医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【めまいの専門医】メニエール病と似た症状「良性発作性頭位めまい症」とは ― 9割が治る簡単な治し方

【めまいの専門医】メニエール病と似た症状「良性発作性頭位めまい症」とは ― 9割が治る簡単な治し方

メニエール病は、治りにくい原因不明の病気です。難聴、耳鳴り、耳閉感などの症状があり、さらに、めまいの発作が反復して起こっていると、たいていの耳鼻科では、メニエール病と診断します。しかし、それは誤診です。メニエール病に似た症状を持つめまいの病気があるのです。【解説】高橋正紘(めまいメニエール病センター院長)


必要のない薬を飲んでいる例がある!

めまいに苦しむ患者さんを専門に治療するために、私が「めまいメニエール病センター」を開設したのは、2006年のことです。
以来、複数の病院を受診しても、めまいが改善しない患者さんが、たくさん来られるようになりました。

めまいについての悩みを抱えるかたに対して、私は「速歩き」をお勧めして、大きな改善効果を得ています。
その理由についてお話しする前に、「メニエール病」についてふれておきましょう。

実は、ほかの医療機関でメニエール病と診断され、私のところへ来られる患者さんの大半は、メニエール病ではありません。
メニエール病は、治りにくい原因不明の病気です。

難聴、耳鳴り、耳閉感などの症状があり、さらに、めまいの発作が反復して起こっていると、たいていの耳鼻科では、メニエール病と診断します。
しかし、それは誤診です。

メニエール病に似た症状を持つ、めまいの病気があるのです。
それが、「良性発作性頭位めまい症」です。

良性発作性頭位めまい症とは、その名のとおり、頭の姿勢が変化すると発作的にめまいが起こる、良性のめまいの病気です。

この病気の患者さんの約半数は、難聴、耳鳴り、耳閉感などの聴覚症状を伴います。
しかし、この病気に、聴覚の症状を伴うケースが多くあることは、耳鼻科の医師にはほとんど知られていません。

このため、めまいに加えて耳鳴りなどがあると、ほんとうは良性発作性頭位めまい症であるのに、メニエール病と誤診してしまうのです。
この誤診の結果、深刻な問題が生じます。良性発作性頭位めまい症は、生活習慣によって起こる病気で、薬では治りません。

実際は、良性発作性頭位めまい症であるにもかかわらず、メニエール病と誤診されてしまうと、メニエール病の治療薬やステロイド剤が投与されます。
これで、めまいがよくなるはずはありません。

そのうえ、飲む必要のない薬を飲んでいるのですから、体にもよくないのです。

ある程度の速さでリズミカルに歩こう!

現代では、多くのかたが運動不足です。
しかも、1日じゅうデスクワークでパソコンに向かい、通勤時や自宅でもスマホ三昧。

こうした生活を続けている人が、次々とこの病気にかかっているのです。
ただ、良性発作性頭位めまい症は、生活習慣を改めれば、比較的容易に改善・治癒します。

その生活改善の手段の一つとしてお勧めしているのが、「速歩き」なのです。
私は、患者さんに朝と夕方、30分ずつの速歩きを勧めています。

人間の耳の前庭器という部位には、耳石器というセンサーがあって、体のバランスをつかさどっています。
このセンサーである有毛細胞の上には、炭酸カルシウムの小さな結晶が敷き詰められています。

これが白い石のように見えるので、耳石と呼ばれます。
古くなった耳石は、有毛細胞から離れ、器官内を浮遊します。

通常は、この浮遊した耳石片は、耳の掃除細胞に回収されます。
しかし、例えば、低い枕で寝ていると、この浮遊した耳石が、隣り合う半規管に入り込んでしまいます。

それが多くたまると、体を起こしたときなどに、たまった耳石が動き、めまいを引き起こすのです。
そこで、速歩きなどの運動をすれば、器官内が上下によく撹拌されます。
その結果、掃除細胞から浮遊した耳石が回収されやすくなり、それがめまいの改善をもたらすのです。

撹拌効果を上げるためにも、ある程度の速さで、リズミカルに歩くほうがいいでしょう。
めまいで来院したかたに、速歩きなどの生活改善を実践してもらったところ、9割以上の人が、1ヵ月以内に症状が解消しています。

こうしたデータからも、速歩きが非常に有効であることがわかります。
また、メニエール病と誤診されてやってきたかたでも、多くの場合、ほんとうは良性発作性頭位めまい症なのですから、速歩きを実行すれば、改善効果が期待できるでしょう。

速歩き以外では、「少し高い枕に替える」「寝る前にパソコン、スマホをしない」「デスクワークの合間に軽くジャンプや体操をする」などをお勧めしています。

あなたが長年苦しんできためまいは、意外に簡単な方法で治るのです。

良性発作性頭位めまい症は、生活習慣によって引き起こされます。

しかも、近年、良性発作性頭位めまい症は、大幅にふえているようです。

私の9年半の統計では、7751名のめまいの患者さんのうち、良性発作性頭位めまい症のかたは、なんと約74%を占めていました。

これは、私のクリニックに限った話ではありません。
大学病院や総合病院でも、めまいの患者さんのおよそ半数が、良性発作性頭位めまい症と報告されています。

良性発作性頭位めまい症は、かつては、高齢者の病気とされてきました。
ところが現在では、若い人にも激増し、中高年や高齢者がまんべんなくこの病気にかかっています。
激増した原因はハッキリしています。

良性発作性頭位めまい症は、「運動をしない」「同じ姿勢で眠る」「低い枕を使う」「デスクワークや前屈姿勢が多い」といった生活習慣によって引き起こされます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

5~6年前から、ときどき軽いめまいが起こるようになりました。3月のある日、それまでにない強いめまいが起こりました。「これはちょっと違う」と血圧計を引っ張り出して測ってみたところ、最大血圧が165mmHg、最小血圧も105mmHgもあったのです。【体験談】佐川佳那子(仮名・主婦・62歳)


頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭のてっぺんに指を当て、同じように動かしてください。おでこと同じように動きますか。もし、おでこの皮膚より、頭のてっぺんの皮膚が動かなかったら、頭皮が緊張しています。頭皮がカチカチに緊張していれば、頭痛や頭重感といった、不快感に見舞われやすくなります。【解説】内野勝行(金町脳神経内科・耳鼻咽喉科院長)


メニエール病は真面目タイプがなりやすい?  頑張りすぎた時の"頭熱"リセット法

メニエール病は真面目タイプがなりやすい? 頑張りすぎた時の"頭熱"リセット法

患者さんに増えているのが気が滞って不調になっているケース。どこで流れが悪くなっているかといえば「頭」です。体より頭(脳)を使うことが増えたからでしょう。体を動かさず、延々と考え事をしたり、スマートフォンやパソコンを長時間使うことが原因なのです。【解説】鳴海理恵(鍼灸・あん摩マッサージ指圧師、VE&BI治療院院長)


簡単な動きでゴースト血管を防ぐ「血液循環体操」のやり方

簡単な動きでゴースト血管を防ぐ「血液循環体操」のやり方

体を動かさずにいると、どんどん血流は悪くなって筋肉はかたくなり、最終的には毛細血管の数が減少してしまいます。これが、昨今、問題になっている「ゴースト血管」です。血液循環体操は、そうしたゴースト血管を防ぎ、修復すると考えられます。【解説】二村ヤソ子(フタムラ式血液循環体操研究所主宰・理学博士)


21kg痩せた医師に聞く糖尿病克服のヒント「生活改善で糖尿病は消せる」

21kg痩せた医師に聞く糖尿病克服のヒント「生活改善で糖尿病は消せる」

転機は、57歳の健康診断でした。ヘモグロビンA1cも血糖値も、すでに境界型ではなく、本格的な糖尿病の兆候を示していたのです。ウォーキングを始めると同時に、10ヵ月後にフルマラソンを走ることを周囲に宣言。そうしてしまったら、もうやらないわけにいきません。【解説】清水一郎(おひさまクリニックセンター北院長)


最新の投稿


認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症の患者さんに圧倒的に足りないのが、レシチンという物質です。これは、大豆や卵などに多く含まれています。レシチンは脳にも全身にもきわめて重要で、生きるための必須物質です。そのため、「生命の基礎物質」とも呼ばれています。【解説】野本裕子(ナチュラルクリニック代々木院長)


耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳鼻科で受けたのは、鼻と耳に管を入れてシュッと空気を通す治療でした。行うと、一時的に耳はスッキリしますが、すぐに戻ってしまいます。耳の穴もみは、耳閉感の予防にもなっているようです。耳の穴もみをやるようになってからは、耳が詰まることがなくなりました。【体験談】上田貴弘(颯鍼灸院院長・46歳)


【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

上咽頭の炎症が慢性化すると、自律神経のバランスがくずれ、血流障害が起こったり、血圧が上がったりします。口呼吸の人は、まず、口を閉じて食べ物をよくかむことを心がけましょう。口周りの筋肉やあごが鍛えられ、口呼吸のクセを直すトレーニングになります。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)


ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

健康管理に大活躍すること間違いなしの常備菜が「酢大豆」です。作り方が簡単なうえ、長期間、作りおきできるのでとても便利。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、料理に応用すればワンランクアップした味わいになります。【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)【栄養計算】金子奈穂美(管理栄養士)


レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

慢性腎炎には治療法がありません。塩分とたんぱく質を制限し、血圧を上げないように気をつけるだけです。腎機能が低下していると、ふだんから体がむくみやすく、とてもだるくなります。レモン酢を飲むようになって1週間くらいしてから、あまり体のだるさを感じなくなってきました。【体験談】星野久美子(仮名・主婦・71歳)