MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【腰痛改善】ほぐすのは「筋肉」ではなく「膜」だった!うつぶせユラユラだけ

【腰痛改善】ほぐすのは「筋肉」ではなく「膜」だった!うつぶせユラユラだけ

昨今、治療業界では「体の痛みは、筋膜のゆがみが原因」という考え方がブームになっています。筋膜とは筋肉を包んでいる薄い膜を指します。この筋膜のゆがみをリセットし、体の痛みを取り除こうと多くの治療家や識者がさまざまな手段でアプローチしています。【解説】舟波真一(理学療法士・バイニーアプローチセンター代表)

解説者のプロフィール

舟波 真一
1971年生まれ。理学療法士。人間環境情報修士。諏訪赤十字病院勤務などを経て、バイニーアプローチセンターを設立、施術にあたる。山岸茂則先生との共著に『痛みはうつぶせで治しなさい』(小学館)がある。
●バイニーアプローチセンター
http://www.bini-center.com/

痛む箇所をグリグリ押すと痛みは逆に大きくなる

昨今、治療業界では「体の痛みは、筋膜のゆがみが原因」という考え方がブームになっています。
筋膜とは、筋肉を包んでいる薄い膜を指します。

この筋膜のゆがみをリセットし、体の痛みを取り除こうと、多くの治療家や識者が、さまざまな手段でアプローチしています。
しかし、ゆがみを取り除くのは、筋膜だけでいいのでしょうか。

実は、膜に包まれているのは、筋肉だけではありません。
骨を包む骨膜、関節を包関節包、心臓を包む心膜など、私たちの体を構成している全器官は、筋肉同様、薄い膜に包まれているのです。

このように、全身を包むすべての膜を総称して「膜組織」といいます。
私たちの体は、この膜組織が積み重なって形作られているのです。

例えば、腕の断面図をイメージしてください。

体は膜組織が何層も重なりできている

中央には、体を支える骨があり、その骨を骨膜が包んでいます。
そこから外側の皮膚に向かっていくと、

❶ 骨と骨膜→❷ 筋膜に包まれた内側の筋肉(インナーマッスル)→❸ 筋膜に包まれた外側の筋肉(アウターマッスル)→❹ 膜組織に包まれた皮下脂肪→❺ 皮膚

という順番で重なっています。

膜組織のゆがみが悪化すると、さまざまな体の痛みを引き起こす

このように、腕に注目しただけでも、いくつもの膜組織が積み重なっていることがわかります。
このような層が、腕だけではなく、私たちの全身にスッポリと収まっています。
そのため、全身の膜組織は、それぞれに密接な関係性を持ったネットワークを形成しているのです。

膜組織は、鶏肉のうす皮のような、半透明の薄い膜でできています。
脆弱そうな見た目とは裏腹に、ピアノ線ほどの強度を持っています。

この強靭な膜組織が、筋肉や脂肪、内臓などを包んでいるからこそ、私たちの体はしっかりと形作られているのです。
これがゆえんで、膜組織は「第二の骨格」とも呼ばれています。

正常な膜組織は、柔軟性に富み、私たちの動きに応じて滑らかにしなり、変幻自在に形を変えます。
つまり、柔軟な膜組織があるからこそ、スムーズな動作が可能になるわけです。

しかし、加齢や悪い姿勢、不健康な生活習慣などが原因で、膜組織がかたくゆがんでしまうと、歩きづらくなったり、関節が曲がりにくくなったりします。
そして、膜組織のゆがみが悪化すると、さまざまな体の痛みを引き起こすのです。

誤解しているかたがほとんどですが、体の痛みは、必ずしも痛みが現れている部分の筋肉に起こっているわけではありません。
そもそも痛みは、膜組織が受け取った刺激を、脳が「痛い」と感じ取っているものです。

膜組織の表面には、痛みや温度などの刺激を受け取る受容器が、無数に存在します。
膜組織がゆがんだりかたくなったりすると、受容器から受け取る刺激に狂いが生じ、脳に誤った刺激が送られます。

すると、通常なら痛みを感じない刺激でも、脳は「痛い」と勘違いしてしまうのです。
さらに、膜組織のゆがみは、その周辺の神経や血管を圧迫する場合もあります。

この場合も、脳は「痛い」と感じ取ってしまいます。
痛みを取るには、ゆがんだ膜組織をほぐすことが必要なのです。

ところが、多くの人は、痛みを感じている部位の筋肉を、グリグリと強い力で押したり、バキバキと関節を曲げるようなマッサージを受けたりしています。
実は、それらは逆効果で、さらに痛みを大きく感じる原因となります。

私たちの体の約7割は、水分で構成されています。
膜組織も同様に、非常に多くの水分を含んでいます。

前述したように、皮膚の下には膜組織の層がありますが、そこを強くマッサージすると、膜組織の水分が押し出され、かたくなってしまうのです。

腰の激痛が和らいだ!術後の歩行困難が改善!

では、どうすれば膜組織はほぐれるのでしょうか。
そこで、皆さんにお勧めしたいのが、私と山岸茂則先生が考案した「うつぶせユラユラ」です。

うつぶせになってお尻をユラユラと揺らすだけで、おなかへの刺激や、ユラユラするリズムによって、全身の膜組織のゆがみがほぐれます。

膜組織がやわらかくなれば、脳に伝わる情報が正常に戻るため、「痛い」という誤った情報を感じなくなるのです。

さらに、体をユラユラさせるリズムは、脳と体のリズムのズレを調節し、運動機能の向上にもつながります。
このリズムのズレは、さまざまな不定愁訴の原因にもなるので、それらの改善にも役立ちます。

実際に、うつぶせユラユラを実行した人からは、「腰の激痛が和らいだ」「原因不明の回転性めまいが完治した」「人工股関節手術後の歩行困難が改善した」「姿勢がよくなった」など、喜びの声が続出しています。
長年治療しても改善しない原因不明の痛みや症状などは、膜組織のゆがみが原因である可能性が高いと思います。

実際、私と山岸先生は、痛みに悩む多くの患者さんを、膜組織の調整によって、痛みから解放してきました。
ぜひ皆さんもうつぶせユラユラを試し、全身を膜からほぐしてください。

うつぶせユラユラのやり方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
人間の体は、精密機械のようなものです。どんなによい機械でも、使い続ければ調子が悪くなり、壊れやすくなります。同様に、人間の体も年齢を重ねると、あちこちに具合の悪いところが出てきます。しかし、定期的にメンテナンスをすれば、悪くなる度合いをゆるやかにできます。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)
更新: 2019-06-07 00:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)
更新: 2019-05-13 18:00:00
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt