MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ジェネリック】安易な切り替えにご用心!効き目が同じではない商品もある

【ジェネリック】安易な切り替えにご用心!効き目が同じではない商品もある

本来あるべき「安かろう、よかろう」のジェネリック薬が、「安かろう、悪かろう」ではないかという声が挙がっています。実際、ジェネリック薬に変更した患者さんたちから、「効き方が違う」「変えてから体調が優れない」「副作用が現れた」といった問題点が指摘されるようになったのです。【解説者】長尾和宏(長尾クリニック院長)

切り替えた患者さんから問題点が続々寄せられた

世界屈指の薬大国である日本。
80~90代のかたが毎日、20種類もの薬を飲んでいる例は、珍しくありません。

特に、高齢者へのこうした薬の多剤投与は、世界に冠たる国民皆保険制度の、負の側面であるといってもいいでしょう。

その背景には、臓器別の専門医療という、西洋医学的思考の行き詰まりがあります。
「薬剤で病気を治す」という思考では、若年者には有効でも、高齢者には対応できません。

そして、製薬会社による利益追及などの要素も絡み合った結果が、多剤投与というわけです。
多剤投与は、医療費増加の一因です。

よって、医療費削減のためにも、そして患者さんの尊厳を守るためにも、多剤投与の改善が、国家にとっても急務となっています。
しかし、医療費削減のために国が推し進めているのは、減薬ではなく、「ジェネリック医薬品」の普及運動でした。

薬価が「先発薬」の7掛けという低価格がウリの「ジェネリック薬」は、「後発薬」とも呼ばれています。
新薬の有効性や安全性が特許として認められるのは、10年間です。

この期間が過ぎると、さまざまな製薬メーカーが同じ成分の薬であるジェネリック薬を製造できるようになります。
ジェネリック薬は、数百億円もの開発費用と長い開発期間が不要なため、薬価が新薬の7割以下なので、確かに医療費削減につながります。

特に5~6年前からは、「有効成分が同じで低価格」という触れ込みで、マスコミを通じたジェネリック薬への誘導が盛んに行われています。
テレビ広告では、「安かろう、よかろう」のイメージを前面に出し、ジェネリック薬を宣伝しています。

政府は2020年までに、現在60%のジェネリック薬の普及率を、80%までに上げる目標を掲げています。
また、薬局に対しても、ジェネリック薬の処方割合が高い薬局ほど診療報酬が高くなるしくみとし、ジェネリック誘導が強化されています。

実際、ジェネリック薬の処方割合が低い薬局ほど、経営が難しくなっているのが現状です。
このように、国があの手この手で急速に進めるジェネリック誘導。

しかし、本来あるべき「安かろう、よかろう」のジェネリック薬が、「安かろう、悪かろう」ではないかという声が挙がっています。
実際、ジェネリック薬に変更した患者さんたちから、「効き方が違う」「変えてから体調が優れない」「副作用が現れた」といった問題点が指摘されるようになったのです。

すべての成分が同じではないため危険性が高まる

なぜ、このような問題が起こるのでしょうか。
アメリカやイギリスなどの先進国にもジェネリック薬はありますが、それらの国には、専門の審査機関があり、厳しい品質管理が行われています。

残念なことに、日本には、ジェネリック薬専門の審査機関がありません。
医薬品の品質管理の遵守は、製造するメーカーごとに義務づけられていますが、第三者によるチェックは行われていないため、品質管理が甘くなる場合があります。

そのうえ、新薬とは違い、開発費用のかからないジェネリック薬を製造するメーカーには、小規模の会社も多く存在します。
こうして製造される薬の品質は、大手製薬会社による一流のジェネリック薬がある一方、三流のジェネリック薬も存在するのが現状です。

また、ご存じのように、一つの薬には、いくつもの成分が含まれています。
ジェネリック薬の場合も、主成分が新薬と同じでも、すべての成分が同じというわけではありません。

よって、新薬と比べて、効果が明らかに劣る薬が製造されてしまう可能性があるのです。
新薬では出なかった副作用が出る可能性も、十分考えられます。

ですから、ジェネリック薬を選択する際には、すべてが新薬と同じ成分、同じ効き目ではないことなど、不安要素をあらかじめ知っておく必要があるでしょう。
少なくとも、ジェネリック薬に切り替えたあとに効き目がなくなったり、これまでになかった副作用が続いたりする場合は、症状の悪化を考える前に、「ジェネリック薬のせいかな」と疑ってみてください。

そして、遠慮なく正直に医師や薬剤師に相談してください。
ジェネリック薬と先発品のどちらを選ぶかは、患者さん側に権利があります。

しかし、「安い」という触れ込みに安易に乗り後悔するのも、患者さん側です。
よく理解し十分に納得したうえで、先発品かジェネリック薬かを選んでください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-08 13:48:43
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt