めまいは自分で治せるーぐるぐる回るめまいは頸椎に原因「一円玉療法」で改善する

めまいは自分で治せるーぐるぐる回るめまいは頸椎に原因「一円玉療法」で改善する

鍼灸師の私は、めまいの多くは、首の骨(頸椎)に原因があると考えています。「1円玉療法」は、不調や痛みのあるツボに1円玉をテープではるだけという簡単な治療法です。自分で手軽にできる健康法ですが、鍼灸治療に劣らない効果があり、首や手首にはると、めまいにも非常によく効きます。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


ぐるぐる回るめまいに、すぐ効きよく効く

 私は、めまいの多くは、首の骨(頸椎)に原因があると考えています。

 不安や緊張などの精神的なストレスが加わると、首の筋肉が硬くなって動かしにくくなります。この状態が長く続くと、頸椎にゆがみが生じるようになります。

 めまいをくり返している人は、試しに首すじを押したり、首を曲げたりしてみましょう。痛いところやよく動かないところがあるはずです。その場合、頸椎の異常によって生じためまいと考えて、1円玉療法を試してみてください。

 「1円玉療法」は、不調や痛みのある部位に1円玉をテープではるだけという簡単な治療法です。
 自分で手軽にできる健康法ですが、鍼灸治療に劣らない効果があり、めまいにも非常によく効きます。めまいが治まるのが早くなった、グルグル回るつらいめまいが起こらなくなったという声は枚挙にいとまがありません。

 鍼灸治療では、気(東洋医学で考える一種の生命エネルギー)の巡りを整えることで不調を改善します。この気の正体とは、生物が微量に帯びている磁気(生体磁気)だと私は考えています。

 鍼で皮膚の表面を傷つけると、損傷電流という電流(マイナスの電気を帯びた電子の流れ)が生じます。
 鍼の素材である金属には、電子を放出してプラスの電気を持つイオン(電気を帯びた原子)になろうとする性質があります(イオン化傾向)。
 この二つの効果で、鍼を刺すと皮膚の表面には電子が増え、マイナスの電気を強く帯びるのです。

 1円玉療法では、これと同じことが起こります。
 1円玉の素材であるアルミニウムは、イオン化傾向が非常に強い金属です。1円玉を皮膚の表面に当てるだけで、鍼を刺したときと同じように、体内の生体磁気の乱れを正し、不調や痛みを改善すると考えられるのです。

1円玉をはっておくと めまいを予防できる

 1円玉療法のやり方は、とても簡単です。

 1円玉をはる前に、1円玉で皮膚の表面を強く押したり、こすったりしてください。これは、小さな擦過傷をつくり、体の内部にたまった電子を抜けやすくするためです。

 それから、該当する図解の箇所にサージカルテープなどで1円玉をはりましょう。顔の周りや髪の毛が生えているうなじなど、テープをはりにくい場合は1円玉で皮膚をこするだけでも構いません。

 また、めまいが起こらないように、あらかじめ1円玉をはっておくと、めまいが起こりにくくなります。
 ただし、脳腫瘍など特定の病気が原因でめまいが起こることもあります。
 めまいが長く続く人や気になる人は、一度しっかり診察を受けてください

川村昇山
1933年、北海道生まれ。60年以上に及ぶ東洋医学、特に電磁気、イオン、磁場による病理研究は西洋医学界からも評価を受けている。著書に『1円玉で痛みが消える!病気が治る!』(マキノ出版)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

手足合わせて20本ある指の中でも、普段、最も存在を忘れられやすいのが足の小指でしょう。しかし、実は東洋医学から見ると、足の小指は、とても重要な部分です。東洋医学では、全身に通っている「気の通り道」を重要視します。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)


くり返す【胸やけ ゲップ 胃もたれ】に効果 胃腸のツボ刺激で逆流性食道炎を改善する「ひじ針」のやり方

くり返す【胸やけ ゲップ 胃もたれ】に効果 胃腸のツボ刺激で逆流性食道炎を改善する「ひじ針」のやり方

「胸焼け、げっぷ、胃もたれ」こうした症状がくり返し起こるとき、一般には、慢性胃炎などの胃の病気ととらえる人が多いでしょう。しかし、もう一つ、注意しなければならない病気があります。それは「逆流性食道炎」です。【解説】孫維良(東京中医学研究所所長)


【逆流性食道炎を改善する】ツボに1円玉を貼る健康法「1円玉療法」の効果

【逆流性食道炎を改善する】ツボに1円玉を貼る健康法「1円玉療法」の効果

1円玉療法とは、私が30年以上前から推奨する鍼治療と同等の効果が期待できる健康法のことです。そのやり方は実に簡単です。お財布に入っている1円玉の汚れを軽く落とします。その1円玉を、ツボや、痛みやこりなどの症状が出ている患部の皮膚上にはり、テープで留めておくだけです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【ダイエット 肩こり 腰痛】症状別に改善する「輪ゴム」の巻き方

【ダイエット 肩こり 腰痛】症状別に改善する「輪ゴム」の巻き方

最初に基本の指先巻きを行ってから、気になる症状に合わせて輪ゴムを巻きましょう。輪ゴム療法は、いつ、何度行ってもかまいません。テレビを見ながらや、電車で移動中など、ちょっとした空き時間を見つけて、こまめに行うのがお勧めです。【解説】松岡佳余子(アジアン・ハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【症状別“耳ツボ”の刺激方法】顔面けいれん・麻痺・ひきつりはココを揉んで改善できた!

【症状別“耳ツボ”の刺激方法】顔面けいれん・麻痺・ひきつりはココを揉んで改善できた!

耳介医学とはフランスの整形外科医・ノジェが発見した耳を刺激して全身の症状を改善する療法です。なぜ、耳を刺激することが、幅広く役立つのでしょうか。私たちの耳は、発生学的に言えば、魚のエラが発達したものです。三叉神経、迷走神経、顔面・舌咽神経はエラから発生した神経だと考えられています。【解説】吉田宗平(関西医療大学学長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)