首のこり・肩こりが【めまいの真原因】患者の7割に効果「首の3点押し」のやり方

首のこり・肩こりが【めまいの真原因】患者の7割に効果「首の3点押し」のやり方

私は、首のコリを医院で治療するほか、「首の3点押し」など、自宅でできる方法も指導しています。その結果、今までどんな治療を施しても、改善がみられなかった患者さんでも、1ヵ月以内に治療効果を得ています。【解説】入野宏昭(IR健康管理システム・入野医院院長)


1カ月で76%が改善

→【医師報告】めまい患者の9割は首がこっている!

 私は、首こりを医院で治療するほか、「首の3点押し」など、自宅でできる方法も指導しています。
 その結果、今までどんな治療を施しても、改善がみられなかった患者さんでも、1ヵ月以内に治療効果を得ています。

 首には、いろいろな筋肉があります。その中でも、耳の付け根から首の両脇に沿って走っている胸鎖乳突筋は、神経の中継地点であり、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)や血流に影響が出やすい箇所です。

 そこで、首の3点押しは、この筋肉を治療ポイントとしています。胸鎖乳突筋の3点を指でつまむマッサージです。
 胸鎖乳突筋のこりをほぐすことで、自律神経のバランスが整い、血流もよくなります。その結果、滞っていた耳への血流も回復し、めまいの軽減、かつ場合によっては耳鳴りが改善できるというわけです。

 めまいのある患者さん136人に、治療と並行して、首の3点押しを含む、いくつかのマッサージを1日3回続けてもらいました。すると、実践から約1ヵ月で、実に76%の人が効果を実感しているという結果でした。

 めまいの対策には、首の3点押しのほか、パソコンや編み物、テレビを見るときの姿勢の改善も大切です。また、高齢者の頸性めまいには、体幹や骨格の変形が原因の場合があるので、日常の運動も必要です。
 めまいが起こるのを恐れて、首を動かさないよう安静にする人がいますが、むしろストレッチなどで身体を動かして血流をよくするほうが効果的です

よい状態を長引かせるケアが大事

 データ上、めまいは50歳前後の年齢層に頻発するとされます。ただ、私の実感では30~40代の女性に増えているようです。

 特に働いている女性は、パソコン業務や育児、家事、さらに介護などにも追われることがあるでしょう。これは、首こりが、疲労やストレスから起こるということと、無関係ではないはずです。
 症状が起こるタイミングとしては、眠れなかったり、疲労がピークに達したときと、その反対に、緊張がほどけてほっとしたときに起こりやすい傾向があるようです。

 残念ながら、めまいは、完全に治る病気だとは言えません。とは言え、悪くなったり、改善したりをくり返しながら、できるだけいい状態が、長持ちするようにケアしていくことが大事だと思います。
 そうしたことからも、ぜひ、この簡単な首の3点押しを、日常生活に取り入れていただきたいと思っています。
 ただし、全身の動脈硬化があったり、重い高血圧や糖尿病がある人は行わないようにしてください。

【めまい・耳鳴り】自律神経ネットワークを整える最も簡単な方法「耳もみ」で症状改善
首こりと肩こりが原因の【めまい・耳鳴り・難聴】は「わきもみ」で改善できる!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】


【やり方】脳が活性化する「きくち体操」全身の血流アップで心身の不調を改善できる

【やり方】脳が活性化する「きくち体操」全身の血流アップで心身の不調を改善できる

毎日足の指を動かし、育てていけば、足の指1本1本を意識して動かせるようになります。「体を意識して動かす」作業は、自分の体と向き合い、自分を見つめる作業です。それは、自分の体を大切にし、今まで見失っていた本来の自分を取り戻すことにもなります。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】