膝痛が改善して正座ができた!美しく痩せるだけじゃない!「足の指回し」の健康効果に注目

膝痛が改善して正座ができた!美しく痩せるだけじゃない!「足の指回し」の健康効果に注目

最近、足の指回しには、シェイプアップ効果だけでなく、健康効果もあることがわかってきました。「ひざが痛い」といっていた70歳の生徒さんは、足の指回しをしたら、正座ができるようになったと報告してくれました。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー)


YUKARI
1962年生まれ。2005年、ピラティスとヨガに出合い、インストラクターの資格を取得。法律事務の仕事をしながらインストラクターの活動を開始。2010年には、独自のエクササイズが人気テレビ番組『魔女たちの22時』で紹介され、注目される。2011年に独立し、指導に専念。個人レッスンを中心に、グループレッスンや講演会等の活動を行っている。『品格ボディDVD』が好評発売中。「品格ボディDVD」で検索。

50代以上の人もどんどん美しく健康になる!

2016年10月号の『壮快』で、私がご紹介した「足の指回し」が反響を呼んでいると、編集部からご連絡をいただきました。
ありがとうございます。

一般に、やせるためには「適正な食事と運動」が必要とされます。
でも、私が見るかぎり、まじめに取り組む人ほどやせられない、という傾向があるようです。
なぜでしょうか。

がんばってエクササイズをすると、使いやすいところを使うので、やせたい部分の筋肉がよけいかたくなります。
ですから私は、「やせるために、がんばります!」という生徒さんには、「キレイにやせるためには、がんばり過ぎないことが大事ですよ」とお話しします。

そうはいっても、皆さんまじめなので、なかなか力を抜けません。
そこで、体を緩めるための基本中の基本、「足の指回し」を、最初に行うのです。

体を緩めることの重要性は、私自身の体験から気づきました。
10代のころ短距離走の選手だった私は、20代で結婚・出産をしてから、スポーツと無縁になりました。

気づけば背中やお尻、太ももに脂肪がたっぷりついてしまったのです。
37歳から、運動と食事制限を始めましたが、太ももはがっちりしたまま。
二の腕と背中の脂肪も取れませんでした。

運動選手だった私は、なんでも「がんばって」やっていました。
やがて、ヨガやピラティス、解剖学と出合い、「緩めることの大切さ」に気づいたのです。

それからは、筋肉を「鍛える」ことから、「緩める」ことに方向転換しました。
筋肉を緩めるために関節を動かしたり、筋肉をほぐしたりしました。

すると、がっちりした太ももが細くなり、背中と二の腕のぜい肉も取れていったのです。
こうした私のエクササイズは、2010年にテレビや雑誌で取り上げられました。

私は現在54歳ですが、まだまだ進化を続けています。
体型を変えるのに、遅過ぎるということはありません。

50代以上の生徒さんも、どんどん美しくなっています。
なかには、15kgもやせた38歳の女性や、ウエストが13cm縮小した54歳の女性もいます。

最近、足の指回しには、シェイプアップ効果だけでなく、健康効果もあることがわかってきました。
「ひざが痛い」といっていた70歳の生徒さんは、足の指回しをしたら、正座ができるようになったと報告してくれました。

また、60代の生徒さんが、足腰の弱った80代のお母様の指を毎日回してあげたそうです。
すると1ヵ月ほどで、杖がいらなくなったというのです。

足の指回しのやり方は、下図で詳しく図解しています。
いろいろな効果が期待できるので、ご家族で習慣にしてみてはいかがでしょうか。

イライラが鎮まり暴飲暴食を回避できる

では、なぜ足の指を回すことで体が緩み、やせていくのか、ご説明しましょう。
本来、私たちの体は、はだしで立ったとき、かかとに約78%の重心がかかります。

そして、重心を移動しながら、立ったり歩いたりするようにできているのです。
ところが、多くの人はつま先寄りに重心を置いて、かかとをうまく使えていません。

加えて、足の指も靴の中で窮屈に縮こまっているため、足の裏でバランスを取れない人が多いのです。
足裏が不安定だと、太ももの前面と外側の筋肉が「がんばって」バランスを取らなければならないので、がっちりしてきます。

太ももの前面と外側を使うクセがつくと、お尻の筋肉は弱り、お尻が垂れてくるのです。
こうして、下半身の筋肉のバランスがくずれると、姿勢が悪くなります。

その結果、下半身の「がんばり過ぎる」ところはかたくなり、上半身の「使わないところ」に脂肪がつきます。
脂肪がつくのは、背中や二の腕です。

つまり、「背脂」や「振袖」と一般に呼ばれるぜい肉は、加齢だけのせいではなく、姿勢の悪さも一因なのです。
足の指のこわばりをほぐし、まっすぐ立てるようになれば、「がんばり過ぎるところ」と「使わないところ」がなくなります。

全身が適度に緩み、すべての筋肉を正しく無理なく使えるようになるので、スリムで美しい体型に変わっていくのです。
そして、足のバランスを整えるのに最も効果的なのが、足の親指(母趾)を回すことです。

すべての指を回すのが理想ですが、親指だけでも十分な効果が得られます。
足の親指には、多くの筋肉がつながっています。

足の親指を回すことで多くの筋肉が緩み、足を使いこなせるようになります。
そして、全身のバランスを取り戻すことができるのです。

足の指を回すことは、精神的な安定にもつながるようです。
ストレスを、食べることで発散する人は少なくありません。

生徒さんからは、「イライラしたときに足の指を回すと、気持ちが落ち着くので、暴飲暴食を避けられる」という声をよく聞きます。
「不眠が解消した」という生徒さんもいるので、筋肉が緩むことで、精神的にもリラックスできるのかもしれません。

心と体の健康のために、ぜひ、足の指回しを毎日の習慣にしてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【熱中症対策の飲み物】手作り"レモン酢"の作り方 塩入りがお勧め 疲れやだるさも解消

【熱中症対策の飲み物】手作り"レモン酢"の作り方 塩入りがお勧め 疲れやだるさも解消

熱中症対策に塩入りの「レモン酢ドリンク」がお勧めです。手作りのレモン酢1カップに、小さじ半分(約3g)の塩を溶かして作ります。次に500ml入りのミネラルウォーターのペットボトルを用意。そこに大さじ2杯分の塩入りレモン酢を足し、ふたをして軽く振って出来上がりです。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


出そうで出ない頑固な便秘で太ももが太くなる?大腸洗浄のプロ考案「腸もみ」のやり方

出そうで出ない頑固な便秘で太ももが太くなる?大腸洗浄のプロ考案「腸もみ」のやり方

私の元へ駆け込む人は、すでに自己流では改善できないほどひどい便秘になっている場合がほとんど。特に40代以上になると、加齢や運動不足で腸を支える筋力が衰えて、腸が下がってしまうことがよく起こります。そうなると、余計に自力での排便が困難になってしまうのです。【解説】齊藤早苗(看護師・コロンハイドロセラピスト)


【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

耳には全身に関係するツボが集まっていますので、耳ひっぱりは生命維持に重要な領域すべてを活性化し、心身を癒してくれる素晴らしいセルフケア方法です。ぜひ日々活用していただきたいと思います。【解説】土肥雪彦(あかね会土谷総合病院顧問・広島大学名誉教授)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)