医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

"骨ホルモン" 血糖値を下げ、糖尿病の改善、記憶力の向上に効果

"骨ホルモン" 血糖値を下げ、糖尿病の改善、記憶力の向上に効果

骨はこれまで、骨髄による造血作用は備えつつも、体を維持して運動を支え内臓を保護するかたくて無機質な臓器であると考えられてきました。しかし近年の研究により骨からはホルモンや生理活性物質が分泌されていることがわかってきました。実は骨は内分泌臓器でもあったのです。【解説】平田雅人(福岡歯科大学口腔歯学部客員教授・歯学博士) 


解説者のプロフィール

平田雅人
福岡歯科大学口腔歯学部客員教授・歯学博士。
1976年九州大学歯学部歯学科卒業。
その後教授を経て、九州大学大学院歯学研究院長。
2014年10月、骨で作られるたんぱく質である「オステオカルシン」を経口投与することで血糖値が下がり、全身代謝が活性化することを発見した。
17年4月より現職。
著書に、『1日1分「かかと落とし」健康法』(カンゼン)がある。

●福岡歯科大学
http://www.fdcnet.ac.jp/col/

血液中に溶け出た微量の骨ホルモンの作用が判明

 骨の役割というと、読者の皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか。

 骨はこれまで、骨髄による造血作用は備えつつも、体を維持して運動を支え、内臓を保護する、かたくて無機質な臓器であると考えられてきました。

 しかし近年の研究により、骨からはホルモンや生理活性物質が分泌されていることがわかってきました。実は骨は、内分泌臓器でもあったのです。

 骨の分泌物のなかでも、注目を浴びているのは、オステオカルシンという物質です。テレビでは「骨ホルモン」と呼ばれ、さかんに話題となっています。それというのも、この物質に多くの優れた作用があることが判明しつつあるからです。

 では、骨ホルモンとは、いったいどんなものなのでしょうか。
 骨の主成分は、リン酸カルシウムの一種で、これが全体の7割を占めます。残りの約2割はたんぱく質、約1割は水です。

 骨ホルモンは、このたんぱく質のうちの、ほんの一部。骨全体に対して、0・4%の割合で存在しています。

 骨は、かたくて丈夫なので、一度できたらそれっきりと思われがちです。しかし実は、絶えず新陳代謝をくり返しています。

 骨を再構築するときに、細胞からたんぱく質が分泌されるのですが、このたんぱく質に骨ホルモンが含まれているのです。

 骨ホルモンの大部分は、新たな骨の材料になり、骨にならなかった一部が、血液中に溶け出します。その量は、骨全体の0・4%の、さらに100万分の1と、ごくごくわずかです。

 しかし、この血液中の微量の骨ホルモンこそが、全身の臓器を活性化し、多くのすばらしい作用を生み出すのです。

膵臓の働きをよくしてインスリン分泌を促進

 では、骨ホルモンには、具体的にどのような作用が期待できるのでしょうか。

 とりわけ優れているのは、糖尿病の改善効果です。2007年に骨ホルモンを発見した、コロンビア大学のジェラルド・カーセンティ教授は、糖尿病のマウスに骨ホルモンを注射する実験を行いました。血糖値を下げるホルモンであるインスリンは、膵臓から分泌されますが、その変化を観察したのです。

 結果、骨ホルモンの作用で、膵臓の働きがよくなり、インスリンの分泌も促進されたことが判明しました。
 加えて、骨ホルモンの分泌量が少ない人は、過去1~2ヵ月の血糖状態を示す指標であるヘモグロビンA1cの値が高い傾向にある、という研究結果も出ています。

 骨ホルモンが糖代謝を高めるという作用については、2013年に私が参加した実験でも、同様の結果を得ました。骨ホルモンをマウスに与えたところ、膵臓でインスリンを作っている細胞が増大し、インスリンの分泌量が増えたことが確認できたのです。

 さらに、同じ実験を高脂肪・高炭水化物のエサで飼育した、マウスで行いました。すると、糖の代謝能力が上がったことに加え、内臓の脂肪細胞が小さくなったのがわかりました。

 また別の研究では、骨ホルモンは肝機能を向上させて、糖質や脂肪の代謝を高めることに役立つと考察されています。これらの結果から、骨ホルモンは、メタボ予防や肥満の改善にも有効といえるでしょう。
 骨ホルモンに期待できる作用は、まだまだあります。

 血中の骨ホルモンが脳に働きかけると、神経細胞の動きが活性化され、それにより記憶力や認知機能が改善されるという研究があります。

 ほかにも、一酸化窒素の産生を助け動脈硬化を防ぐ、活性酸素を減らしてアンチエイジングに役立つ、ガン細胞を攻撃する免疫力の増強といったことが、実験で明らかになっています。

 また、たんぱく質の合成能力を高め筋肉量を増やす、男性ホルモンを活性化させ生殖能力を高める、「長寿ホルモン」と呼ばれるアディポネクチンの分泌を促進するといった作用がある、という報告もあります。

 このように多岐にわたる効能を持つ骨ホルモンを、体内で増やすには、どうすればよいのでしょうか。お勧めの方法があります。それが、「かかと落とし」運動です。なぜ、かかと落としが骨ホルモンを増やすのか、次回、詳しく説明しましょう。

骨ホルモンの健康効果

次の記事では、骨ホルモンを増やす「かかと落とし」のやり方と効果についてご紹介しましょう。

骨ホルモンを増やす「かかと落とし」のやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)


動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

2003年、私たちは、成熟した生のトマトから、トマトサポニンを取り出すことに、初めて成功しました。トマトサポニンが、ステロイドホルモンとして体内に作用した結果、動脈硬化症をはじめ、高血圧症や糖尿病、更年期障害、骨粗鬆症などを改善すると考えられるのです。【解説】野原稔弘(熊本大学名誉教授・薬学博士)


「ごちそうさん」に登場した魔法の水「昆布酒」の作り方と活用レシピ

「ごちそうさん」に登場した魔法の水「昆布酒」の作り方と活用レシピ

連続テレビ小説『ごちそうさん』の中で「魔法の水」として登場した「コンブ酒」。安酒にコンブを入れると、うまみが格段にアップして上等酒に変わる、と紹介されていました。コンブの成分には塩分やコレステロールを排出させる働きがあり健康効果も抜群!昆布酒の作り方とレシピを紹介しましょう。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

コンブに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸には、コレステロールの一部を吸着して、便として排出する作用があります。フコイダンには血栓をできにくくする作用があるため血液がサラサラになり、血管が丈夫になるので、動脈硬化の予防や改善が期待できます。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長)


最新の投稿


認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症の患者さんに圧倒的に足りないのが、レシチンという物質です。これは、大豆や卵などに多く含まれています。レシチンは脳にも全身にもきわめて重要で、生きるための必須物質です。そのため、「生命の基礎物質」とも呼ばれています。【解説】野本裕子(ナチュラルクリニック代々木院長)


耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳鼻科で受けたのは、鼻と耳に管を入れてシュッと空気を通す治療でした。行うと、一時的に耳はスッキリしますが、すぐに戻ってしまいます。耳の穴もみは、耳閉感の予防にもなっているようです。耳の穴もみをやるようになってからは、耳が詰まることがなくなりました。【体験談】上田貴弘(颯鍼灸院院長・46歳)


【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

上咽頭の炎症が慢性化すると、自律神経のバランスがくずれ、血流障害が起こったり、血圧が上がったりします。口呼吸の人は、まず、口を閉じて食べ物をよくかむことを心がけましょう。口周りの筋肉やあごが鍛えられ、口呼吸のクセを直すトレーニングになります。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)


ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

健康管理に大活躍すること間違いなしの常備菜が「酢大豆」です。作り方が簡単なうえ、長期間、作りおきできるのでとても便利。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、料理に応用すればワンランクアップした味わいになります。【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)【栄養計算】金子奈穂美(管理栄養士)


レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

慢性腎炎には治療法がありません。塩分とたんぱく質を制限し、血圧を上げないように気をつけるだけです。腎機能が低下していると、ふだんから体がむくみやすく、とてもだるくなります。レモン酢を飲むようになって1週間くらいしてから、あまり体のだるさを感じなくなってきました。【体験談】星野久美子(仮名・主婦・71歳)