【腎臓病の食事】クレアチニン値の改善に 腎臓に良い食べ物 悪い食べ物はコレだ

【腎臓病の食事】クレアチニン値の改善に 腎臓に良い食べ物 悪い食べ物はコレだ

腎臓病治療で勧められる食事といえば、「低塩分・低カリウム・低たんぱく」が主流です。しかし、そうした制限のない食事療法を40年以上前から提唱し、腎臓病の予防・改善に実績を上げている森下敬一先生の食事療法をご紹介します。 【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


腎臓病治療で勧められる食事といえば、「低塩分・低カリウム・低たんぱく」が主流です。
しかし、そうした制限のない食事療法を40年以上前から提唱し、腎臓病をはじめ、あらゆる病気の予防・改善に実績を上げているのが、お茶の水クリニック院長の森下敬一先生です。
ここでは、「森下自然医学」にのっとり、食材の選び方やお勧めのメニューをご紹介します。
まずは1ヵ月実践し、体調の変化を実感してください。

※森下敬一先生の記事は別記事に紹介しています。

腎機能をアップする食事とは

森下自然医学では、「食物が腸で血液をつくる→血液が細胞をつくる→だから、血液をきれいにする食物を摂取する必要がある」という考えに基づき、食事療法に重点を置いています。
血液の汚れは万病の元で、それは腎臓病も同じです。

一般的に腎臓の負担になるとされる、「塩」「カリウム」「たんぱく質」については、
  ・塩は、人体の機能を維持するのに必須。自然塩を適量とる。
  ・カリウムは、利尿作用を促し、体内の老廃物排出に役立つので、多めにとる。
  ・たんぱく質は、消化しやすく腸を汚さない、ダイズ製品や小魚などからとる。
といった方針を推奨しています。

【○】腎臓にやさしいOK食品

●アズキ
●玄米
●ハトムギ、アワ、ヒエ、キビなどの雑穀
●黒パン(玄米パン、ライ麦パンなど精白していないパン)
●そば
●根菜類(ダイコン、ニンジン、レンコン、ゴボウ、ヤマイモ、カブ、ジャガイモ、ショウガなど)
●ネギ類(ネギ、タマネギ、ニンニク、ニラなど)
●その他の野菜類(シュンギク、コマツナ、シソ、オクラ、パセリ、ミツバ、キャベツ、カリフラワー、クレソン、モヤシなど)
●豆類(豆腐、納豆、高野豆腐、おから、黒豆など)
●海藻類(ヒジキ、コンブ、ワカメなど)
●キノコ類(シイタケ、マイタケ、シメジ、ナメコ、エリンギなど)
●小魚類(シラス、ジャコ、煮干しなど、まるごと食べられる物)
●発酵食品(添加物を使わない、みそ、しょうゆ、みりんなど)
●梅干し、すりゴマ、トウガラシ、シソの実
●果物(スイカ、リンゴなど)
●木の実・種(アーモンド、ピーナッツ、ギンナン、カボチャの種など)
●自然塩
●黒砂糖
●ハチミツ

腎臓に負担をかけるNG食品

●肉類
●大型の魚類
●牛乳・乳製品
●卵
●精白した穀類(白米、白パン、うどんなど)
●添加物の多い加工食品(スナック菓子、インスタント 食品など)
●酸化した油脂類を含む食品(揚げ物、炒め物など)
●精製塩、砂糖

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ガブ飲み注意】経口補水液の正しい飲み方 高血圧の人は要注意 水分補給は水で十分

【ガブ飲み注意】経口補水液の正しい飲み方 高血圧の人は要注意 水分補給は水で十分

経口補水液とは、食塩とブドウ糖を水に溶かした飲料のことで、オーエスワン(OS-1)等の商品名で市販されています。下痢、嘔吐、発熱等の症状が原因で脱水症状が起こった際の、水分補給が目的の飲料です。近年は、熱中症対策としても知られるようになりましたが、使用には注意が必要です。【解説】水谷暢秀(水谷脳神経外科クリニック院長)


【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

漢方の古典である『本草綱目』にも、ハトムギは胃腸の働きを活発にするとあります。胃腸の消化・吸収がよくなるので、体に活力も湧いてきます。また、ハトムギには食物繊維が多く、腸のぜん動運動(便を送り出す動き)を促進します。その面でも便秘の改善に役立ちます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


血糖コントロール【骨ホルモンの効果】"かかと落とし"でオステオカルシン分泌

血糖コントロール【骨ホルモンの効果】"かかと落とし"でオステオカルシン分泌

2007年に骨から作られるたんぱく質の一種「オステオカルシン」が、膵臓に働きかけてインスリンの分泌を促進し、血糖をコントロールする(血糖値を下げる)と発表されたのです。通称、「骨ホルモン」とも呼ばれます。【解説】太田博明(国際医療福祉大学教授・山王メディカルセンター女性医療センター長)


【クレアチニンを下げる運動】腎臓病が改善 ネフローゼの尿蛋白が陰性になった症例も

【クレアチニンを下げる運動】腎臓病が改善 ネフローゼの尿蛋白が陰性になった症例も

私は、腎機能の衰えた慢性腎臓病(CKD)の患者さんに、この毛管運動を勧めています。毛管運動は、あおむけになり手足を上に伸ばし、小刻みに手足を動かす運動です。この運動を行うと、たちまち毛細血管の流れがよくなります。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【腎臓病の治療】「透析療法」のしくみを医師が解説!注意点は?「在宅血液透析」「腎移植」とは?

【腎臓病の治療】「透析療法」のしくみを医師が解説!注意点は?「在宅血液透析」「腎移植」とは?

腎臓病が進行して腎機能が著しく低下すると、通常、機械を使って血液をろ過する「透析療法」を始めることになります。透析療法には、ダイアライザー(透析膜)という装置を利用する「血液透析」と、自分の腹膜を利用する「腹膜透析」があります。【解説】金田浩(かもめクリニック理事長)


最新の投稿


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)