MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【酢キャベツダイエット】作り方とやり方

【酢キャベツダイエット】作り方とやり方

キャベツは、不溶性に加えて、水溶性食物繊維も多く含む食品です。水溶性食物繊維は、糖質の吸収を緩やかにすることで、食後、血糖値が急上昇するのを防ぎ、糖尿病の予防・改善に役立ちます。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)

持病の痛風や脂肪肝が大改善!

現在、糖尿病患者は、その予備軍も含めると、全国に2210万人もいると推定されています。
なんと、日本人の6人に1人が糖尿病という、驚くべき数です。

かくいう私も、医者としては恥ずかしながら、過去に2度、重度の糖尿病を患った経験があります。
1度めは2000年ごろでした。

インドネシアで、毎年恒例の医療調査をしていたとき、体調不良を感じ、血糖値を測ると500mg/dLを超えていました(基準値は空腹時血糖値で110mg/dL未満)。

帰国後にインスリン治療をして、いったんは数値が落ち着きましたが、2010年に再び、悪化。血糖値が450mg/dLまで上がってしまいました。

このころの私は、日本糖尿病学会が推奨する「カロリー制限による食事制限」を行っていました。
食事のたびにイライラしながらも、白米や麺類などの糖質を、摂取カロリーの6割におさえていたのです。

しかし、いっこうに数値が改善しないので、自ら研究を始めました。
そして、たどりついたのが、糖質を制限する食事法でした。

その際、自分なりに考えた工夫が、食前にキャベツを食べることだったのです。
毎食、料理を食べる前にまず、小さなお皿1杯分のキャベツ(約100g)を食べます。

生のまま食べることもありましたし、そこに酢をプラスして食べることもありました。
せん切りにした生のキャベツに酢をかけたり、キャベツを一晩酢漬けにしたりして、それを食べるようにしたのです。

酢キャベツでスリムに変身

血糖値もみるみる正常範囲内に落ち着いてきました

体重は、キャベツを食べ始める前、88kgありましたが(身長177cm)、酢キャベツダイエットを始めたところ、15kgもへって、73kgになりました。

血糖値もみるみる正常範囲内に落ち着いてきました。
酢キャベツを食べ始めて、わずか2週間ほどで、血糖値は90mg/dLまで低下。

基準値内に落ち着くようになったのです。
ヘモグロビンA1c(過去1~2ヵ月の血糖状態がわかる指標。

基準値は4・3~5・8%)も、11%近くあったものが、4ヵ月ほどで、6%台まで改善。
さらに、中性脂肪値も、300mg/dLありましたが、(基準値は30~150mg/dL未満)が、2ヵ月で半減。

痛風や脂肪肝といった持病も改善し、健康状態は非常によくなったのです。

生活習慣病を防ぎ治す優れた健康食

酢キャベツを食べることによって、ここまでお話ししたような成果が得られた理由について、詳しくお話ししましょう。
一つには、キャベツという野菜そのものの効果です。

食前にキャベツを食べると、満腹中枢が刺激されて、満腹感が得られます。
これによって食べすぎを防ぐことができます。

キャベツの食物繊維の働きも見逃せません。
100gのキャベツには、約2gの食物繊維が含まれていますから、1日3食キャベツを食べれば、6gの食物繊維をとることができます。

日本人の食物繊維の摂取量の目標値は、1日当たり19g。
実際には、平均摂取量は14gほどにとどまるといわれています。

しかし、ここにキャベツの1日6gが加われば、食物繊維の目標摂取量を超えるわけです。
食物繊維は、腸内環境を整え、善玉菌を増やします。

実際に、「太っている人とやせている人とでは、腸内細菌の構成が異なる」という研究が発表されています。
善玉菌が優勢になると、太っている人も、自然にやせやすい体質になっていくのです。

食物繊維には、水に溶けやすい水溶性と、水に溶けない不溶性があります。
キャベツは、不溶性に加えて、水溶性食物繊維も多く含む食品です。水溶性食物繊維は、糖質の吸収を緩やかにすることで、食後、血糖値が急上昇するのを防ぎ、糖尿病の予防・改善に役立ちます。

また、水溶性食物繊維は、腸で胆汁酸やコレステロールを吸着し体外に出ていきます。
この結果、私自身も、血糖値が大きく下がり、コレステロール値も改善しました。

こうしたことが、酢キャベツで体重を落とした効果でもたらされたのは、いうまでもありません。
加えて、酢の効果があります。

一つには、酢の主成分である酢酸(クエン酸)によるダイエット効果です。
私たちの体の中には、食事によって摂取した糖質や、疲労の原因物質である乳酸を分解し、エネルギーに変換するシステムがあります。

これが「クエン酸サイクル」です。
酢によって、クエン酸をじゅうぶんに摂取すると、このクエン酸サイクルがよく働き、ダイエット効果をもたらしてくれるのです。

また、酢の中でも、特に黒酢やもろみ酢などは、アルギニンなどのアミノ酸を豊富に含んでいます。
これらのアミノ酸の働きによっても、脂肪燃焼が促されます。

さらに、食事の際に酢を摂取すると、食後の急激な血糖値上昇を、抑制できることがわかっています。
さまざまな点から、酢キャベツは、ダイエットにも、糖尿病や高脂血症といった生活習慣病の予防・改善にも役立つ、優れた健康食といえるのです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)
更新: 2019-03-20 18:00:00
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2018-12-17 18:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt