MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【片頭痛、顎関節症が改善】医師が勧める「指の2点押し」のやり方

【片頭痛、顎関節症が改善】医師が勧める「指の2点押し」のやり方

どこに行っても治らない、原因不明の痛みやしびれに悩まされている患者さんが当院にはおおぜい来られます。そういう患者さんに私が行うのが「遠絡療法」という治療法です。頭痛や顔の痛み、足の裏の痛みやしびれなどが即座に改善したと、患者さんにも大変好評なのです。【解説】小泉正弘(小泉医院遠絡医療センター院長)

解説者のプロフィール

小泉 正弘
1949年、台湾生まれ。台北医学大学薬学部卒業。78年、長崎大学医学部卒業後、長崎大学熱帯医学研究所内科を経て、東京女子医科大学母子医療センター助教。元・北京中医薬大学客員教授。2009年、遠絡療法の創始者、柯尚志医師に出会い、遠絡療法の優れた効果に驚愕。以後、遠絡療法を学び、普及に努める。15年より小泉医院遠絡医療センター院長に就任。
●小泉医院遠絡医療センター
http://koizumi-enrac.webmedipr.jp/index.html

生体の流れを調節する手のスイッチを押すだけ

どこに行っても治らない、原因不明の痛みやしびれに悩まされている患者さんが、当院にはおおぜい来られます。
そういう患者さんに私が行うのが、「遠絡療法」という治療法です。

遠絡療法は、西洋医学と東洋医学を融合し、発展させた新しい療法で、医師の故・柯尚志先生が考案されたものです。
一見、東洋医学の経絡(一種の生命エネルギーである気の通り道)を使った治療に似ていますが、治療の考え方や方法は大きく異なります。

遠絡療法が重視しているのは、体の中を流れている「生体の流れ(ライフフロー)」です。
人間の体の中には、血液、リンパ液、ホルモン、髄液などの体液の流れや、神経の流れがあります。

これらの流れが全身を滞りなく循環することによって、体の各所は活性化され、健康な状態が維持されます。
ところが、この流れが阻害されたり滞ったりすると、ちょうど川の流れがせき止められるように、大事なものが体のすみずみに運ばれなくなり、病気や痛みなどが引き起こされるようになるのです。

遠絡療法は、この滞った生体の流れを正常に戻すことによって、痛みやしびれなどの症状を改善します。
さらには、病気の回復も促します。

東洋医学では、体の中に経絡という気の通り道が張り巡らされており、その経絡上にあるツボを刺激して体の機能を調節します。
遠絡療法は、この経絡をベースにした「ライン」上の治療ポイントを刺激して、生体の流れを調整します。

ラインは、左右の手足に12本ずつの24本と、体の中央に2本、合計26本通っています。
手の指には、手足の12本のラインを刺激するスイッチがあります。

今回は、遠絡療法の一つで、この手の指にある12本のラインを利用した、「指の2点押し」をご紹介しましょう。
指の腹(指の内側のふくらみ)にある二つのスイッチを押すだけという、誰にでも簡単にできる治療法です。

しかし、その効果は優れたものがあります。
頭痛や顔の痛み(三叉神経痛、顔面けいれん)、足の裏の痛みやしびれなどが、即座に改善したと、患者さんにも大変好評なのです。

頭部、陰部、手足の指先や足の裏の血流がよくなる

手のひらを上にしてください。
指の腹は、関節によって三つの部分に分かれています。

人差し指から小指までの4本の指を合わせると、指の腹は全部で12ヵ所あります。
この12の指の腹は、それぞれ、手足にある12のラインにつながっています。

手の指が対応する部位は、頭部、陰部、手足の指や足の裏です。
指の腹の治療ポイントを押すと、それらの部位の血流がよくなり、痛みやしびれ、冷えなどの症状がたちまち改善するのです。

脳の血流もよくなるので、脳卒中や認知症にもよい影響を及ぼします。
これらの治療には、ほかの遠絡治療も必要ですが、指の2点押しだけでも予防・改善効果は期待できます。


指の2点押しで、頭痛が改善した例をご紹介しましょう。

Aさん(63歳・女性)は、パソコンなどで根を詰めると、右目の奥から頭全体にかけて、鈍痛がよく起こりました。
目や首の血流を促す漢方薬を処方してもらい飲んでいましたが、あまり効果はなかったそうです。

当院では、Aさんに遠絡療法を行うとともに、頭痛に効く指の2点押しを教え、自宅でもやってもらうことにしました。
Aさんは、指の2点押しを自宅以外でも、バスの移動中などに行ったそうです。

その結果、頭痛が起こることが減り、漢方薬も不要になりました。
以前より体が軽くなり、体調もよくなったそうです。

指の2点押しの具体的なやり方は下記をご覧ください。


頭痛、片頭痛、足指や足の裏の痛み(しびれ)、顎関節症に効く方法を紹介しています。
頭痛と片頭痛を分けたのは、痛む場所で指の押す場所が異なるからです。

頭の中央部付近や全体が痛む場合は頭痛のやり方で、頭の片側(側面)がズキズキ痛む場合は、片頭痛のやり方が有効です。
わかりにくい場合は、両方行ってもかまいません。

歩行が困難な足指や足の裏の痛みやしびれ、あごが痛くて食事もままならない顎関節症にもよく効くので、ぜひ試してください。

指の押し方

治療点となる指の腹に、反対側の親指の先を当て、まずまっすぐにグーッと深く押してから、指先に向けて1~2分強く押します。
もう一つの治療点も同じ要領で押してください。

生体の流れは、肩から指先に向かって流れています。
その流れに沿って刺激することで、停滞した流れを回復します。

親指を立てて強く押しますから、皮膚が傷つかないように、爪は短く切っておいてください。
かわりに、はしを使ってもけっこうですが、とがったはし先ではなく、丸い頭の部分で押しましょう。

指の2点押しは、1日に3回を目安に行ってください。
痛みがひどい場合は、それ以上行ってもかまいません。

指の2点押しのやり方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)
更新: 2019-05-12 18:00:00
常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)
更新: 2018-10-17 07:00:00
42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)
更新: 2018-09-15 08:00:00
「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)
更新: 2018-08-17 18:00:00
私は鍼灸やいろいろな手技療法を取り入れたセルフケアを、患者さんに勧めています。そんな健康法の一つに、「耳ひっぱり」があります。これは、両耳を指で軽くつまんで、ごく弱い力で2~3分間ひっぱるというものです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)
更新: 2018-09-11 15:39:09
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt