医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

花粉症の8割が改善 「粘膜力」がアップするレンコン

花粉症の8割が改善 「粘膜力」がアップするレンコン

「鼻水やくしゃみがひどい」「目や肌がかゆい」「まぶたが腫れる」といったアレルギー症状にお困りのかたはいませんか。粘膜に原因があるかもしれません。現代人の多くは、粘液が十分に産生されず、粘膜が乾いてしまっています。ストレスや不規則な生活で、アレルギーを症状を招きかねません【解説】和合治久(埼玉医科大学短期大学名誉教授) 


しっとり潤った粘膜が病気やアレルギーを防ぐ

「鼻水やくしゃみがひどい」「目や肌がかゆい」「まぶたが腫れる」といったアレルギー症状にお困りのかたはいませんか。それらは、粘膜に原因があるかもしれません。

 粘膜とは、口や鼻、内臓などの内側を覆う膜状のやわらかい組織のこと。私は、40年以上にわたり免疫学を研究してきましたが、人間の免疫機能を左右するのは、粘膜といっても過言ではありません。

 例えば、毎年冬になると世間を騒がせるインフルエンザですが、口や鼻の中の粘膜がよい状態の人ほどかかりにくいことがわかっています。今の時期、人々を大いに悩ませている花粉症も同様です。

 粘膜がよい状態とは、粘液が潤沢に出ていて、しっとりと潤っていることを指します。粘液は、全身の粘膜から分泌されます。例えば、唾や鼻水は粘液であり、涙の一部にも粘液が含まれています。粘液は、アレルギー物質や病原体が体内へ侵入するのを防ぐ第一のバリアであり、健康を維持するうえで重要な役割を担っているのです。

 粘液には複数の防御物質が含まれていますが、そのなかの代表格がムチンです。ムチンは、粘液の主成分で、これが粘り気の元。異物が粘膜に付着するのを防いで体外へ排出し、粘膜を保護してくれるのです。

 しかし現代人の多くは、粘液が十分に産生されず、粘膜がカサカサに乾いてしまっています。過度なストレスや不規則な生活によるものですが、これでは粘膜が異物をブロックできずに、さまざまなアレルギー症状を招きかねません。

 しかし、ストレスがたまるからといってすぐに仕事を辞めたり、生活習慣を変えたりするのは容易ではないでしょう。そこで私が勧めたいのが、粘液の元となるネバネバ成分を食べ物によって摂取することです。

アレルギーを抑制するとヒトの実験で判明!

 その成分が、糖たんぱく質です。糖たんぱく質は、体内のムチンと類似の働きをします。外部から摂取することで体内のムチンが補充され、乾いた粘膜がしっとりと潤った状態になり、花粉などを防いでくれます。

 この糖たんぱく質を多量に含む食材こそ、レンコンなのです。生のレンコンは強い粘り気が特徴ですが、そのネバネバとした成分が糖たんぱく質です。

 糖たんぱく質は、70度以上で20〜30分加熱すると活性が失われます。なるべく生で摂取するのがいいでしょう。生のレンコンをしっかりと洗って泥を落とし、皮がついたまま薄切りにして食べるのがいちばんのお勧めです。 

 皮をむかないのは、ポリフェノールのフラボノイドという成分が皮付近に多く含まれているからです。フラボノイドは、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンが放出されるのを防いでくれるため、アレルギーの抑制につながります。

 つまり、レンコンは糖たんぱく質とフラボノイドによる二重の働きによって、アレルギーを強力に防いでくれるのです。
 実際に私は、このフラボノイドの働きについて、ヒトで実験を行いました。レンコンエキスを9週間摂取してもらい、血中にあるIgEというアレルギー抗体の濃度を計測したのです。すると、レンコンによってアレルギー症状を引き起こすIgEが抑制されることがわかりました。

 さらに抗酸化作用を示すフラボノイドは、老化や病気を招く要因としてよく知られる「活性酸素」の産生を防いでくれます。活性酸素は、粘膜の働きも低下させますから、この点からも粘膜の機能向上に有効だといえるでしょう。

 糖たんぱく質だけを考えるなら、レンコンのほかにも、サトイモやヤマイモなど豊富に含んでいる食材はあります。しかし、私はレンコンを最強の抗アレルギー食材と考えており、その理由はこの多様な健康成分にあるのです。

 先述したように、レンコンの力を余すことなく摂取するなら、生で皮ごと食べるのが最良ですが、アクが強いために抵抗を感じるかたもいらっしゃるでしょう。そんな人にお勧めなのが、レンコンパウダーです。

 よく洗ったレンコンを皮つきのまま2〜3mmの厚さに切り、2〜3日の間、天日干ししてカラカラになるまで乾燥させます。それをフードプロセッサーやミルミキサー(なければミキサーでも可)で細かく粉砕し、ヨーグルトやみそ汁、スープ、サラダ、炒め物などに振りかけて使ってください。

 なかでも、ヨーグルトとレンコンパウダーは最高の組み合わせです。なぜなら、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、腸内の環境を整えて、より抗アレルギー効果が高まるからです。実際に、レンコンエキスと有胞子乳酸菌(生きたまま消化管に到達する乳酸菌)を混ぜた錠剤を花粉症に悩む人に3ヵ月間摂取してもらったところ、実に81%の人の症状が改善しました。

 レンコンは古来、アレルギー改善の漢方薬として用いられてきました。昔の人もその効果をよくわかっていたのでしょう。皆さんもアレルギー対策にぜひレンコンを活用してください。

解説者のプロフィール

和合治久
1950年生まれ。埼玉医科大学短期大学名誉教授。東京農工大学大学院修士課程修了。京都大学にて理学博士取得。元埼玉医科大学短期大学教授・ 学科長・学長補佐。専門は、比較免疫生物学、免疫音楽医療学。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


美容にもいいオクラ水の効果!肌や粘膜が強くなり花粉症の症状が改善した

美容にもいいオクラ水の効果!肌や粘膜が強くなり花粉症の症状が改善した

オクラには、細胞保護成分や保湿成分として化粧品にも広く使用されているムチンをはじめ、美肌づくりやダイエットにも役立つ栄養素が多く含まれています。腸内環境が整えば便通の改善はもちろんのこと、美肌づくりや血糖値のコントロールに役立ちます。【体験談】居場京子(I.B.A. TOTAL BEAUTY CONSULTING代表)


風邪で休む社員がゼロ!社長自ら社員にいれる「生姜紅茶」の効果

風邪で休む社員がゼロ!社長自ら社員にいれる「生姜紅茶」の効果

生のショウガに含まれる辛味成分のジンゲロールには、強い殺菌効果と血流促進による発汗作用があり、免疫力アップも期待できるといわれています。【体験談】髙上実(髙上青果有限会社代表取締役ドクターベジフル)


生大根の辛み成分で痩せる!美味しい「大根スムージー」のファンが急増中!

生大根の辛み成分で痩せる!美味しい「大根スムージー」のファンが急増中!

私は4年ほど前から「大根スムージー」を食べるようになり、昨年から、大根スムージー講座を定期的に開いています。今では地元だけでなく、首都圏でも開催するようになり、大根スムージーファンは、着実に増えています。【解説】青木久美子(ダイエットアドバイザー)


発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある!注目のシンバイオティクス

発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある!注目のシンバイオティクス

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【昆布酵母体験談】減塩でも美味しい!体に優しい手料理に家族が大満足

【昆布酵母体験談】減塩でも美味しい!体に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


最新の投稿


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)