MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
薬の飲みすぎに注意!漢方なら少ない種類で改善可能

薬の飲みすぎに注意!漢方なら少ない種類で改善可能

更年期障害は、女性ホルモンが減ってくる閉経前後の女性の不調です。現代の医療は臓器別に細分化されているため、多彩な症状があっても、それらを総合的に診ることはあまりしません。症状を抑える薬を複数飲んでも、根本的な問題は解決されていないので、不調も改善されないままです。【解説者】高橋浩子(ひろこ漢方内科クリニック院長)

高橋 浩子
ひろこ漢方内科クリニック院長
●ひろこ漢方内科クリニック
http://hiroko-kampo.com/index.html

薬の飲み過ぎで胃腸が不調になり不安に陥る

更年期障害は、女性ホルモンが減ってくる、閉経前後の女性の体に現れる不調です。
のぼせ、ほてり、手足の冷え、動悸、肩こり、頭痛、めまい、血圧の変動、不安感、不眠など、多岐にわたる症状が複合的に出ることが特徴です。

多彩な症状は、卵巣から分泌される女性ホルモンが減ることで、卵巣に指令を出す脳の中枢が混乱し、それが自律神経にも影響するために出てきます。
自律神経は、体温、発汗、脈拍、血圧などの働きを調節しているので、全身にさまざまな症状が現れるのです。

しかし、現代の医療は臓器別に細分化されているため、多彩な症状があっても、それらを総合的に診ることはあまりしません。
一つひとつの症状を別々にとらえ、血圧が高ければ降圧剤、動悸には脈を抑える薬、不安感には精神安定剤、眠れないなら睡眠薬、頭痛や肩こりには鎮痛剤……といったぐあいに、症状の数だけ薬を処方していきます。

その結果、薬の飲み過ぎで胃腸の調子が悪くなり、不安に陥ることも少なくありません。
症状を抑える薬を複数飲んでも、根本的な問題は解決されていないので、不調も改善されないままです。

あげくの果て、医師から「神経質なんじゃないか」と心ないことをいわれ、涙ながらに私の漢方クリニックに来る女性もいます。
婦人科では、更年期女性に、少量の女性ホルモンを飲み薬や貼り薬で使う、ホルモン補充療法が主に行われています。

更年期の代表的な症状であるホットフラッシュにはよく効きますが、不安やうつ症状など、精神的な症状には効果が現れない場合があります。
また、乳ガンの発生率が高まるという報告や、子宮筋腫や子宮内膜症が悪化することもあります。

いきなりホルモン補充をやめると、のぼせやほてりなどの症状がぶり返すこともあり、慎重な使い方が必要です。
更年期女性の多彩な症状の治療を得意とするのが、私が専門とする漢方薬です。

漢方では、その人の体・心・環境を総合的に考え、根本原因となっているバランスのくずれを整えていきます。
そのため、西洋薬の治療とは対照的に、少ない種類の薬で、多くの症状を改善することができるのです。

また、漢方薬は身近な自然の生薬を配合したものです。
副作用が少ないので、抵抗なく受け入れることができます。

もちろん、事前にほかの病気がないかどうかを確認しておくことは重要です。
そのうえで、症状が更年期によるものであれば、漢方薬を使うことで、飲んでいる複数の西洋薬を減らすことも可能です。

漢方薬がよく効いて西洋薬の断薬に成功!

漢方薬で更年期の症状が改善し、西洋薬をやめることができた例をご紹介しましょう。
Aさんは、閉経した54歳ごろから、いろいろな体の不調を感じるようになりました。

循環器科では高血圧と診断され、降圧剤のニューロタン(一般名=ロサルタンカリウム)、頻脈を抑えるインデラル(一般名=プロプラノロール塩酸塩)、狭心症の治療薬のシグマート(一般名=ニコランジル)、抗不安薬のデパス(一般名=エチゾラム)を処方されましたが、1年経っても症状はよくなりません。
56歳で当院に来られたときは、髪はボサボサ、化粧もせず、寝間着姿でした。

目はうつろで、立ちくらみ、頭痛、のぼせ、動悸、肩こり、不安感を訴えていました。
そこで、更年期の症状によく効く「女神散」という漢方薬を処方し、ほかの薬を少しずつ減量しました。

2週間後に来たAさんは、別人のようでした。
きちんと身なりを整えて、笑顔で現れ、症状がすべて改善したというのです。

けっきょく、西洋薬は4剤ともやめることができました。
このように、漢方薬はその人にぴったり合えば、素早く効きます。

漢方薬を処方する医療機関は多数ありますが、できれば漢方専門医がいる病院を選ぶことをお勧めします。
また、漢方薬とホルモン補充療法は併用することもでき、自分に合った治療法を選ぶことが大切です。

なお、更年期の症状に対して自分でできる対策は、食生活を工夫することです。
更年期女性の多くは、体が冷えています。

顔はのぼせているのに、足は冷えていることが多く、「冷えのぼせ」の状態になっています。
ですから、体を冷やす食べ物は避け、体を温める食べ物を意識してとるようにしましょう(上の図参照)。

涼性・寒性の物を食べる場合は、火を加えると、体を冷やす作用は弱まります。
また、温性に分類されるショウガも、生をすりおろして食べるより、一度蒸して天日に干した物(下の図参照)を食べたほうが、体を温める作用がより強まります。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
指ヨガの基本的なやり方として、中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 
実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)
私は長い間、重度の生理痛が悩みの種でした。ほかにも、多くの不調を抱えていました。肩や首が常にこっていて、そけい部は重だるく、手足もむくんで、パンパンです。食べ始めて、1ヵ月ほどが過ぎたころでしょうか。朝、スッと起きられるようになったことに気づきました。体に疲れも残っていません。【体験談】杉浦麻衣香(会社員・30歳)
寝る前に1分間、おでこを冷やしてみました。すると、頭が休まる感じがして、その日はスッと眠れたのです。以前はのぼせて脳が膨張し、鬱血しているかのような感じだったのに、スーッと何かが抜けるように楽になったのです。【体験談】吉田倫子(仮名・会社員・43歳)
閉経後の出血があり、治療が必要な病気ではない場合、病院で「様子をみてください」と言われることがほとんどかと思います。相談者さまの出血も、膣粘膜からの出血の可能性があります。それなら、セルフケアで改善することができます。その方法としてお勧めするのが「会陰マッサージ」です。【解説】たつのゆりこ (Be born助産院院)
最新記事
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)