【実験で証明】メニエール病、更年期障害に特効!平衡感覚の乱れを直す「しょうが紅茶」

【実験で証明】メニエール病、更年期障害に特効!平衡感覚の乱れを直す「しょうが紅茶」

めまいや耳鳴りの治療では、内耳の血流をよくする血管拡張薬や血流促進薬を処方します。しかし、薬に頼らずに、家庭で簡単に症状を解消できる方法があります。それは、毎日欠かさずショウガを取ることです。【解説】竹腰昌明(竹腰耳鼻咽喉科医院院長)


薬に頼らず簡単に症状を解消

 めまいや耳鳴りが起こる大きな原因の一つに、内耳の血流不足があります。
 内耳は、鼓膜のさらに奥に位置する器官で、その中には「前庭」と呼ばれる、体の平衡感覚をつかさどる部分があります。
 この前庭において血流が滞ると、平衡感覚が乱れ、その結果、めまいや耳鳴りが起こるのです。
 そのため、めまいや耳鳴りの治療では、内耳の血流をよくする血管拡張薬や血流促進薬を処方します。
 しかし、薬に頼らずに、家庭で簡単に症状を解消できる方法があります。
 それは、毎日欠かさずショウガを取ることです。
 ショウガの辛味成分であるジンゲロールやショウガオール、清涼感をもたらすガラノラクトンなどの成分が、内耳を含めた全身の血管を拡張させ、血流を促進してくれるのです。
 ショウガが内耳の血流促進に効果があることは、私が行った実験でも確かめられています。これは、乗り物酔いにショウガが有効かどうかを調べた実験です。
 乗り物酔いは、めまいや耳鳴りと原因が似ていて、内耳の中の前庭で平衡感覚が乱れることによって起こります。
 乗り物の不規則な振動によって、前庭にある耳石器(加速度・重力・遠心力などを感受する器官)の働きが一時的に阻害され、内耳の血流が滞り、平衡感覚が乱れてしまうのです。そして、ふらつきなどが引き起こされます。
 原因が似ているということは、乗り物酔いの防止にショウガが効果的ならば、めまいや耳鳴りにも効果がある、と推測できるはずです。
 実験では、「重心動揺計」という装置を使いました。重心動揺計とは、人の平衡感覚の良しあしを測定する装置です。
 検査台の上に立ってもらい、そのさいの揺れの激しさや方向がグラフで示され、平衡感覚が保たれていれば、グラフ中の体の揺れを示す軌跡が中心部に集中して表れます。

回転しても気分が悪くならない

 実験では、被験者を二つのグループに分けました。
 一方のグループは何も取らず、もう一方のグループには、前もってショウガを一定量取ってもらいました。
 両グループとも、被験者には左右に360度回転するイスに座ってもらい、そのイスを不規則にグルグルと左右に回転させました。
 すると、何も取らなかったグループの被験者は、しだいに気分が悪くなってきました。その時点で回転を止めて重心動揺計に乗ってもらったところ、体の揺れを表す軌跡には大きな乱れが生じていました。
 一方、前もってショウガを一定量取ってもらったグループは、イスをある程度回転させてもなかなか気分が悪くなりません。
 さらに、重心動揺計に乗ってもらっても、グラフの軌跡は回転イスに乗る前とほとんど変わらず、中央部に集中していました。
 この結果は、乗り物酔い防止にショウガが有効だ、ということを示しています。
 そして、以上のことから、ショウガが、めまいや耳鳴りにも大きな効果があると推測できるのです。

メニエール病の耳鳴り、 難聴にも有効

 メニエール病は、内耳の内部を満たしているリンパ液(体内の老廃物を運ぶ無色透明な体液)が異常に増えて、めまいや耳鳴り、難聴につながります。
 私自身の見解では、ショウガは、こういった内耳のリンパ液の増加によるメニエール病にきわめて有効だと考えられます。また、女性の場合は、更年期障害の諸症状にも効くでしょう。
 では、めまいや耳鳴りを改善させるために、ショウガをどう取ればいいのでしょうか。
 ポイントは、1日10g程度のショウガを毎日欠かさず取ることです。
 そこでお勧めしたいのが、ショウガを紅茶に加えて飲む「ショウガ紅茶」です。
 親指大のショウガを皮付きのまますりおろし、それを紅茶に入れて、毎日、飲むだけです。紅茶に入れると、ショウガの辛味が取れ、飲みやすくなります。
 ショウガは、小ぶりで、切り口が濃い黄色をしたものを選びましょう。
 こうしたショウガには、ジンゲロールやガラノラクトンなどの有効成分が豊富に含まれているからです。
 飲む時間は、朝がお勧めです。体が冷えやすい朝は、血の巡りも鈍くなっています。そこでショウガ紅茶を飲めば、血流が促進され、めまいへの効果も高まるでしょう。ショウガ紅茶を日常の習慣にしてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

忙しい生活の中で、大きな病気もせずに仕事をこなしてこれたのは食事にあります。中でも「生姜」は絶対に外せません。生姜は代謝をよくするので、太りにくくなるようです。私は、この30年以上、体形も体重もほとんど変わっていません。30年前のドレスが、今でもピッタリ体に合います。【解説】夏樹陽子(女優)


頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)


【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

そもそも話し声をよくするためには、四つの条件が必要になります。一つ目が「呼吸がしっかりしていること」。残りの三つの条件が、「舌の動き」「声帯の働き」「口の開き」が、それぞれよいことです。今回は、3種類の割りばしトレーニングをご紹介します。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【11円スリッパとは】履くだけで耳鳴り・腰痛を和らげる 2つの金属が体内に電気を流して血流を改善

【11円スリッパとは】履くだけで耳鳴り・腰痛を和らげる 2つの金属が体内に電気を流して血流を改善

鍼灸治療では、亜鉛と銅という、異なる二つの金属からできた鍼を用いて治療を行うことがあります。異なる二つの金属を使うと、わずかな電気が流れます。体内に微弱な電気を流すことで、ツボを刺激したり、血流の改善を行ったりする効果があるのです。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)