MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【医師解説】円形脱毛症の原因はストレスと血流低下 対策は「爪もみ」が有効

【医師解説】円形脱毛症の原因はストレスと血流低下 対策は「爪もみ」が有効

爪もみは、交感神経の緊張を改善し、頭皮の血流を向上させるので、円形脱毛症に有効です。さらに、指先の血流もアップするので、髪と同じ組織である爪の状態も改善します。【解説】永野剛造(永野医院院長)

血糖値が下がって主治医も驚いた!

爪もみを行えば、万病の元となる冷え(血流障害)が改善します。
同時に、自律神経のバランスの乱れから生じる、さまざまな症状に対しても力を発揮するのです。

実際に、爪もみ療法を習慣にされたかたでは、次のような喜びの声が上がっています。

●糖尿病(KYさん・76歳・女性)
「私は、阪神淡路大震災後に血糖値が急上昇しました。
食事療法のかいもあり、数値はかなり下がりましたが、食べない我慢も限界に到達し、数年で挫折。

その後、薬を飲み始めましたが、ヘモグロビンA1c(過去1〜2ヵ月の血糖状態がわかる指標)は7〜8%から下がりません(当時の基準値は4・3〜5・8%)。

そこで、入浴時に試したのが爪もみでした。
実行すると、肩をもんでもらっているような心地よさを感じられ、毎日の習慣になりました。
すると、2ヵ月半後の検査では、ヘモグロビンA1cが6・8%に下がり、主治医からも驚かれました」

血糖値が急上昇するのは、ストレスで交感神経が過度に緊張したことが原因です。
食事療法を行うときは、ぜひ、爪もみを併用してください。

自律神経のバランスが整い、我慢によるイライラもへり、食事療法の効果が出やすくなるでしょう。


●高血圧・記憶力向上(YKさん・75歳・男性)
「私は10年ほど前から高血圧ぎみでした。
最大血圧が150㎜Hg程度、最小血圧が90㎜Hg程度ありました(基準値は、最大血圧が140㎜Hg未満、最小血圧が90㎜Hg未満)。

そんなとき、試してみたのが爪もみです。
毎日続けていくうちに、テレビを見ながら実行することが習慣になりました。

すると、しだいに血圧も下がっていき、現在は、最大血圧が130㎜Hg程度、最小血圧が70㎜Hg程度で安定しています。
最近では、処方されている降圧剤を飲まないことも多く、それでも血圧は上昇しません。

また、爪もみは、脳にもよい影響を与えているようです。
私はカラオケが趣味なのですが、何度か歌詞を読んだだけで、みんな記憶できます。
画面を見ずに歌えて、周囲からも驚かれています」

爪もみを行うと、自律神経のバランスが整います。
高血圧のかたは、収縮していた末梢血管が拡張し、血流がよくなるので、血圧が下がるのです。

さらに、脳の末梢血管の血流も改善するため、それが記憶力向上につながったのでしょう。

耳鳴りがピタリ消失!眼圧が基準値内で安定!

頻尿は、交感神経の緊張がもたらす症状です。
爪もみによって、副交感神経が優位になれば、自然と症状が治まっていきます。

一方、耳鳴りは、交感神経の緊張でも、副交感神経が過度に優位になっても起こりえます。
しかし、爪もみは、両者のバランスを整えるので、どんなタイプの耳鳴りにも有効です。


●緑内障(HYさん・78歳・女性)
「眼圧が25㎜Hg(基準値は10〜21㎜Hg)と高く、緑内障と診断されました。
また、明るいところに行くと目がチカチカしたり、涙が出たりするという自覚症状もありました。

点眼薬による治療とともに始めたのが、爪もみです。
すると、2ヵ月ほどで、目の不快な症状が消えました。

眼圧も下がり、点眼薬をさし忘れることもあるのに、19㎜Hg前後の基準値内で安定しています」

緑内障も、交感神経の緊張が原因です。
爪もみで、自律神経のバランスが整い、目の血流がよくなれば、不快な症状や眼圧も改善します。

これらの喜びの声は、ほんの一部にすぎません。
ほかにも、低血圧、頭痛、生理痛、便秘、手足の冷えとしびれ、顔面神経痛、関節リウマチ、パーキンソン病、うつ病の改善など、爪もみの健康効果は多岐に渡ります。

また、私の医院では、円形脱毛症の患者さんが多数来院されますが、皆さんに爪もみを勧めています。
円形脱毛症は、持続的なストレスと、交感神経の緊張による血流低下が原因です。

交感神経が緊張すると、頭皮の血管が縮小し、血流が低下します。
すると、毛根にじゅうぶんな栄養が届かなくなり、不完全な細胞がふえてしまいます。

これらの細胞を攻撃するのが、リンパ球です。つまり、不完全な細胞がふえると、リンパ球が過剰反応を起こし、毛根に炎症が現れて、髪が抜け落ちてしまうのです。

爪もみは、交感神経の緊張を改善し、頭皮の血流を向上させるので、円形脱毛症に有効です。
さらに、指先の血流もアップするので、髪と同じ組織である爪の状態も改善します。

実際に、爪もみや頭部の刺激などで、円形脱毛症が改善した患者さんはたくさんいます。
なお、円形脱毛症もそうですが、悩んでいる症状を改善したい場合は、最低でも2〜3ヵ月は継続しましょう。

夜も落ち着いて眠れるようになりました

●頻尿・耳鳴り(AKさん・57歳・女性)
「私は、頻尿改善のために爪もみを始めました。
頻尿に対応するのは小指とのこと。

そこで、小指は30回、ほかの指は10回ずつもみました。
こうして毎日続けていたところ、1週間後には頻尿が改善。

最多で1日40回のトイレ通いは、18回に激減し、夜も落ち着いて眠れるようになりました。

次に挑戦したのが、耳鳴りの改善です。
耳鳴りに対応する中指を重点的に刺激したところ、やはり1週間で症状がピタリとなくなりました。また、体調全般も好調です」

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)