MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
「わき腹呼吸」で頑固な便秘が解消しニキビが消失!

「わき腹呼吸」で頑固な便秘が解消しニキビが消失!

短大に入って独り暮らしをしたとき、食生活の乱れからひどい便秘になってしまったのです。さらに肌荒れもあり、初恋の人から「ニキビだらけの人はちょっと──」と断られたときはショックでした。私は、「便秘の決定打」を探し続け「わき腹呼吸」と出合ったのです。【体験談】奥村三和子(仮名・岡山県・38歳パート勤務)

顔中のニキビが原因で好きな男性に振られた

 短大に入って独り暮らしをしたときに、困ったのは食事でした。作るのも片づけるのもめんどうで、コンビニ弁当ばかり食べていました。すると、ひどい便秘になってしまったのです。

 1週間出ないことも頻繁でした。いつもおなかのぐあいに気を取られ、人と話していてもうわのそらでした。

 便秘薬も、たびたび使いましたが、私の都合のいいときに効くとは限りません。授業中におなかが「ゴロゴロ」と鳴り始め、教室を飛び出してトイレに駆け込んだこともありました。

 私が本気で便秘を治そうと思ったのは、衝撃的な出来事がきっかけでした。

 23歳のとき、中学時代の初恋の人と再会。期待に胸がふくらんだのもつかの間、最初のデートで振られてしまったのです。

「ニキビだらけの人はちょっと──」と断られたときは、すごくショックでした。
 そのころの私は、便秘のせいで顔中ニキビだらけでした。そこで「便秘を治して、美肌になるぞ!」と決心したのです。

 母の愛読書である『壮快』などを見て、腸を元気にする方法を探して、実行しました。

 比較的効果を実感したのは、白湯でした。3~4年前、「朝いちばんの白湯が腸を動かす」と知り、実践したのです。確かに、白湯を飲むと腸が動きだし、お通じがつきました。

 それでも私は、「便秘の決定打」を探し続けました。そしてついに、今から半年前、「わき腹呼吸」と出合ったのです。

二十年来の低体温が解消しふらつきも改善

 わき腹呼吸は、『壮快』で知りました。わき腹を伸ばしながら大きく呼吸するだけの簡単な健康法です。

 やってみると「腸を動かしている」という実感があり、いかにも効く感じでした。ひととおり行っても3分程度ですが、終わると体がスッキリしました。

 翌朝、またやりました。すると、終わったとたん、便意が来たのです。白湯は、飲んでしばらくしないと催しませんが、わき腹呼吸はまさに即効でした。便座に腰かけたとたん、ストンと便が出たのです。腸の中身がそっくり出たような、きれいな形で感動しました。

 それ以来、わき腹呼吸が朝晩の日課になりました。

 肌の悩みも解決しました。ニキビが消えたどころか、自分でいうのもなんですが、人もうらやむ美肌になりました。

 というのも先日、母が知人から「娘さん、肌がキレイね。何をやっているんですか?」と聞かれたというのです。そのかたの娘さんは、ひどい便秘とニキビに悩んでいるとのこと。すぐに、わき腹呼吸を教えたところ、やはり直後に、1週間続いた便秘が解消したそうです。美肌になるのは時間の問題でしょう。

 わき腹呼吸で、体温も上がりました。10代から平熱が35・6度前後でしたが、今は36・5度です。貧血ぎみで、ふらつくことが多かったのですが、今はそんなこともありません。

 さらに、大音量のイビキも、なくなったようです。母が「このごろ、イビキをかかないね」というのです。

 そこで、わき腹呼吸をやった日と、やらなかった日の「イビキのぐあい」を母に記録してもらいました。すると、わき腹呼吸をやった日は、確実にイビキをかかないことがわかりました。
 わき腹呼吸は、簡単なのに、多種多様な効果が得られます。ぜひ試してほしいと思います。

ニキビが消えて美肌に一変!

副交感神経が優位になり便通が改善した(日産厚生会玉川病院循環器科副部長 坂田隆夫)

 上体を動かしながら深い呼吸を行うことで、腹圧の上昇や腸管への伸展刺激が起こり、小腸や大腸の壁にある神経に直接、刺激を与えられる可能性があります。また、腹式呼吸によって胸郭と腹部を隔てる横隔膜を動かすと、食道と胃の周囲にある神経叢や、腹腔内の神経叢にも、微弱ながら刺激が伝わります。

 これらの刺激は、消化器の動きを活発にする副交感神経を優位にします。ゆっくりとした呼吸により心身がリラックスしたことと総合的に働き、便通の改善につながったのでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
人間本来の解毒作用による毒素の排出は、75%が便からで、20%弱が尿からといわれています。残りが汗、毛髪、爪からの排出です。ですから、健康を考える上で「便をスムーズに出す」ことは非常に重要だといえるのです。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)
食べ始めて4日ほどたった頃、劇的な変化がありました。1日おきだったお通じがなんと1日2回になったのです。朝食をとると、すぐトイレに行き、日中にもう1回お通じがあります。便秘解消のおかげか、吹き出物がなくなり、肌がきれいになりました。また、寝起きに起こっていた鼻づまりもなくなりました。【体験談】藤田久美子(主婦・60歳)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)