【更年期と薬】症状を抑える薬の飲みすぎに注意!漢方なら少ない種類で改善可能

【更年期と薬】症状を抑える薬の飲みすぎに注意!漢方なら少ない種類で改善可能

更年期障害は、女性ホルモンが減ってくる閉経前後の女性の不調です。現代の医療は臓器別に細分化されているため、多彩な症状があっても、それらを総合的に診ることはあまりしません。症状を抑える薬を複数飲んでも、根本的な問題は解決されていないので、不調も改善されないままです。【解説者】高橋浩子(ひろこ漢方内科クリニック院長)


高橋 浩子
ひろこ漢方内科クリニック院長

薬の飲み過ぎで胃腸が不調になり不安に陥る

更年期障害は、女性ホルモンが減ってくる、閉経前後の女性の体に現れる不調です。
のぼせ、ほてり、手足の冷え、動悸、肩こり、頭痛、めまい、血圧の変動、不安感、不眠など、多岐にわたる症状が複合的に出ることが特徴です。

多彩な症状は、卵巣から分泌される女性ホルモンが減ることで、卵巣に指令を出す脳の中枢が混乱し、それが自律神経にも影響するために出てきます。
自律神経は、体温、発汗、脈拍、血圧などの働きを調節しているので、全身にさまざまな症状が現れるのです。

しかし、現代の医療は臓器別に細分化されているため、多彩な症状があっても、それらを総合的に診ることはあまりしません。
一つひとつの症状を別々にとらえ、血圧が高ければ降圧剤、動悸には脈を抑える薬、不安感には精神安定剤、眠れないなら睡眠薬、頭痛や肩こりには鎮痛剤……といったぐあいに、症状の数だけ薬を処方していきます。

その結果、薬の飲み過ぎで胃腸の調子が悪くなり、不安に陥ることも少なくありません。
症状を抑える薬を複数飲んでも、根本的な問題は解決されていないので、不調も改善されないままです。

あげくの果て、医師から「神経質なんじゃないか」と心ないことをいわれ、涙ながらに私の漢方クリニックに来る女性もいます。
婦人科では、更年期女性に、少量の女性ホルモンを飲み薬や貼り薬で使う、ホルモン補充療法が主に行われています。

更年期の代表的な症状であるホットフラッシュにはよく効きますが、不安やうつ症状など、精神的な症状には効果が現れない場合があります。
また、乳ガンの発生率が高まるという報告や、子宮筋腫や子宮内膜症が悪化することもあります。

いきなりホルモン補充をやめると、のぼせやほてりなどの症状がぶり返すこともあり、慎重な使い方が必要です。
更年期女性の多彩な症状の治療を得意とするのが、私が専門とする漢方薬です。

漢方では、その人の体・心・環境を総合的に考え、根本原因となっているバランスのくずれを整えていきます。
そのため、西洋薬の治療とは対照的に、少ない種類の薬で、多くの症状を改善することができるのです。

また、漢方薬は身近な自然の生薬を配合したものです。
副作用が少ないので、抵抗なく受け入れることができます。

もちろん、事前にほかの病気がないかどうかを確認しておくことは重要です。
そのうえで、症状が更年期によるものであれば、漢方薬を使うことで、飲んでいる複数の西洋薬を減らすことも可能です。

漢方薬がよく効いて西洋薬の断薬に成功!

漢方薬で更年期の症状が改善し、西洋薬をやめることができた例をご紹介しましょう。
Aさんは、閉経した54歳ごろから、いろいろな体の不調を感じるようになりました。

循環器科では高血圧と診断され、降圧剤のニューロタン(一般名=ロサルタンカリウム)、頻脈を抑えるインデラル(一般名=プロプラノロール塩酸塩)、狭心症の治療薬のシグマート(一般名=ニコランジル)、抗不安薬のデパス(一般名=エチゾラム)を処方されましたが、1年経っても症状はよくなりません。
56歳で当院に来られたときは、髪はボサボサ、化粧もせず、寝間着姿でした。

目はうつろで、立ちくらみ、頭痛、のぼせ、動悸、肩こり、不安感を訴えていました。
そこで、更年期の症状によく効く「女神散」という漢方薬を処方し、ほかの薬を少しずつ減量しました。

2週間後に来たAさんは、別人のようでした。
きちんと身なりを整えて、笑顔で現れ、症状がすべて改善したというのです。

けっきょく、西洋薬は4剤ともやめることができました。
このように、漢方薬はその人にぴったり合えば、素早く効きます。

漢方薬を処方する医療機関は多数ありますが、できれば漢方専門医がいる病院を選ぶことをお勧めします。
また、漢方薬とホルモン補充療法は併用することもでき、自分に合った治療法を選ぶことが大切です。

なお、更年期の症状に対して自分でできる対策は、食生活を工夫することです。
更年期女性の多くは、体が冷えています。

顔はのぼせているのに、足は冷えていることが多く、「冷えのぼせ」の状態になっています。
ですから、体を冷やす食べ物は避け、体を温める食べ物を意識してとるようにしましょう(上の図参照)。

涼性・寒性の物を食べる場合は、火を加えると、体を冷やす作用は弱まります。
また、温性に分類されるショウガも、生をすりおろして食べるより、一度蒸して天日に干した物(下の図参照)を食べたほうが、体を温める作用がより強まります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


更年期障害 漢方 ショウガ

関連する投稿


冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

忙しい生活の中で、大きな病気もせずに仕事をこなしてこれたのは食事にあります。中でも「生姜」は絶対に外せません。生姜は代謝をよくするので、太りにくくなるようです。私は、この30年以上、体形も体重もほとんど変わっていません。30年前のドレスが、今でもピッタリ体に合います。【解説】夏樹陽子(女優)


【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

「トマトは体にいい」そういうイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、どんな健康効果があるのかといえば、意外に漠然としているのではないでしょうか。そこで、トマトの健康効果を検証した一つの研究をご紹介しましょう。【解説】寺内公一(東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科・女性健康医学講座教授)


【男性更年期障害】うつ病との違いは? EDを改善する“筋トレ”と前立腺肥大の治療

【男性更年期障害】うつ病との違いは? EDを改善する“筋トレ”と前立腺肥大の治療

男性にも「更年期障害」があるのをご存じでしょうか。男性の更年期障害は、加齢に伴うテストステロン(男性ホルモンの一つ)の分泌量の低下が主な原因となり、50~60代以降の中高年男性に現れる心と体の不調をいいます。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


【目が疲れる まぶしい】かすみ目や黄斑変性を食事で改善!疲れ目解消スープの作り方

【目が疲れる まぶしい】かすみ目や黄斑変性を食事で改善!疲れ目解消スープの作り方

中医学では、古来から「薬食同源」の思想があります。煎じて漢方薬となる生薬の中には、鉱物や木の皮、動物の骨など通常は食用にしないものも含まれていますが、ごく普通に食べられている食材も多いのです。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【痰がからむ・声枯れ】カリスマボイストレーナー佐藤涼子さんのお勧めは「生姜紅茶」私はパニック障害を克服

【痰がからむ・声枯れ】カリスマボイストレーナー佐藤涼子さんのお勧めは「生姜紅茶」私はパニック障害を克服

ショウガ紅茶は、飲んだ直後から体を温めます。そのため、筋肉の緊張がほぐれ、声が出やすくなります。声が枯れたり、タンがからみやすくなるのは、声帯のむくみが主な原因です。ショウガ紅茶には、体にたまった水分や老廃物を、素早く排泄する働きがあるので、のどのむくみもすぐに解消します。【解説】佐藤涼子(ボイストレーナー)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)