食べ過ぎを防ぐ!食前「酢キャベツ」ダイエット 美味レシピ(その1)

食べ過ぎを防ぐ!食前「酢キャベツ」ダイエット 美味レシピ(その1)

キャベツがダイエットにピッタリの食材というのは、皆さんご存じでしょう。食前にとれば、満腹中枢が刺激され、食べすぎを防げます。ご飯代わりにキャベツを食べれば、摂取する糖質量を減らすことができます。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


→基本の「酢キャベツ」の作り方はコチラ

ハーブの風味と酸味がマッチ!酢キャベツミネストローネスープの作り方

(各1人分)
エネルギー119kcal
塩分0.7g

【材料】(2人分)
酢キャベツ(別記事を参照)…100g
Ⓐタマネギ…50g
 セロリ…20g
 マッシュルーム(生)…50g
 ベーコン…1枚
トマト…150g
オリーブオイル…大さじ1/2
ニンニク…1/2 片(みじん切り)
Ⓑローリエ…1/2枚
 タイム(ドライ・ホール)…小さじ1/4
湯…250ml
塩…小さじ1/6

【作り方】
❶酢キャベツとⒶは粗みじん切り。トマトは1cm角に切る。
❷鍋にオリーブオイルとニンニクを中火で熱し、Ⓐを炒める。しんなりしたら、酢キャベツ、トマト、Ⓑを加えて炒める。
❸全体がなじんだら、分量の湯を注ぎ入れ、煮立ったら弱火で20分煮込み、塩で味を調える。

辛さが脂肪をガツンと燃やす!酢キャベツ鶏だんごの辛みスープの作り方

(各1人分)
エネルギー101kcal
塩分0.8g

【材料】(2人分)
酢キャベツ(別記事を参照)…30g
Ⓐ鶏ひき肉(胸)…150g
 ショウガ…1/2片(みじん切り)
 赤トウガラシ…少々(刻む)
キュウリ…1/2本
ミニトマト…6個
Ⓑ湯…350ml
 ニンニク…1/2片(薄切り)
 赤トウガラシ…1本(ちぎる)
ナンプラー(魚ぎよ醤しよう)…小さじ1
酢キャベツの漬け汁…大さじ1〜2

【作り方】
❶酢キャベツは粗みじん切りにし、Ⓐを合わせ、よく混ぜる。
❷キュウリは皮をむいて1.5cm幅に切る。ミニトマトは皮を湯むきする。
❸鍋にⒷを合わせ中火で煮立てる。①を小さめのだんごに丸めて、鍋に落とし入れ、弱火で15分煮る。
❹②を加えてひと煮し、ナンプラーと酢キャベツの漬け汁で味を調える。

酢みそ和えに大変身!酢キャベツ&マグロのぬたの作り方

(各1人分)
エネルギー104kcal
塩分0.8g

【材料】(2人分)
酢キャベツ(別記事を参照)…100g
マグロ(赤身)…100g
シソ…5枚
みそ…小さじ2
砂糖…小さじ1/2

【作り方】
❶マグロは1.5cm角に切る。シソは小さくちぎる。
❷酢キャベツにみそ、砂糖を加え、みそのかたまりが残らないようよく混ぜる。
❸②に①を加え、さっと和える。

ゴマ油のコクで箸が進む酢キャベツ&蒸し鶏のサンショウ風味の作り方

(各1人分)
エネルギー92kcal
塩分0.5g

【材料】(2人分)
酢キャベツ(別記事を参照)…100g
鶏胸肉…1/2枚
酒…大さじ1
Ⓐゴマ油…小さじ1
 塩…少々
 粉ザンショウ…少々
万能ネギ(小口切り)…少々

【作り方】
❶鶏肉は酒をまぶし、蒸しゆでにする。冷めたら皮を取り除き、細かく裂く。
❷酢キャベツと①を混ぜ合わせ、Ⓐと万能ネギを加えて和える。

→食前「酢キャベツ」ダイエット美味レシピ②はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング