医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【めまいの専門医】メニエール病と似た症状「良性発作性頭位めまい症」とは ― 9割が治る簡単な治し方

【めまいの専門医】メニエール病と似た症状「良性発作性頭位めまい症」とは ― 9割が治る簡単な治し方

メニエール病は、治りにくい原因不明の病気です。難聴、耳鳴り、耳閉感などの症状があり、さらに、めまいの発作が反復して起こっていると、たいていの耳鼻科では、メニエール病と診断します。しかし、それは誤診です。メニエール病に似た症状を持つめまいの病気があるのです。【解説】高橋正紘(めまいメニエール病センター院長)


必要のない薬を飲んでいる例がある!

めまいに苦しむ患者さんを専門に治療するために、私が「めまいメニエール病センター」を開設したのは、2006年のことです。
以来、複数の病院を受診しても、めまいが改善しない患者さんが、たくさん来られるようになりました。

めまいについての悩みを抱えるかたに対して、私は「速歩き」をお勧めして、大きな改善効果を得ています。
その理由についてお話しする前に、「メニエール病」についてふれておきましょう。

実は、ほかの医療機関でメニエール病と診断され、私のところへ来られる患者さんの大半は、メニエール病ではありません。
メニエール病は、治りにくい原因不明の病気です。

難聴、耳鳴り、耳閉感などの症状があり、さらに、めまいの発作が反復して起こっていると、たいていの耳鼻科では、メニエール病と診断します。
しかし、それは誤診です。

メニエール病に似た症状を持つ、めまいの病気があるのです。
それが、「良性発作性頭位めまい症」です。

良性発作性頭位めまい症とは、その名のとおり、頭の姿勢が変化すると発作的にめまいが起こる、良性のめまいの病気です。

この病気の患者さんの約半数は、難聴、耳鳴り、耳閉感などの聴覚症状を伴います。
しかし、この病気に、聴覚の症状を伴うケースが多くあることは、耳鼻科の医師にはほとんど知られていません。

このため、めまいに加えて耳鳴りなどがあると、ほんとうは良性発作性頭位めまい症であるのに、メニエール病と誤診してしまうのです。
この誤診の結果、深刻な問題が生じます。良性発作性頭位めまい症は、生活習慣によって起こる病気で、薬では治りません。

実際は、良性発作性頭位めまい症であるにもかかわらず、メニエール病と誤診されてしまうと、メニエール病の治療薬やステロイド剤が投与されます。
これで、めまいがよくなるはずはありません。

そのうえ、飲む必要のない薬を飲んでいるのですから、体にもよくないのです。

ある程度の速さでリズミカルに歩こう!

現代では、多くのかたが運動不足です。
しかも、1日じゅうデスクワークでパソコンに向かい、通勤時や自宅でもスマホ三昧。

こうした生活を続けている人が、次々とこの病気にかかっているのです。
ただ、良性発作性頭位めまい症は、生活習慣を改めれば、比較的容易に改善・治癒します。

その生活改善の手段の一つとしてお勧めしているのが、「速歩き」なのです。
私は、患者さんに朝と夕方、30分ずつの速歩きを勧めています。

人間の耳の前庭器という部位には、耳石器というセンサーがあって、体のバランスをつかさどっています。
このセンサーである有毛細胞の上には、炭酸カルシウムの小さな結晶が敷き詰められています。

これが白い石のように見えるので、耳石と呼ばれます。
古くなった耳石は、有毛細胞から離れ、器官内を浮遊します。

通常は、この浮遊した耳石片は、耳の掃除細胞に回収されます。
しかし、例えば、低い枕で寝ていると、この浮遊した耳石が、隣り合う半規管に入り込んでしまいます。

それが多くたまると、体を起こしたときなどに、たまった耳石が動き、めまいを引き起こすのです。
そこで、速歩きなどの運動をすれば、器官内が上下によく撹拌されます。
その結果、掃除細胞から浮遊した耳石が回収されやすくなり、それがめまいの改善をもたらすのです。

撹拌効果を上げるためにも、ある程度の速さで、リズミカルに歩くほうがいいでしょう。
めまいで来院したかたに、速歩きなどの生活改善を実践してもらったところ、9割以上の人が、1ヵ月以内に症状が解消しています。

こうしたデータからも、速歩きが非常に有効であることがわかります。
また、メニエール病と誤診されてやってきたかたでも、多くの場合、ほんとうは良性発作性頭位めまい症なのですから、速歩きを実行すれば、改善効果が期待できるでしょう。

速歩き以外では、「少し高い枕に替える」「寝る前にパソコン、スマホをしない」「デスクワークの合間に軽くジャンプや体操をする」などをお勧めしています。

あなたが長年苦しんできためまいは、意外に簡単な方法で治るのです。

良性発作性頭位めまい症は、生活習慣によって引き起こされます。

しかも、近年、良性発作性頭位めまい症は、大幅にふえているようです。

私の9年半の統計では、7751名のめまいの患者さんのうち、良性発作性頭位めまい症のかたは、なんと約74%を占めていました。

これは、私のクリニックに限った話ではありません。
大学病院や総合病院でも、めまいの患者さんのおよそ半数が、良性発作性頭位めまい症と報告されています。

良性発作性頭位めまい症は、かつては、高齢者の病気とされてきました。
ところが現在では、若い人にも激増し、中高年や高齢者がまんべんなくこの病気にかかっています。
激増した原因はハッキリしています。

良性発作性頭位めまい症は、「運動をしない」「同じ姿勢で眠る」「低い枕を使う」「デスクワークや前屈姿勢が多い」といった生活習慣によって引き起こされます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

関口先生とは、日ごろから治療に関する情報交換をしているのですが、「手首押しには、脳に働きかけて、こわばった筋肉を軟らかくほぐす効果があるのではないか。非常によい治療法だと思う」と話しました。以来、手首押しを、私の患者さんの治療にも応用しています。【体験談】橋本芳保(橋本接骨院院長・68歳)


スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

体の平衡感覚をつかさどっているのは、耳の内耳にある三半規管と脳の小脳です。首の不具合によって、バランスをとるこれらの器官への血流が悪化して、めまいが起こりやすくなります。姿勢をよくして前に突き出た頭を元に戻し、首への負担を減らせばいいのですが、これがなかなか難しいのです。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


 沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

なんとかして、頭痛やめまいを解消できないものかと考えていました。そんな私が試したのが、「トマトジュース」です。沖縄は特に女性が長寿です。知り合いの94歳のおばあちゃんが、長寿の秘訣として勧めてくれたのがトマトでした。できるだけたくさんとるのが、健康長寿に役立つというのです。【体験談】城田玉枝(仮名・主婦・67歳)


【鍼灸師直伝】自分で押せる! 耳鳴り・難聴に効く3つのツボ&めまいのツボ

【鍼灸師直伝】自分で押せる! 耳鳴り・難聴に効く3つのツボ&めまいのツボ

耳鳴りや難聴、めまいは、重篤な病気のサインである場合もあるので、まずは耳鼻科か脳神経外科を受診しましょう。「原因不明」「ストレスによるもの」といった診断であれば、鍼灸治療を併用すると早期回復が望めます。鍼灸治療は多くても週に1回程度なので、セルフケアが大事になります。【解説】三宅さやか(はり治療院睛聴院長)


最新の投稿


なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

関口先生とは、日ごろから治療に関する情報交換をしているのですが、「手首押しには、脳に働きかけて、こわばった筋肉を軟らかくほぐす効果があるのではないか。非常によい治療法だと思う」と話しました。以来、手首押しを、私の患者さんの治療にも応用しています。【体験談】橋本芳保(橋本接骨院院長・68歳)


スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

体の平衡感覚をつかさどっているのは、耳の内耳にある三半規管と脳の小脳です。首の不具合によって、バランスをとるこれらの器官への血流が悪化して、めまいが起こりやすくなります。姿勢をよくして前に突き出た頭を元に戻し、首への負担を減らせばいいのですが、これがなかなか難しいのです。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

少し飲み物を飲むとすぐトイレに立ちたくなります。自分では「ミルク飲み人形みたいね」なんて笑い話にしていました。しかし内心では恥ずかしくて、なんとかしたいと思っていました。11円スリッパを毎日はいていたら、あれだけわずらわしかった尿意を、最近は忘れることもしばしばあります。【体験談】桜田陽子(仮名・63歳・主婦)


理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

枕が合わず寝ても首が緊張していると、肩や首のコリ、手や顔のしびれなどの症状が起こりやすくなります。また「熟睡できない」「夜中や早朝に目が覚める」など、さまざまな症状に悩まされるようになります。玄関マットとタオルを使うと医学的に見て最も理想的な睡眠姿勢が取れる枕を作ることができます。【解説】山田朱織(16号整形外科院長)