下から上へサラシを折り返してください。
あおむけに寝て、腰を浮かせた状態で巻くとしっかり固定されますが、この体勢が難しいかたは、立ったまま巻いてもかまいません。

サラシは、朝起きてから夜寝るまで、1日じゅう巻いているのが理想です。
ただ、日中に巻くのが難しいかたは、夜だけ巻いてもよいでしょう。65歳の女性は、就寝時におしりサラシを行ったら、トイレに起きる回数がへったと喜んでいました。

このような夜間頻尿、また膀胱炎など泌尿器系の症状のほかに、生理痛や子宮筋腫、不妊など、婦人科系の疾患にもおしりサラシは有効です。

2度流産し、その後も3回不正出血があって、なかなか妊娠できなかった25歳の女性は、おしりサラシを始めて約1ヵ月で妊娠。
無事に元気な赤ちゃんを出産しました。

おしりを温めて腎機能が高まれば、体内の水の巡りがよくなるので、むくみや冷えも改善します。
もともと、高血圧の治療薬は利尿剤なので、水分代謝がよくなれば血圧の降下にもつながるでしょう。

骨盤の下からウエストまでをサラシでしっかり支えることで、腰痛も予防できます。
私自身、20歳のとき交通事故で腰椎を骨折してから、たびたび腰が痛み、動けなくなることがありました。

それが、おしりサラシによって、腰が痛むことがなくなり、長時間でも立ち続けられるようになったのです。
さらに、姿勢がよくなって背すじも伸び、おなかも引き締まってきました。

皆さんも、ポカポカ温かなおしりサラシで腎機能を高め、全身の健康とアンチエイジングにお役立てください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【スポーツドクターが解説】筋トレ無しで筋肉が活性化する!誰でもできる「わき腹つかみ」の効果

【スポーツドクターが解説】筋トレ無しで筋肉が活性化する!誰でもできる「わき腹つかみ」の効果

わき腹は、上半身と下半身をつなげる要です。わき腹つかみをすると、わき腹だけでなく、全身の筋肉まで、だんだんやわらかくなっていきます。【解説】寺田壮冶(寺田クリニック院長)


【大学病院の実験で判明】コラーゲンはやはり「効果あり」食べると血管が若返り動脈硬化が改善する

【大学病院の実験で判明】コラーゲンはやはり「効果あり」食べると血管が若返り動脈硬化が改善する

医学界・科学界では「コラーゲンを経口摂取しても、体内のコラーゲンは増加しない」というのが定説です。しかし、私が行った実験で、その定説を覆す実験データが出ました。ブタ由来のコラーゲンに、動脈硬化改善作用があることが示されたのです。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合心療内科特任教授・抗加齢予防医療センター長)


【やり方付き】なぜダイエットが成功しないのか ― 骨盤を整えると楽々痩せる!

【やり方付き】なぜダイエットが成功しないのか ― 骨盤を整えると楽々痩せる!

ひざ痛や腰痛、股関節痛、肩こりなど、関節周辺の痛みを抱える患者さんは、ほぼ全員、姿勢が悪く、体重が標準値をオーバーしているのです。私は、「関節痛も肥満も、なぜ根本的に改善できないのだろう」と考えました。そのとき思い当たったのが、「体のねじれ」だったのです。【解説】碁盤一晴(ごばん接骨院院長)


最新の投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


ランキング


>>総合人気ランキング