MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【脊柱管狭窄症】歩くと出るふとももや腰の痛みが 「かかと落とし」で改善した!

【脊柱管狭窄症】歩くと出るふとももや腰の痛みが 「かかと落とし」で改善した!

腰の痛みを感じるようになり整形外科を受診してMRIなどの検査を受けたところ、「脊柱管狭窄症」と診断されました。病院からもらっていた薬をうっかり切らしてしまった時、激痛が戻ってきました。「薬は対症療法にすぎず、根本的な治療にはなっていない」と気づかされたのでのです。【体験談】辻英夫(大阪府・71歳会社員)

電柱から次の電柱まで歩くのもままならない

 私はテニスやスキー、ジョギングなどのスポーツが好きで、長年続けてきました。

 3年ほど前のある日のことです。当時は、週に2~3回ジョギングするのを習慣にしていました。1回に、30分から1時間ほどは走ります。

 いつものように走ったあとに、足の痛みを感じました。私はこれを、てっきり筋力不足のせいだと思い込んでしまいました。そこで、「もっと走らなければ」と自分にむち打ち、ますますスポーツに励んだのです。

 それにもかかわらず、全力でプレーできない状況が増えてきました。しばらくして、どうも腰の調子がおかしいと気づいたのですが、ときすでに遅し。痛みは悪化するばかりです。

 そこで整形外科を受診し、MRI(磁気共鳴画像診断)などの検査を受けたところ、結果は「脊柱管狭窄症」でした。
 この症状の特徴の一つに、「間欠跛行」があります。しばらく歩くと、痛みやしびれで歩けなくなるのですが、少し休めば、また短い距離を歩けるようになるというものです。

 私の場合も、まさにそれが当てはまりました。道を歩いていても、電柱から次の電柱まで、やっとたどり着けるかどうかといった始末でした。

 腰だけでなく、尻や足にも痛みが走り、つらくてしかたがありません。特に、右のふくらはぎの外側は痛みがひどく、しびれもありました。まともに歩けないので、外出時には、つえが手放せなくなりました。

 最初の整形外科は、ろくに薬も出してくれませんでした。次のところも同様です。3軒めでようやく、痛み止めを処方してもらえました。それを飲むと、多少痛みが和らいだので、よしとしていました。

 ところが、2016年の正月のこと。病院からもらっていた薬を、うっかり切らしてしまったのです。するとまた、激痛が戻ってきました。

 このとき、あらためて「薬は対症療法にすぎず、根本的な治療にはなっていない」と気づかされたのです。飲み続けても先がないなら、飲まなくても同じではないかと、悩んだ末に、薬をやめることにしました。

 一方で、整形外科の医師からは手術を勧められていました。しかし、私はどうも気乗りがしませんでした。
 友人に医師がいるので、手術をどう思うかと意見を聞いてみたところ、彼も、積極的には勧めないとのこと。そこで、根治できるほかの方法はないかと、探し始めたのです。

ゴルフコースを回っても足腰はびくともしない

 弓削周平先生の治療院を知ったのは、そんな折、2016年の5月のことでした。新聞に入っていた折り込み広告に目が留まり、興味を引かれたのです。

 先生は、中国留学の経験があり中医学士の資格を持つとのこと。「本格的な東洋医学の治療を受けられるのでは」と期待を抱き、訪ねることにしました。

 先生には、施術で全身の調整をしてもらいました。そして、セルフケアとして自宅で行うよう勧められたのが、ストレッチと「かかと落とし」でした。

 私は、教わったその日から、かかと落としを就寝前に行うことにしました。少し高さのある台の上に乗るといいと教わったので、部屋の敷居を利用しています。段差の上でつま先立ちをしてから、かかとを床に落としトントンとくり返します。

 初日と2日めは、50回行いました。もっとできそうだと感じたので、3日めからは、1日100回に増やしました。
 こうしてかかと落としを毎日行いながら、定期的に弓削先生のもとに通っていたところ、私の症状は、みるみるよくなっていきました。痛みが引き、最もひどかった右足のふくらはぎの痛みやしびれも取れました。

 症状が治まってからは、さらに回数をこなせるようになったので、1日に300回、かかと落としを行いました。2ヵ月ほどが経った夏ごろに、先生から「もう大丈夫」と太鼓判を押されたので、かかと落としは、そこで終了となりました。

 今では、痛みもしびれも全くなくなりました。疲れがたまったときに若干痛むかどうか、といった程度です。もちろん、間欠跛行で困ることもなく、つえも使わず、普通に歩けます。

 先日はなんと、ゴルフを楽しんできました。広いゴルフコースを1日かけて歩いても、足も腰も、痛みが出ることはなく、びくともしません。ここまで回復できたのだと、喜びをしみじみと噛みしめました。

 あのまま西洋医学に頼って薬を飲み続けたり、気の進まないまま手術を受けたりしても、ここまでよくなることはなかったでしょう。思い切って弓削先生の治療院を訪ねて、ほんとうによかったと思っています。

敷居を利用してトントン!

熱心に行ったことが早期回復につながった(木もれび鍼灸院院長 弓削周平)

辻さんは病院では脊柱管狭窄症という診断でした。足首の過回内が見られたので、初回から、かかと落としをお教えしました。スポーツをされるので可能だろうと見込んだところ、期待以上に熱心に行ってくださり、早期回復につながりました。

 かかと落としは、1日に80~100回以上行うと、症状改善に効果が表れやすいでしょう。ただ、難しい人は、少ない回数から慣らしてもかまいません。無理は禁物です。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-04-05 10:09:41
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-04-03 18:00:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-04-05 10:16:37
私は、朝の起床時と夜の就寝前に、それぞれ5分ずつ行っていますが、最初はそれをするのも大変でした。しかし、無理のない範囲から始めて、だんだんできるようになりました。約3ヵ月後、杖を使わずに歩けるようになり、半年を過ぎたころからは腰の突っ張り感も減ってきました。【体験談】黒岩智子(仮名・パートタイマー・68歳)
更新: 2019-03-16 18:00:00
八木先生は「ダマされたと思って、しばらく続けてみて」と笑顔でおっしゃいました。すると、1週間も経ったころです。冷えていた太ももとひざの裏が温かくなってきました。血流が戻ってきた感じです。その後もまじめに続けたところ、3ヵ月後にはすっかりしびれが消えました。【体験談】守田浩樹(仮名・介護福祉士・28歳)
更新: 2019-03-07 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt