医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【スタチン系薬剤】コレステロールを下げる薬は本当に必要?知ってほしい副作用

【スタチン系薬剤】コレステロールを下げる薬は本当に必要?知ってほしい副作用

コレステロール値の高い脂質異常症(高脂血症)は、高血圧と同様で、基準値を低く設定することによって作られた病気です。安易に薬を飲む必要はありません。最近では、コレステロール値が高い人のほうが長生きだというデータが発表されています。【解説者】松田史彦(松田医院和漢堂院長)


薬で下げても動脈硬化の予防効果はない!

コレステロールが体に必要な物質であることはだいぶ周知されてきました。
しかし、医療機関ではまだ、コレステロール値を下げる薬が出されています。

最初に申し上げておきます。
コレステロール値の高い脂質異常症(高脂血症)は、高血圧と同様で、基準値を低く設定することによって作られた病気です。

したがって、安易に薬を飲む必要はありません。
コレステロールは、あらゆる細胞の細胞膜の材料として人間の体に欠かせない物質です。

消化に必要な胆汁酸や、ホルモン類なども、コレステロールなしでは作れません。
また、HDLコレステロールを善玉、LDLコレステロールを悪玉と呼ぶのも間違いです。

どちらも体に必要なもので、役割が違うだけです。
このHDLとLDLのバランスも、血圧と同様、体の自然で精巧なしくみが、その人の最適な状態に自動調整しています。

最近では、コレステロール値が220~280mg/dLくらい高い人のほうが、長生きだというデータが数多く発表されています。
また、薬でコレステロール値を下げても、動脈硬化の予防効果は全くないという研究結果も出ています。

私は総コレステロール値が300mg/dLを超える患者さんも、極力コレステロール低下薬の処方以外で対応しています。
代表的なコレステロール低下薬に、スタチン剤(商品名=メバロチン、リピトールなど)があります。

この薬は、肝臓でコレステロールが合成される際に必要な酵素の働きをブロックして、LDLコレステロールの生成を抑制します。
そして同時に、コエンザイムQという物質の合成も阻害します。

コエンザイムQは、強い抗酸化作用があり体に必須です。
不足すると、エネルギーの産生が低下して、心筋の機能が落ちたり、免疫力が低下したりといった弊害があります。

スタチン剤には、肝障害、横紋筋溶解症(筋肉が血液中に溶け出す病気)、ミオパチー(筋線維の壊死)などの重篤な副作用があります。
それに加え、コエンザイムQまで不足するので、感染症やガンのリスクも高まります。

このようなリスクを負ってまで、スタチン剤を使う意味はありません。
コレステロール低下薬は、急にやめても、リバウンドはほとんどありません。

比較的、簡単にやめられる薬です。

抗凝固薬と抗血小板薬の併用は出血の危険性大!

心筋梗塞や脳梗塞の患者さんには、たいてい、スタチン剤のようなコレステロール低下剤とともに、血液を固まりにくくする抗血栓薬が処方されます。
抗血栓薬には、大きく二つの系統があります。

一つは、血液を凝固させる「フィブリン」という成分を阻害する「抗凝固薬」です。
不整脈や心不全などで血流が滞り、血液が固まりやすくなって起こるフィブリン血栓(血液の塊かたまり)を予防します。

代表的な薬は、ワルファリンカリウム(商品名=ワーファリンなど)です。
もう一つは、出血の際に血液を固まらせて止血する「血小板」という成分を阻害する「抗血小板薬」です。

主に動脈硬化による血小板血栓を予防する薬で、アスピリン(商品名=バイアスピリン)がよく使われます。
血液を固まりにくくするということは、一方で、出血を止まりにくくすることでもあります。

当然、抗凝固薬や抗血小板薬を飲むと、出血しやすく、かつ止まりにくくなります。
副作用として、眼底出血、鼻血、歯茎の出血、肺出血、消化管出血、血尿など、あらゆるところに出血傾向が出ます。

脳出血を起こせば、命にかかわります。
なお、抗凝固薬のワーファリンは、ビタミンKを含む納豆や野菜が禁忌です。

これはビタミンKがワーファリンの働きをじゃまするからです。
そこで近年、納豆を食べられる抗凝固薬が登場。

ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩(商品名=プラザキサ)や、アピキサバン(商品名=エリキュース)という薬です。
しかし、これらの薬の添付文書には、警告として「本剤の抗凝固作用を中和する薬剤はない」と記されています。

添付文書には副作用が具体的に明記されている

つまり、出血したら止めることができないわけです。
このような怖い薬を安易に使うべきではありません。

抗凝固薬と抗血小板薬を併用すると、出血を起こす危険性が増すと研究でわかっています。
しかし、これらの薬を両方処方する医師が少なくありません。

心筋梗塞や脳梗塞を一度でも起こした患者さんは、「再発」という不安と恐怖を常に抱えています。
その不安から、患者さんは薬を飲み続けるのです。

しかし、梗塞の予防の裏には、出血の危険性が確実にあります。
ですから、これらの薬は最小限にするべきです。

現在、抗凝固薬と抗血小板薬の両方を処方されているというかたは、ほんとうに飲む必要があるのか、主治医に確認してください。
納得のいく答えをもらえないようなら、別の医師に代えたほうがいいでしょう。

血管の詰まりには、食事や運動やストレスなど、さまざまな要因がかかわっています。
そこから見直すことが、本来の予防です。

したがって、血液を安全にサラサラにする青魚を積極的に食べたり、運動を行ったりするなどの生活改善が必要です。
私は、不安が強くて、抗凝固薬や抗血小板薬をやめられない患者さんには、減薬しながら、青魚に含まれるEPAやDHAのサプリメントと、血流をよくする漢方薬(桂枝茯苓丸など)を飲んでもらっています。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


バナナの健康作用と効果的な食べ方 血圧を下げるなら「朝」!

バナナの健康作用と効果的な食べ方 血圧を下げるなら「朝」!

私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)


【チョコレートの健康効果】血圧を下げHDLの値が上昇!お勧めは純ココア

【チョコレートの健康効果】血圧を下げHDLの値が上昇!お勧めは純ココア

チョコレートやココアには「甘くて高カロリーの嗜好品」というイメージがついて回ります。そのため、ダイエットや健康に気を使う人からは敬遠されがちな食品です。しかし、それはとてももったいないことです。健康にいい成分として注目されている「ポリフェノール」が非常に豊富な食品だからです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


不整脈が改善!ファイトケミカルのは捨てる部分にたっぷり!「野菜のくずスープ」とは

不整脈が改善!ファイトケミカルのは捨てる部分にたっぷり!「野菜のくずスープ」とは

今回ご紹介するのは「くず野菜スープ」です。「野菜のくず」を生ごみに出しているかたが多いのではないでしょうか。しかし、これらは「くず」ではなく、実際は体に有用な成分の宝庫です。紫外線やウイルス、細菌などから身を守るファイトケミカルは野菜の外側にこそ多くあるのです。【解説】佐古田三郎(刀根山病院院長・大阪大学名誉教授)


【冷え性改善】「酢ショウガ」とは健康に役立つ万能調味料 疲労回復には水割りが効果てきめん!

【冷え性改善】「酢ショウガ」とは健康に役立つ万能調味料 疲労回復には水割りが効果てきめん!

私自身、10年近く前からこの酢ショウガを愛用して、健康に役立てています。 フードコーディネーター、料理教室、企業の栄養指導などの仕事のほかに、家では主婦として家事もこなす毎日、朝から深夜まで忙しくしていますが、それでも元気なのは、酢ショウガのおかげだと思うのです。【解説】若宮寿子(若宮ヘルシークッキングスタジオ主宰)


慈恵医大を創設した軍医・高木兼寛は「大麦」の栄養に注目していた

慈恵医大を創設した軍医・高木兼寛は「大麦」の栄養に注目していた

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。大麦は、ビタミンB群やミネラル類を多く含む栄養豊富な食材です。成分の中でも特筆すべきなのが、食物繊維の多さです。【解説】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院 管理栄養士)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)