【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

欧米では、小麦粉を使った食品をとらない食事法(グルテンフリー)が広く取り入れられています。小麦が健康を害する可能性があるからです。グルテンが、グルテン不耐症やアレルギー、小腸に炎症を招くセリアック病などを引き起こす物質として問題になっているのです。【解説】稲島司(東京大学医学部附属病院地域医療連携部助教・循環器内科) 


小麦の過度な精製が糖尿病を引き起こす!

 欧米では、小麦粉を使った食品をとらない食事法(グルテンフリー)が広く取り入れられています。小麦が健康を害する可能性があるからです。元アメリカ大統領のビル・クリントン氏は、心臓のパイバス手術後、グルテンフリーを実践しているそうです。
 グルテンとは、小麦粉などの穀類を練る過程で生まれるたんぱく質です。これが、グルテン不耐症やアレルギー、小腸に炎症を招くセリアック病などを引き起こす物質として、問題になっているのです。

 私は、小麦の害が日本でも話題になる前から、小麦粉を使った食品を控えるようにしてきました。海外の臨床研究に基づいた論文を読んで、「現代の精製された小麦粉」は体によくないのではないかと、なんとなく考えるようになったのです。

 小麦が品種改良を重ねてきたことと、精製され過ぎていることなどが、その理由です。
 小麦は、紀元前5000年以上前から栽培されている、人類最古の作物です。現代に至る長い歴史のなかで、何度も品種改良を重ね、病気に強く、栽培しやすい小麦ができました。我々はそれによって大きな恩恵を受けましたが、一方で、遺伝子組み換えこそしていないものの、人間の体が想定していない品種に変化した可能性があります。

 その結果、小麦アレルギーが増えたと思われます。本来の古代種でもアレルギーを起こした人はいたでしょう。人の体質が変わったことも影響しているかもしれません。しかし現代の小麦は、少なくとも野生種とは異なり、不自然な作物となった可能性があるのです。

 また、小麦を扱いやすく、加工しやすいように精製した物が小麦粉です。しかし穀類は、精製され過ぎると、極論ですが砂糖に近づきます。欧米の調査では、パンを全粒粉(精白されていない小麦を挽いたもの)に変えるだけで糖尿病の発症が抑えられることがわかっています(注1)。糖質の量ではなく、過度の精製が糖尿病を招いているのです。

 私は、「より自然の生物に近い物を食べる」ことが健康につながると思っています。現代の小麦や精製された小麦粉は、生物である小麦から大きく変化しており、それが現代病の一部に影響していると考えられます。

※注1:BMJ2016;333:i2716

朝のパンを野菜にすればグルテン摂取量が大幅減

アトピーが改善した稲島先生

 私がパンや麺類などの小麦粉食品を控えるようになったのは、15年ほど前、医師免許を取得したばかりのころでした。コンビニでおにぎりとパンがあれば、迷うことなくおにぎりを選びました。粉食より粒食のほうが、自然の食品に近いと考えたからです。

 当時の私は、典型的な成人型のアトピー性皮膚炎で、おでこや首、背中などがいつも地図状に赤く腫れ、強いかゆみがありました。皮膚科で処方されたステロイド軟膏は驚くほどよく効いて、塗るとすぐに治まります。しかし、すぐにまた悪化するため1日も薬は手放せませんでした。それに加え、顔にはニキビがよくできていました。

 ところが小麦粉食品を控えるようになって、いつの間にか薬を使わなくなりました。1〜2年は薬を使いましたが、徐々にアトピーの症状が治まり、数年後には、ほとんど不要になったのです。また、ニキビも全くできなくなりました。

 ステロイドの塗布薬は今でも自宅に置いてありますが、使うことはめったにありません。難治といわれるアトピーが、ほぼ完治するとは思いもしませんでした。もちろん、小麦粉食品の影響だけではないかもしれませんが、小麦粉食品を控えたことと、症状の改善は、明らかに相関していると実感しています。

 私は今もパンなどの小麦粉食品を極力控えていますが、全く食べないわけではありません。家族や友人と、ピザやパスタを食べに行くこともあります。しかし、特別な症状は出ないので、小麦アレルギーやグルテン不耐症ではないのでしょう。

 私が日常の食生活で、必ず行っているのは、朝食に野菜をたっぷりとることです。ホウレンソウやブロッコリー、モヤシは前の晩にゆでておきます。これに生野菜を加え、上からナッツ類を振りかけます。さらに、ドレッシングを工夫すると、飽きずにとり続けることができます。

稲島先生の朝食は野菜たっぷり


 朝食にパンとコーヒーを習慣にしている人は多いと思います。そのパンをたくさんの野菜に替えれば、それだけでだいぶグルテン摂取量を減らせます。

 アメリカでは、約20人に1人、グルテン不耐症がいるそうです。不耐症の人はグルテンを消化吸収できないので、まず腸の症状(便秘、下痢、膨満感、腹痛など)が現れます。それ以外にも、不眠、倦怠感、皮膚疾患、うつなど、さまざまな不調が起こってきます。

 日本人のほぼ100%が乳糖不耐症といわれています。グルテン不耐症の人がどのくらいいるのかわかりませんが、相当数いることは間違いありません。

 もし、なんらかの不調があるようなら、一度小麦粉食品をやめることをお勧めします。2週間、パンやうどんなどをやめて体調がよくなったら、グルテン不耐症や小麦アレルギーが疑われます。そのときは、医師と相談しながら、グルテンフリーをできる範囲で続けてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


アレルギー症状の改善には「副腎疲労を招く砂糖をやめる」ステビア・ラカンカは少量なら可

アレルギー症状の改善には「副腎疲労を招く砂糖をやめる」ステビア・ラカンカは少量なら可

砂糖の取りすぎで副腎疲労を起こすと、アドレナリンが不足して、気分が沈み込み、うつ症状になることもあります。食欲不振や便秘、下痢などの消化器の異常やパニック発作などの原因にもなります。朝起きるのがつらい、寝ても疲れが取れない、という状態が続くのは、副腎疲労の典型的な症状です。【解説】溝口 徹(新宿溝口クリニック院長)


肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

ハチミツと一口にいっても、種類はいろいろで、味も香りもすべて違います。それを試すのは本当に楽しいですし、試しているうちに、どれが自分に合うハチミツかわかってきます。とにかく、ハチミツをもっと身近に感じて、生活に取り入れてほしいと思っています。【解説】東出佳子・直子(はちみつ美容研究家)


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


最新の投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)