MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
うんちが残ってる感じがスッキリ!薬が効かない便秘に「この体操」

うんちが残ってる感じがスッキリ!薬が効かない便秘に「この体操」

当時、高血圧と高血糖で受診していた病院の医師に勧められ飲み始めた便秘薬で便秘症になってしまったのです。便秘薬のほかにも何か方法はないか、と思っていたところ、偶然目にした週刊誌に「便秘に効く体操」というのが載っていました。すぐにできそうだったので、早速始めました。【体験談】大塚幸信(仮名・愛知県・82歳無職)

病院の便秘薬を飲んでも出ない日が何日も続いた

 私は10年くらい前から、便秘薬を飲んでいます。

 当時、高血圧と高血糖で受診していた病院の医師に「これ、いいよ」と、便秘薬を勧められました。私は、特に便秘症というわけではなく、「たまに出ない」程度でしたが、「先生が勧めてくれるなら」と、便秘薬を飲み始めたのです。

 最初の数年間は、毎日確実にお通じがありました。ただし、軟便で、自力で自然に出すわけではないので、気持ちのよい出方ではありません。それでも飲み続けたのは、「薬をやめたら出なくなるかもしれない」と思ったからです。

 5年ほど経ったころ、「あれ? 今日は出なかった」という日が増えてきました。そして、今から3〜4年前からは、何日も出ない日が続くようになり、完全な便秘症になりました。病院の便秘薬を飲んでいるにもかかわらず、です。

 3〜4日便秘が続くと、おなかが張って食欲も落ちます。内臓全体がスッキリしないので、気分もよくありません。やっとお通じがついても、スッキリ出切らない感じで、残便感がありました。

 便秘薬のほかにも何か方法はないか、と思っていたところ、偶然目にした週刊誌に「便秘に効く体操」というのが載っていました。すぐにできそうだったので、早速始めました。

 体操といっても、全身運動ではなく、手足をもみほぐしたあと、足首を回すだけです。

便秘に効く「足首回し」のやり方

❶手の中指を、先から根もとへ1分もむ。

❷手の薬指を、先から根もとへ1分もむ。

❸手のひらの中心を1分もむ。
*①~③を左右の手に行う。

❹足の裏の拇趾のつけ根を1分、土踏まずを1分もむ。

❺ふくらはぎを下から上へ1分もむ。

❻すねの内側を上から下へ1分もむ。

❼足の指の間に手の指を挟み込んで持ち、足首を回す。右回り10回、左回りを10回、これを1セットとして10セット行う。
*④~⑦を左右の足に行う。

 まず、手の指をもみます。中指を先から根もとに向けて、1分ほどくり返しもみます。薬指も同じようにしたら、手のひらの中心をもみほぐします。これも1分ほどです。左右の手を同じようにもみます。

 次に足です。足の裏の拇趾(親指)のつけ根の下にあるふくらみを、1分ほどもみます。そのあとに、土踏まずを1分間もみほぐします。そして、ふくらはぎを下から上に1分ほど、くり返しもみ上げ、すねの内側を上から下に1分ほどもみます。

 最後に、足の指の間に反対側の手の指を挟み込んで持ち、足首を回します。右回りを10回、左回りを10回、これを1セットとして10セット行うので、合計200回、回します。左右の足に行います。

 これを、毎日3回実行しています。朝は起き抜けに、夜は寝る前に、布団の上でやっています。昼は、食事の前にテレビを見ながらやります。

82歳で足取り軽快! 歩くスピードがアップ!

 1ヵ月ほど続けたころでしょうか、便が気持ちよく出るようになりました。おなかの中の物がすっかり出切った感じで、すがすがしい気分です。

 また、この足首回しをするようになってから、足の動きがよくなりました。私はほぼ毎日、30分ほど散歩に出かけますが、足取りは軽快です。実際、歩くスピードが上がっています。足をもんだり、足首を回したりすることで、この年になっても気持ちよく歩けます。

 私くらいの年齢になると、健康に気を遣うのは当然ですが、より元気に過ごすために、体のためになることを積極的に実践しようと思っています。

「薬害」という言葉もあるくらいですから、これ以上、薬のお世話になりたくありません。むしろ、薬は減らしたいくらいです。そのためにも、足首回しをはじめ、自分の体に合うことは、続けていくつもりです。

副交感神経が優位になり消化器が動きだした(みらいクリニック院長 今井一彰)

 足の裏には、体の各器官や臓器が投影されています。土踏まずは腸に当たり、もみほぐすことで便通がよくなります。

 また、握足手(足と手を握手するように組むこと)の状態で足首を回すと、末梢の血液循環がよくなります。

 その結果、全身の血流が改善し、臓器や血管を調整する自律神経のうち、消化器を活動的にする副交感神経が優位になります。便秘が改善したのは、そのためでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-22 10:02:07
人間本来の解毒作用による毒素の排出は、75%が便からで、20%弱が尿からといわれています。残りが汗、毛髪、爪からの排出です。ですから、健康を考える上で「便をスムーズに出す」ことは非常に重要だといえるのです。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)
更新: 2019-04-12 18:00:00
食べ始めて4日ほどたった頃、劇的な変化がありました。1日おきだったお通じがなんと1日2回になったのです。朝食をとると、すぐトイレに行き、日中にもう1回お通じがあります。便秘解消のおかげか、吹き出物がなくなり、肌がきれいになりました。また、寝起きに起こっていた鼻づまりもなくなりました。【体験談】藤田久美子(主婦・60歳)
更新: 2019-03-13 17:57:55
その日はなんと、しっかり形のある便が出たのです。うれしくて、思わず「やったー!」と飛び跳ねそうになりました。毎日へそさすりを続けているおかげで、外出も怖くなくなりました。次に友達に旅行に誘われたら、「行こう!」と、元気に返事をするつもりです。【体験談】稲田雅江(仮名・主婦・63歳)
更新: 2019-02-05 18:00:00
塩発酵キャベツを常備できるようになり、2日に1回くらいの頻度で塩発酵キャベツを食べていたところ、半年くらいで慢性便秘が解消しました。また、便秘をしていた頃は下腹がポッコリ出ていましたが、今はかなりへこみました。昔のジーンズをはくと、ヒップラインや太もものあたりが明らかにゆるく感じます。【体験談】濵崎希(会社員・45歳)
更新: 2019-02-03 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt