【自律神経の乱れを治す方法】不眠、難聴、耳鳴りに効果の「うつぶせユラユラ」とは

【自律神経の乱れを治す方法】不眠、難聴、耳鳴りに効果の「うつぶせユラユラ」とは

うつぶせユラユラは、自律神経のバランスを調節する働きがありますが、特に副交感神経を優位にさせる力が大きいのでしょう。うつぶせユラユラを行っているかたに話を聞くと、「心も体もリラックスする」「寝る前に実行すると、スーッと入眠できる」という声が多いそうです。【解説】小林理(長野赤十字病院呼吸器外科部長 )


耳周辺の血流がよくなりめまいや難聴が改善!

私と山岸茂則先生は、もう20年以上のつきあいです。
山岸先生は、非常に優秀な理学療法士であり、多くの患者さんと同様、私も大きな信頼を寄せています。

その山岸先生が、舟波真一先生とタッグを組んで、豊富な臨床経験をもとに考案されたのが「うつぶせユラユラ」です(やり方は別記事参照)。
私は呼吸器外科が専門ですが、全身の膜組織に注目されたことは、非常に興味深いと思いました。

実際に呼吸器の手術をする際は、筋肉を包む筋膜、骨を包む骨膜、血管や神経を包む膜など、さまざまな膜組織を目の当たりにします。
これらを、いかに適切に処置するか否かで、術後の経過が大きく左右されることを、私は身を持って知っています。

それほど膜組織は、各器官を守る非常に重要な組織なのです。
さらに私が注目したのは、うつぶせユラユラが、神経を介して全身に作用している点です。

うつぶせの姿勢や、ユラユラと揺れることが、腸への物理的な刺激となり、それが神経に働きかけていると推察できます。
腸と深い関係があるのが、自律神経です。
自律神経は、私たちの意志とは無関係に働き、体調を整えている神経です。

自律神経には、交感神経(活動時に働く神経)と副交感神経(休息時に働く神経)があり、互いにバランスを取りながら、内臓の働きや血流、体温など、生命維持に必要なあらゆる機能をコントロールしています。
自律神経は、多くの神経細胞が集まっている脳がコントロールしていますが、腸にも、脳に匹敵するほどの神経細胞が存在します。

近年の研究で、腸と脳は、お互いに作用しながら、自律神経を調節していることが判明しているのです。
このことから、「腸は第二の脳」とも呼ばれます。

うつぶせユラユラは、自律神経のバランスを調節する働きがありますが、特に副交感神経を優位にさせる力が大きいのでしょう。
うつぶせユラユラを行っているかたに話を聞くと、「心も体もリラックスする」「寝る前に実行すると、スーッと入眠できる」という声が多いそうです。

私もうつぶせユラユラを行いましたが、心身が深くリラックスすることを実感しました。
これこそ、副交感神経が優位になっている端的な証拠です。

副交感神経が優位になると、末梢血管が拡張し、全身の血行改善につながります。
血行が促されれば、冷え症やむくみはもちろん、高血圧や糖尿病など、生活習慣病の改善も期待できます。

また、耳周辺の微小血管の血流もよくなるので、難聴や耳鳴り、めまいの改善にもつながるでしょう。
さらに、腸管の動きが向上するので、便秘の改善にも役立ちます。

実際、便通がよくなったかたは多いそうです。
便秘が改善すれば、腸内環境も整うので、さまざまな健康効果が期待できます。

このように、自律神経のバランスが整うことで、さまざまな好循環が生まれます。

就寝前にユラユラすれば睡眠の質が高くなる!

聞いたところによれば、うつぶせユラユラを行うと、呼吸が深くなったり楽になったりするかたが多いそうです。
うつぶせの姿勢で、呼吸が楽になることはありません。

呼吸が楽になる姿勢は、あおむけから少し上半身を起こした状態です。
ですから、うつぶせユラユラで呼吸が楽になるというのは、やはり、自律神経が調節される働きによるものでしょう。

副交感神経が優位になれば、全身の筋肉の緊張がほぐれていき、筋肉のコリや痛みの緩和につながります。

呼吸器に関していえば、肋間筋(肋骨の間にある筋肉)の緊張が和らぎ、胸郭(胸部をとりまく骨格)や横隔膜(肋骨の内側にある筋肉)の動きがよくなにより、うつぶせユラユラの最も優れた点は、誰でも簡単に実行できることです。

やり方がとてもシンプルで、そしてなにかしらの効果をすぐに実感できる、実にすばらしい体操だと思います。
現代人は、過度のストレスや誤った生活習慣などで、自律神経のバランスが乱れ、さまざまな心身の不調に悩んでいるかたがたくさんいます。

よりリラックス効果を得たいかたは、副交感神経が優位になりやすい夜の時間帯や、就寝前に実行するといいでしょう。

速やかな入眠や深い睡眠は、心身の修復を促します。

うつぶせユラユラは、忙しい現代人でも、簡単に実行できるので、ぜひ試していただきたいものです。
もちろん、体の不調を感じたときは、まずは専門の医療機関で診察を受けて、しかるべき治療を受けましょう。
そのうえで、セルフケアとしてうつぶせユラユラを試されることをお勧めします。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【お腹をさする効果】方向は「時計回り」でガス腹解消!原因不明の痛みが取れる

【お腹をさする効果】方向は「時計回り」でガス腹解消!原因不明の痛みが取れる

体のどこかが痛くて病院で検査を受けたものの、「どこにも悪い箇所は見つからない」「原因がよくわからない」などといわれたことはないでしょうか。体に痛みや不快感を抱えても、その原因が医療機関で見つからないケースは、少なくありません。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)


くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さに左右差があると、骨盤や全身の骨格が左、または右に傾いています。このゆがみは、腰痛や生理痛、便秘、冷えなど全身の不調につながります。そうした骨格のゆがみを矯正するために私が指導している方法が、両ひざをひもで縛る「ひざ縛り」です。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)