医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【酢・キャベツ・納豆】で腸内フローラを改善

【酢・キャベツ・納豆】で腸内フローラを改善

「腸漏れ」はリーキーガット症候群と呼ばれ、今注目を集めています。腸漏れ症候群が様々な不定愁訴を誘発すると考えられているからです。これを防ぐには、腸内フローラを整える食事が必要です。何を食べれば良いか。それは、伝統的な和食とお酢の組み合わせです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


ヤセ菌の好物をとれば腸内フローラが改善!

「腸もれ」は、欧米では、「リーキーガットシンドローム」と呼ばれて、大きな注目を集めています。「リーキー」は「もれる」、「ガット」は「腸」、「シンドローム」は「症候群」ですから、文字どおりの直訳になります。

 多くの研究者が注目するというのも、腸もれがアレルギー疾患だけではなく、さまざまな体の不調を誘発すると考えられるようになったためです。

 腸にできた穴から異物が吸収され、その異物が体内の各所で慢性的な炎症を引き起こします。それが、原因不明の不定愁訴や、糖尿病や動脈硬化、ガン、うつ、認知症などと、密接に関係しているとされています。

 では、腸もれを予防・改善するために、どのようなことをすればよいのでしょうか。

 腸もれの大きな原因の一つが、腸内フローラの悪化です。腸内フローラが悪化し、悪玉菌が優勢になると、腸管のバリア機能が低下し、穴が開きやすくなるからです。

 腸内フローラの状態を決める際に重要な役割を果たしているのが、二つの日和見菌です。その一つが宿主を太らせる「フィルミクテス門(デブ菌)」、もう一つが宿主をやせさせる「バクテロイデス門(ヤセ菌)」です。

 デブ菌が増えれば、腸内フローラは悪玉菌優勢に傾き、ヤセ菌が増えれば、善玉菌優勢になります。実際、肥満者に腸もれの多いこともわかっています。

 腸内フローラの状態をよくするには、デブ菌を減らし、ヤセ菌を増やす必要があります。デブ菌は、低食物繊維・高脂肪・高糖質の食品が大好物です。一方、ヤセ菌は、高食物繊維・低脂肪・低糖質の食品が大好きです。

 つまり、ヤセ菌の好む食品をとると、腸内フローラを改善することができるのです。

短鎖脂肪酸の酪酸が腸粘膜を修復する

 私の知人に、ひどいアトピー性皮膚炎に苦しむ3人の小学生の子供たちのために文明を捨てた人がいます。彼は東京都内のあるお寺の住職でしたが、一念発起し、家族全員で鹿児島県の屋久島に移住。自然ガイドの仕事をしながら、自給自足の生活を始めました。

 すると、10ヵ月後に、子供たちは、ツルツルとしたキレイな肌に改善しました。自給自足ですから、お米や穀類、豆類、イモ類、野菜、果物など、高食物繊維・低脂肪・低糖質の食事が中心です。腸もれの原因物質である添加物や保存料の入った加工食品とも無縁ですから、腸内フローラが大きく改善し、アトピーもたちまちよくなったのでしょう。

 アメリカには、文明を避けて、昔ながらの生活をするアーミッシュと呼ばれる人たちがいます。彼らも、自給自足で、加工食品を口にしません。彼らにはアレルギーが少なく、アレルギーの抑制作用を持つ制御性T細胞が、通常より35%も多いことがわかっています。

 アーミッシュのように極端でなくてもかまいません。伝統的な和食は、玄米ご飯にみそ汁、納豆、豆や野菜のおかず、漬物などが基本ですが、これも高食物繊維・低脂肪・低糖質で、腸内フローラ改善のためには格好です。加えて適量の肉や魚をとって栄養バランスを整えれば、それこそが、腸も体も元気にしてくれる食事といえるでしょう。

 ちなみに、腸内フローラが悪玉菌優勢になると、ゾヌリンというたんぱく質が腸内に増えます。このゾヌリンが、細胞間の接合を緩め、腸に穴を開けやすくするとされています。

 逆に、腸内フローラが善玉菌優位になると、短鎖脂肪酸がたくさん作り出されるようになります。この短鎖脂肪酸がとてもよい働きをしてくれるのです。

 短鎖脂肪酸の一種である酪酸は、腸壁のバリアを強くして、腸粘膜を修復してくれます。また、制御性T細胞に働きかけ、アレルギーによるつらい症状を和らげてくれます。

 さらに、短鎖脂肪酸には抗炎症作用があります。糖尿病や脳卒中など、すべての現代病の根底には、私たちの体の各所で生じている慢性炎症があります。その慢性炎症をも、短鎖脂肪酸が抑えてくれるのです。

 短鎖脂肪酸を増やすには、どうしたらいいでしょうか。
 短鎖脂肪酸は酸性の成分です。腸内が弱酸性に保たれていると、善玉菌が増え、短鎖脂肪酸の生成量も増えてきます。ですから、定番の和食はもちろんですが、例えば、「食物繊維+酢」といった組み合わせもお勧めです。

 酢に含まれる酢酸は短鎖脂肪酸の一種で、酢が腸の酸性度を上げて、善玉菌の活動力をアップしてくれます。

 私は毎日、どんぶり一杯分のせん切りキャベツに、大さじ1杯(15ml)の酢をかけて食べています。キャベツは、善玉菌を増やす食物繊維が豊富で、活性酸素(病気や老化の元凶物質)を消去する働きが強いことがわかっています。おかげで、私の腸の状態はよく、体調も悪くありません。

 こうして体にいい物を毎日少しずつでもとり続けることは、腸内フローラを改善するうえでも、とても大切です。

腸内フローラをよくする食事

ヤセ菌、善玉菌を増やす食品❶

高食物繊維+低脂肪+低糖質

【お勧め】…伝統的な和食
玄米ご飯、みそ汁、納豆、豆や野菜のおかず、漬物など

ヤセ菌、善玉菌を増やす食品❷

食物繊維+酢

【お勧め】…酢キャベツ
食物繊維の多いキャベツやニンジン、タマネギなどを細かく切り、酢を適量かけて食べる。
あるいは、これらの野菜を酢に1~2日漬けてからとるとよい。

解説者のプロフィール

藤田紘一郎
東京大学医学系大学院修了。東京医科歯科大学教授を経て、現在、同大学名誉教授。2000年、ヒトATLウイルス伝染などの研究で日本文化振興会・社会文化功労賞、国際文化栄誉賞を受賞。著書に『隠れ病は「腸もれ」を疑え!』(ワニブックス)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


これから旬!ミカンにレモン、柑橘類に新しい健康効果が続々報告!

これから旬!ミカンにレモン、柑橘類に新しい健康効果が続々報告!

柑橘類はフラボノイド、カロチノイド、クマリン、テルベン、リモノイドなどの機能性成分を含んでいる。その機能性とは、ガン細胞のアポトーシス誘導作用、脂質代謝改善作用、抗炎症作用、関節リウマチや関節破壊症に関与する物質の生産阻害などで、その有効性を報告する研究が多数あるという。【構成】ケンカツ!編集部


「酢キャベツが酸っぱすぎる」方へ 酸味を抑えた【酢キャベツの作り方】を紹介!

「酢キャベツが酸っぱすぎる」方へ 酸味を抑えた【酢キャベツの作り方】を紹介!

キャベツの特長といえば、なんといっても、食物繊維が豊富な点です。また、美肌づくりに欠かせないビタミンCや、別名「キャベジン」と呼ばれるビタミンUも豊富です。酢の強い酸味に、抵抗があるかたもいらっしゃるでしょう。そこで私がお勧めしたいのは、酢と水を1対1で割って漬ける方法です。【解説】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【酢みそ汁の効果】味噌汁に酢を入れると痩せる!酢キャベツ入りで若返る!

【酢みそ汁の効果】味噌汁に酢を入れると痩せる!酢キャベツ入りで若返る!

私がテレビ番組で紹介し、実際に常食している「酢キャベツ味噌汁」を紹介しましょう。酢キャベツをそのまま食べるのに飽きてしまい「味噌」に入れてみたのです。味噌は良質の発酵食品であり善玉菌の塊です。味噌汁に酢キャベツを加えれば、これ以上の腸内環境改善食はありません。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【朝リンゴダイエットとは】やせる効果抜群「りんご」の2つのスーパー成分

【朝リンゴダイエットとは】やせる効果抜群「りんご」の2つのスーパー成分

「朝リンゴダイエット」は、朝食をリンゴか、リンゴのジュースに置き換えるものです。リンゴには、2つのスーパー成分が含まれています。その一つがアップルペクチン。もう一つがリンゴポリフェノールです。脂肪の吸収を阻害して、内臓脂肪をへらす効果があります。【解説】白澤卓二(お茶の水健康長寿クリニック院長)


前立腺がん発症から19年 病中病後の体力回復食に【干し納豆】を取り入れて元気!

前立腺がん発症から19年 病中病後の体力回復食に【干し納豆】を取り入れて元気!

私にがんが見つかったのは、1999年でした。健康診断で異常が見つかり再検査を受けた結果、医師に前立腺がんと告げられたのです。自分でも生きる気力を絶やすまいと決心しました。健康食品や民間療法などよいと思ったものをすべて試したのです。納豆もその一つです。【体験談】中村孝士((有)日本凍結乾燥食品研究所所長・76歳)


最新の投稿


腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

足の指回しを始めて1ヵ月ほど経つと、腰痛も気にならなくなっていました。足の指回しは、特に女性のスタッフに大好評です。「これを始めてから冷え症が治った」「外反母趾や巻き爪が改善して、靴をはくのが楽になった」などと、うれしい効果を報告してくれます。【体験談】堀内太(美容師・52歳)


【諦めないで!】頻尿・尿もれを自力で改善するトレーニング

【諦めないで!】頻尿・尿もれを自力で改善するトレーニング

食べて、飲んで、出す。排泄は、生命の営みの基本中の基本です。ところが、加齢とともに、尿もれや頻尿、便秘、便もれなどの排泄トラブルが起こりやすくなっていきます。排泄に関する悩みは、人に相談しづらいため、一人で問題を抱えてしまう人も少なくありません。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)