MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【体験談】かかと落としダイエットの効果 血糖値が下がりコレステロール値も正常値

【体験談】かかと落としダイエットの効果 血糖値が下がりコレステロール値も正常値

年を重ねるにつれ、血糖値が徐々に上がってきていることには、気がついていました。健康診断でこでまでで最も高い135mg/dlを記録し、ショックを受けました。LDL、いわゆる悪玉コレステロールの値も159mg/dlと高めでした。テレビの健康番組で知ったのが「かかと落とし」です。【体験談】田中睦夫(仮名・愛知県・67歳無職)

血糖値がこれまでで最も高くなりショック!

 年を重ねるにつれ、血糖値が徐々に上がってきていることには、気がついていました。

 私は、暴飲暴食はしないほうなので、運動不足が原因ではないかと思います。若いころはスポーツをしていた時期もありましたが、中年以降はごぶさたで、運動の必要性を自覚していました。仕事が事務職で、一日中パソコンの前に座っていたのも、よくなかったのでしょう。

 60代に入ると、血糖値がさらに上昇しました。2016年3月に受けた健康診断で、それまでで最も高い、135mg/dlを記録。「ああ、また上がってしまったか」と、ショックを受けました。基準値は110mg/dl未満ですから、これは糖尿病の範疇に入ります。

 また、LDL、いわゆる悪玉コレステロールの値も、159mg/dlと高めでした。
 さらに、体重も増加傾向で、69・2kgありました。私の身長は165cm程度なので、小太り体形といったところでしょう。
 当然、病院を受診して健康指導を受けるように勧められました。自分でも、「このままではまずい」と、焦りを感じるようになりました。

 そんな折に、たまたま見たテレビの健康番組で知ったのが、「かかと落とし」です。
 とても単純で、簡単な運動なので、これなら続けられるかもしれない。そう思った私は、それから毎日、かかと落としを行うことにしました。それが、2016年の6月のことです。

 私の場合、行う時間帯などは特に決めていません。仕事の合間や、停留所でバスを待つ間、自宅でテレビを見ながらなど、一日に何度でも、思いついたときにトントンと行うようにしました。一度に行う回数は、だいたい20回程度でしょうか。

 いくら健康効果の高い方法でも、めんどうで三日坊主になっては、意味がありません。その点、かかと落としは道具も準備もいらないので、いつでもどこでも、行うことができます。運動と縁遠くなっていた私でも、負担を感じませんでした。

特にダイエットもせずメタボ判定をクリア!

バスを待ちながらトントン!

 こうして毎日、かかと落としを続けるうちに、2017年度の健診の時期が巡ってきました。気がかりだった血糖値の測定結果は、123mg/dl。基準値よりまだ高いとはいえ、1年前より下がっていました。
 さらに、LDLコレステロール値の変化に驚かされました。1年で25mg/dlも減って、134mg/dlになっていたのです。

 足並みをそろえたように、体重も減り、66・6kgになりました。特にダイエットはしていません。強いていえば、血糖値を改善するため、コーヒーに入れる砂糖を控えた程度です。
 食事制限はいっさいせずに、自然と2・6kg落とすことができ、うれしい限りです。おかげで、メタボ判定も、ギリギリのところでクリアできました。

 これらの変化は、かかと落としの効果によるものでしょう。ほかに思い当たることはありません。このまま続ければ、さらにいい結果が出るのではないかと期待しています。

 健診結果の改善も喜ばしいことですが、かかと落としを始めて、なによりよかったのは、健康意識が高まったことです。最近では、『壮快』を熟読するのが楽しみになりました。さまざまな健康情報を仕入れるのが、おもしろいのです。自分に向いた健康法があれば、また試したいと考えています。

 ともあれ、当面の目標は、血糖値を基準値内まで下げることです。それまで、かかと落としをがんばりたいと思います。

骨ホルモンには血糖値降下作用がある(福岡歯科大学口腔歯学部客員教授 平田雅人)

糖尿病患者は骨折のリスクが高い、という研究報告があります。高血糖でインスリンが効きにくいと、骨が劣化。すると、血糖値降下作用のある骨ホルモンの分泌が少なくなり、さらに高血糖を招くという悪循環が生じるのです。

 LDLコレステロール値が下がったのは、肝臓での脂質代謝の促進に、骨ホルモンがいい影響を与えたからでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
糖尿病になると、医師からは決まり文句として、「お酒はやめてください」といわれるはずです。とはいえ、お酒が大好きだった人にとって、長年続けてきた習慣をきっぱりとやめるのは、簡単なことではないでしょう。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)
更新: 2019-04-16 18:00:00
「眼科で糖尿病を調べてもらえといわれて…」と、私のクリニックを受診されたYさん。視力の低下も糖尿病からくる網膜症と判明。眼底検査でも網膜には出血や白斑がずいぶん見られました。食事療法とともに、「毛管運動」を続けてもらったところ、劇的ともいえる改善が見られました。【解説】渡辺完爾(渡辺医院院長)
更新: 2018-09-17 18:00:00
転機は、57歳の健康診断でした。ヘモグロビンA1cも血糖値も、すでに境界型ではなく、本格的な糖尿病の兆候を示していたのです。ウォーキングを始めると同時に、10ヵ月後にフルマラソンを走ることを周囲に宣言。そうしてしまったら、もうやらないわけにいきません。【解説】清水一郎(おひさまクリニックセンター北院長)
更新: 2018-09-12 08:00:00
糖尿病に対して、運動療法は食事療法と並んで重要な治療手段として推奨されています。でも、なぜ運動によって血糖値が下がるのかは、従来よくわかっていませんでした。そして、運動しているときには、筋肉細胞中の「AMPキナーゼ」という酵素が糖を取り込んでいる事実を突き止めたのです。【解説】藤井宣晴(首都大学東京大学院教授)
更新: 2018-09-11 20:00:00
かつての日本では、糖尿病はまれな病気でした。しかし、2016年には、糖尿病が疑われる成人の推計数が1000万人を超えました。これは、厚生労働省の調査で判明したもので、いまや、糖尿病は国民病といえるでしょう。実は、かくいう私も、10年来、糖尿病に悩んできました。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長) 
更新: 2018-03-10 16:30:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt