MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【頭皮の臭いが消える】全身サッパリ!全身の「毒」が流れ出るドクダミ入浴術

【頭皮の臭いが消える】全身サッパリ!全身の「毒」が流れ出るドクダミ入浴術

ドクダミには、殺菌・抗菌作用のほかに、血行を促進させる作用があります。ですから、ドクダミ入りのお風呂に入ると、より血流がよくなり、体がポカポカ温まるのです。また、ドクダミには解毒作用もあるので、汗といっしょに老廃物が外に出ていきます。【解説】橋爪佐和子(鍼灸の四次元堂所長・鍼灸指圧師)

息子のよだれかぶれがドクダミ風呂で消失!

これから夏にかけては、ドクダミが盛んに生育する季節です。
庭の隅や日陰に生い茂ったドクダミに、困っている人もいるかもしれません。

そんなドクダミを、毎日の入浴に活用しましょう。
ドクダミの薬効や香りにより、心身ともにリラックスできて、血の巡りもよくなります。

繁茂したドクダミを除草できるばかりか、薬草として活用できるのですから、一石二鳥にも三鳥にもなるわけです。
私がドクダミを活用しようと思ったのは、生まれて間もない、息子のよだれかぶれがきっかけでした。

息子はよだれがとても多くて、首や首の下がよだれで真っ赤にただれてしまいました。
病院に連れて行くと、医師から「ステロイドを使いましょう」といわれるくらい、ひどかったのです。

ステロイドをはじめ、どんな薬も極力使いたくありません。
そこで思いついたのが、ドクダミでした。

ドクダミには殺菌・抗菌作用があり、かぶれや湿疹、アトピー性皮膚炎などに効果があるといわれています。
私は、市販のお茶用パックに詰めた乾燥ドクダミをベビーバスに入れてドクダミ風呂にし、息子をお風呂に入れました。

かぶれているところにお湯をヒタヒタとかけてあげると、2週間くらいでかぶれが消えたのです。
また、ドクダミ風呂で全身を清潔に保っているせいか、お尻もおむつかぶれになりませんでした。

息子の肌ケアがきっかけで、私もドクダミを入浴剤として使うようになったのです。
ドクダミには、殺菌・抗菌作用のほかに、血行を促進させる作用があります。

ですから、ドクダミ入りのお風呂に入ると、より血流がよくなり、体がポカポカ温まるのです。
また、ドクダミには解毒作用もあるので、汗といっしょに老廃物が外に出ていきます。

さらに、ドクダミの香りにはリラックス効果があり、1日の疲れが取れて、心身ともに休まります。
ドクダミは、入浴剤にはうってつけの野草なのです。

ドクダミの入浴剤は、次のように作ります。
まず、ドクダミを摘み、葉をお湯で丁寧に洗い、水気を切ってから使います。

その後、私の場合は、10日間ほど陰干しします。
パリッと割れる程度まで乾燥させれば、じゅうぶんです。

そして、お茶用パックに、乾燥させたドクダミの葉をパンパンに詰めます。
これを1つ、湯船に入れます。

2つ以上入れると、ドクダミの色が出てタオルなどにつくので、注意してください。
お湯の中でパックをもむと、ドクダミの成分がお湯によく溶け出し、ドクダミの香りも楽しめます。

入浴中には、ドクダミ入浴剤を使ったスキンケアも可能です。
額ひたいやほおの上に乗せれば天然のドクダミパックとなり、また、それで体をこすれば、ドクダミの殺菌作用で肌がキレイになります。

さらに、ドクダミには消臭作用があるので、ワキガなど、体臭が強いかたにも、ドクダミ風呂はお勧めです。
なお、アレルギーが心配なかたは、肌へのパッチテスト(※参照)をしてからお試しください。

また、市販のドクダミ茶には、ドクダミ以外のものが混じっている場合があるので、入浴剤にはお勧めできません。

※ドクダミを初めて使う際は、必ずパッチテストをしてください。
 腕の内側など、肌のやわらかい部分で試し、赤みやかゆみなどの異常が現れたら、直ちに中止してください。

ドクダミキャップは最高のスカルプケア

ドクダミの入浴効果をさらに高めるのが、ドクダミキャップです。
ドクダミの生葉をシャワーキャップの中に敷き詰め、頭にかぶって入浴します。

すると、ドクダミが蒸されて、頭皮からジワリと汗が出てきます。
さらに、ドクダミによる血行促進の作用で頭皮が緩み、汗とともに老廃物の排出が促されます。

ドクダミには抗菌作用もあるので、老廃物が出たあとの毛穴はキレイになるのです。
頭皮のやわらかさは、健康のバロメーターです。

頭皮のかたい人は、毛穴も老廃物で詰まっています。毛穴が詰まれば頭皮の新陳代謝が落ちて、さらに頭皮がかたくなります。
こうした悪循環が、頭皮のかぶれ、フケ、抜け毛、薄毛などの原因になるわけです。

しかし、入浴時のドクダミキャップで頭皮がゆるみ、毛穴の詰まりが取れれば、頭皮自体が健康になり、髪のトラブルを防げます。
ドクダミキャップは、最高のスカルプケアといっても過言ではありません。

ドクダミキャップは、髪を洗う前にかぶり、汗が出てきたところで外し、シャンプーをします。
かぶっている時間は、5分くらいでいいでしょう。

汗が出て、ドクダミのにおいも髪につくので、丁寧に髪を洗ってください。
ちなみに、温かいコンニャクと生葉をつむじの上にじかにのせてキャップもかぶると、より頭皮が蒸されるので、効果的です(別記事参照)。

この場合も、5分くらいおけばじゅうぶんでしょう。
シャワーキャップの中のドクダミの葉は、そのままお風呂に入れれば、目にも鮮やかなドクダミ風呂になります。

また、水虫のあるかたは、ドクダミの葉をもんで足の裏に貼ったり指の間にはさんだりすると、水虫退治にも役立つでしょう。

橋爪佐和子
鍼灸の四次元堂所長・鍼灸指圧師

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
便、おなら、息や汗のにおい。こうした体のにおいの大本は、腸で作られます。腸では、食べたもののカスが腸内細菌によって分解され、その際に、におい物質を発生します。炭水化物などは、主に善玉菌によって分解され、二酸化炭素やメタンといった、においの少ないガスを作ります。【解説】五味常明(五味クリニック院長)
更新: 2019-04-30 18:00:00
頭皮や髪の毛が臭くなるのは、洗い足りないからではありません。私のクリニックには「こまめに洗髪しているのに頭が臭い、におう」という患者さんが多く来院します。そうした患者さんに勧めているのが「塩洗髪」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)
更新: 2019-04-08 10:02:18
それまでは、市販の制汗剤をいくつか使ってきましたが、ニオイにニオイを重ねているようで、満足するものに出合えませんでした。外出時のバッグの中にも、歯ブラシセットとともに、焼ミョウバンの小瓶を忍ばせています。これは20年間変わらぬ、お守りのようなものです。【体験談】『ゆほびか』編集部M(52歳)
更新: 2018-11-23 07:00:00
わが家の子どもたちは、3人とも、部活動はスポーツをしています。運動部で、特に男の子だと思春期にはニキビが出がちですが、うちの子どもたちはニキビとは無縁でした。ミョウバン水は無臭で肌にもやさしく、しかも安く手作りできるので、これからも愛用していきます。【体験談】石川淑子(仮名・パート勤務・53歳)
更新: 2018-11-07 18:00:00
今までバストと同じくらいの幅だったおなかが引っ込んだおかげで、ボディーラインにメリハリがつきました。あるとき美容院で襟足をカットする際に下を向いたら、あごのお肉がなくなっていることに気づきました。小顔になったせいか、いつもつけていた口紅も以前よりキレイに見えます。【体験談】黒川令(仮名・主婦・68歳)
更新: 2018-10-09 18:00:00
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt