関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

私は40歳を過ぎたころから複数の病気に襲われるようになりました。特につらいのは、慢性関節リウマチです。45歳で左手の薬指が痛みだし、症状が広がっていきました。そんな私を心配してくれた知人が、北九州市の葉子クリニックに連れていってくれたのです。【体験談】山本洋子(熊本県・75歳主婦)


1日に服用する薬は15種類以上!

 私は40歳を過ぎたころから、複数の病気に襲われるようになりました。

 なかでも特につらいのは、慢性関節リウマチです。45歳のときに左手の薬指が痛みだし、手首のこわばり、足の関節の痛みへと、症状が広がっていきました。55歳で左ひじが大きく変形したときは、少し触れただけで激痛が走ったものです。そのうち指も変形し、よく物を落とすようになりました。

 また、50歳になると血痰が出るようになり、非定型抗酸菌症という呼吸器の病気と診断されました。その影響か、5年前から慢性的なセキが出るようになりました。就寝時がひどく、セキとともに血痰が出て、吐くこともありました。

 リウマチの薬や痛み止め、セキを抑える吸入薬など、いつしか1日に服用する薬は15種類以上になっていたのです。

 そんな私を心配してくれた知人が、北九州市の葉子クリニックに連れていってくれたのは、2017年9月のことです。

 院長の内山葉子先生は、食品の体への影響についていろいろと教えてくださいました。そして、まずパンなどの小麦食品と、牛乳などの乳製品を控えるようにいわれました。

 今までの私は、医師の指示どおりに薬を飲んでいただけ。食品のことなど気にしたこともなかったので、内山先生にいわれたことは衝撃的でした。「なぜ小麦製品や乳製品がよくないのか」という理由もきちんと説明してくださったので、納得することもできました。

 そこで私は、先生のアドバイスに従って、小麦製品と乳製品をやめることにしました。
 小麦製品の代表であるパンは、それまでも好んで食べていたわけではありません。ただし、うどんやクッキーなどの小麦製品は食べていました。乳製品も、牛乳やヨーグルトをときどきとることがありました。

バナナ大の便が毎日 スルスルッと出る!

 私は、うどんのかわりにそば、クッキーのかわりにナッツ類、牛乳のかわりに梅干しを入れた白湯やルイボスティーなどをとるようにしました。

 すると、3週間経ったころ、ある変化がありました。実は私は、若いころから便秘症で、薬に頼って排便していました。薬は毎日飲むのが嫌で1日おきですが、飲まないとお通じはありませんでした。それが、薬を飲んでいない日でもお通じがあったのです。

 それどころか、その日からは毎日きちんとお通じがつくようになりました。便の状態も健康的で、バナナ大の便がスルスルッと出ます。75歳にして便秘が治ったことに驚きました。

 薬を飲んで排便していたときは、下痢をすることがよくありました。そうしたことも関係あるのか、身長145cmで体重は30kgと太れないことが悩みでした。ところが、健康的な便が1日1回出るようになってからは体重が徐々に増え、小麦製品と乳製品をやめて2ヵ月経つ現在は32kgになりました。

 そうしたおかげか、心身ともに元気になり、以前に比べて、意欲がわくようになりました。

 内山先生によると、乳製品はリウマチに悪影響を与えるそうです。私は薬の副作用で皮膚がかゆくなり、8月から痛み止めが飲めなくなりました。それでも以前のような関節の痛みはほとんど出ていません。
 これは、リウマチの治療薬を替えただけでなく、小麦製品と乳製品をやめたことが大きく影響しているのではないかと思っています。

 セキは年々治まってきていますが、このごろはさらに軽減しているように感じます。

 小麦製品や乳製品をやめることは、私の体をいい方向へ導いてくれているようです。内山先生には大変感謝しています。

腸の働きが回復し便秘や各不調も改善(葉子クリニック院長 内山葉子)

 リウマチの原因に小麦製品と乳製品が関係している可能性は、論文で報告されています。それらをやめたことが、痛みの軽減に役立った可能性があります。便秘が治ったのは、小麦製品や乳製品をやめたことで、腸の動きや炎症が改善し、腸の働きが回復したからでしょう。腸の状態がよくなると栄養の吸収状態や体の各機能が正常化し、その他の不調も改善します。

→「パンの害とは」解説はコチラ
→「牛乳の害とは」解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


出そうで出ない頑固な便秘で太ももが太くなる?大腸洗浄のプロ考案「腸もみ」のやり方

出そうで出ない頑固な便秘で太ももが太くなる?大腸洗浄のプロ考案「腸もみ」のやり方

私の元へ駆け込む人は、すでに自己流では改善できないほどひどい便秘になっている場合がほとんど。特に40代以上になると、加齢や運動不足で腸を支える筋力が衰えて、腸が下がってしまうことがよく起こります。そうなると、余計に自力での排便が困難になってしまうのです。【解説】齊藤早苗(看護師・コロンハイドロセラピスト)


【声が出にくい】出ない原因は“カラオケ”でわかる?予防改善の体操はコレ!便秘にも効果

【声が出にくい】出ない原因は“カラオケ”でわかる?予防改善の体操はコレ!便秘にも効果

声が出ない・出にくくなる理由は、主に次の二つです。①声を出し過ぎることによる声帯の異常、②声を使わないことによる声帯の衰え。①であれば、声帯を休めることである程度の効果は得られます。しかし、②の場合、声帯を休めるとかえって筋肉の衰えが進行し、声がいっそう出にくくなってしまいます。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)