MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
夕方老眼・週末老眼・疲れ老眼を改善する【目の温パック】

夕方老眼・週末老眼・疲れ老眼を改善する【目の温パック】

私たちの研究では眼精疲労の原因のおおよそ6割をドライアイが占めています。残りの4割は、目の中の毛様体筋などの筋肉の疲れや、脳の疲労によるものです。疲れ目くらい、とほうっておくと眼病や視力低下、頭痛や不眠などを招くことがあるので甘く見てはいけません。【解説】足立和孝(あだち眼科院長)・有安正規(あだち眼科視覚訓練士長)

目の疲れを感じるのは18時からが大多数

私たちの目の表面は、常に涙によって覆われています。
涙は異物に対するバリアの機能を持ち、目を守ったり、栄養を供給したり、視力を発揮したりする重要な役目を果たしています。

まばたきが少なければ、当然ながら、涙が蒸発し、目の表面が乾きます。
また、まばたきが涙腺を刺激することで涙が分泌されるため、まばたきの不足は、ドライアイを招くのです。

ドライアイを放置すると、目の表面が傷つきます。そこから細菌に感染することもあり、視力低下の原因にもなるので要注意です。
とはいえ、ふだんからまばたきの回数を意識している人は、あまりいないでしょう。

ある人の1分間のまばたきの回数を調べたところ、街の中では39回まばたきしているのに、パソコン使用中は、たった3回しかしていませんでした。
パソコンやスマートフォン(スマホ)の画面を見続けていると、まばたきする回数が、極端にへるのです。

ドライアイになると、目の乾きによる不快感だけでなく、目が疲れやすくなり、「物が見えづらい」「かすんで見える」といった、老眼にも似た症状が出てきます。

老眼といえば、皆さんは、「夕方老眼」あるいは「週末老眼」という言葉を、耳にしたことがあるでしょうか。
現代人は、1日じゅう、目を酷使する生活を続けています。

パソコンやスマホを、それこそ朝から晩まで使っていると、目には疲労がたまる一方です。
私たちのクリニックでの、患者さんへの聞き取り調査でも、実に9割以上の人が、パソコンや携帯、スマホが原因で、目の疲れを感じると答えています。

私たちが物を見るときには、目の周囲にある「毛様体筋」という筋肉が収縮します。
これにより、レンズの役目をする「水晶体」の厚みが変わり、見たいものにピントが合うのです。

しかし、パソコンやスマホを長時間使い続けていると、この毛様体筋が疲労し、筋肉がかたくなるため、ピント合わせがスムーズにできなくなります。
実際、先の聞き取り調査で、目の疲れを感じる時間帯についても尋ねたところ、8割以上の人が、「夕方以降18時から」と回答しています。

こうして疲労が蓄積してくると、夕方には、加齢による老眼と同じように、目がかすんで物が見えづらくなることがあります。
こうしたケースを、夕方老眼と呼んでいます。

そして、平日の疲労がたまった週末に、同様の症状が起こるのが、週末老眼。
両方合わせて、「疲れ老眼」ともいえるでしょう。

加齢による老眼の進行も抑制する!

私たちの研究では、眼精疲労の原因のおおよそ6割を、ドライアイが占めています。
残りの4割は、目の中の毛様体筋などの筋肉の疲れや、脳の疲労によるものです。

疲れ目くらい、とほうっておくと、眼病や視力低下、頭痛や不眠などを招くことがあるので、甘く見てはいけません。
本来は、目の疲れを感じたらパソコンやスマホを使う環境から遠ざかり、意識して目を休めたり、遠くを見たりするのがベストです。

しかし、実際はなかなか、そうもいかないでしょう。
そこで、疲れ老眼の解消にお勧めなのが、今回ご紹介する、目の温パック。

やり方は、左の図解を参照してください。目の周囲を温めると、こりかたまった毛様体筋がほぐれてきます。

筋肉の緊張がほぐれると、血流が改善。それに伴い、目のショボショボ感や、かすみも取れるのです。

実際に、1日じゅうパソコン作業をして、夕方老眼状態になっている人の目に温パックをすると、徐々にピント調節力が改善してきます。

目が疲れたと感じたときはもちろん、夕方や就寝前などに行うよう、毎日の習慣にすれば、その日の目の疲れがリセットされます。

数日分の眼精疲労がたまって起こる、週末老眼の予防にもなります。

また、目の温パックは、毛様体筋をほぐすだけでなく、ドライアイにも効果があります。

ドライアイのなかでも、近年になってふえているのが、女性のアイメイクが原因で起こるドライアイです。
まつ毛の際の内側には、涙に含まれる油分を分泌する、マイボーム腺せんという皮脂腺があります。

目の際ギリギリにつけたアイラインやマスカラがはがれ落ち、このマイボーム腺を詰まらせてしまうことがあるのです。
メイク落としを使っても、粘膜に入った成分は取れにくく、蓄積されます。

すると、質のいい涙が分泌されず、ドライアイになるだけでなく、ほかの眼病の原因にもなりえます。
目の温パックは、マイボーム腺の油分の循環をよくして、汚れを浮かし、この詰まりを解消するのに有効です。

蒸しタオルがめんどうな人は、薬局などで売られている、市販のホットアイマスクを利用するといいでしょう。
ドライアイや疲れ老眼をこまめにケアすることが、加齢による老眼の進行を遅らせることにもつながるのです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。【解説】浅川賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学専任講師)
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)