MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【腎臓病の食事】クレアチニン値の改善に 腎臓に良い食べ物 悪い食べ物はコレだ

【腎臓病の食事】クレアチニン値の改善に 腎臓に良い食べ物 悪い食べ物はコレだ

腎臓病治療で勧められる食事といえば、「低塩分・低カリウム・低たんぱく」が主流です。しかし、そうした制限のない食事療法を40年以上前から提唱し、腎臓病の予防・改善に実績を上げている森下敬一先生の食事療法をご紹介します。 【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)

腎臓病の予防・改善に実績を上げている森下敬一先生の食事療法

腎臓病治療で勧められる食事といえば、「低塩分・低カリウム・低たんぱく」が主流です。
しかし、そうした制限のない食事療法を40年以上前から提唱し、腎臓病をはじめ、あらゆる病気の予防・改善に実績を上げているのが、お茶の水クリニック院長の森下敬一先生です。
ここでは、「森下自然医学」にのっとり、食材の選び方やお勧めのメニューをご紹介します。
まずは1ヵ月実践し、体調の変化を実感してください。

※森下敬一先生の記事は別記事に紹介しています。

腎機能をアップする食事とは

森下自然医学では、「食物が腸で血液をつくる→血液が細胞をつくる→だから、血液をきれいにする食物を摂取する必要がある」という考えに基づき、食事療法に重点を置いています。
血液の汚れは万病の元で、それは腎臓病も同じです。

一般的に腎臓の負担になるとされる、「塩」「カリウム」「たんぱく質」については、
  ・塩は、人体の機能を維持するのに必須。自然塩を適量とる。
  ・カリウムは、利尿作用を促し、体内の老廃物排出に役立つので、多めにとる。
  ・たんぱく質は、消化しやすく腸を汚さない、ダイズ製品や小魚などからとる。
といった方針を推奨しています。

【○】腎臓にやさしいOK食品

●アズキ
●玄米
●ハトムギ、アワ、ヒエ、キビなどの雑穀
●黒パン(玄米パン、ライ麦パンなど精白していないパン)
●そば
●根菜類(ダイコン、ニンジン、レンコン、ゴボウ、ヤマイモ、カブ、ジャガイモ、ショウガなど)
●ネギ類(ネギ、タマネギ、ニンニク、ニラなど)
●その他の野菜類(シュンギク、コマツナ、シソ、オクラ、パセリ、ミツバ、キャベツ、カリフラワー、クレソン、モヤシなど)
●豆類(豆腐、納豆、高野豆腐、おから、黒豆など)
●海藻類(ヒジキ、コンブ、ワカメなど)
●キノコ類(シイタケ、マイタケ、シメジ、ナメコ、エリンギなど)
●小魚類(シラス、ジャコ、煮干しなど、まるごと食べられる物)
●発酵食品(添加物を使わない、みそ、しょうゆ、みりんなど)
●梅干し、すりゴマ、トウガラシ、シソの実
●果物(スイカ、リンゴなど)
●木の実・種(アーモンド、ピーナッツ、ギンナン、カボチャの種など)
●自然塩
●黒砂糖
●ハチミツ

腎臓に負担をかけるNG食品

●肉類
●大型の魚類
●牛乳・乳製品
●卵
●精白した穀類(白米、白パン、うどんなど)
●添加物の多い加工食品(スナック菓子、インスタント 食品など)
●酸化した油脂類を含む食品(揚げ物、炒め物など)
●精製塩、砂糖

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
最新記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
手洗いの時間の目安は、おおよそ30秒。次のような手順で洗っていくと、少なくともそれくらいの時間が必要であることが実感できるでしょう。
新型コロナウイルスには、まだ特効薬やワクチンはなく、感染しないための予防法を徹底することが重要です。自分一人ひとりができる感染症対策のポイントをチェックしてみましょう。
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt