更年期障害や頻尿が改善する「目の温め方」“眉毛”まで温めると美肌効果も

更年期障害や頻尿が改善する「目の温め方」“眉毛”まで温めると美肌効果も

私の治療院では、主に女性の患者さんを対象に施術を行っています。実際、目を温めるセルフケアを続けている患者さんからは、「生理不順が改善して周期が整った」「生理痛や、生理前の不快な症状が改善した」といった声が寄せられています。【解説】重永志帆(Ohanaroom鍼灸治療院院長)


まゆ毛まで温めると肌ツヤがよくなる!

私の治療院では、主に女性の患者さんを対象に施術を行っています。
不妊に悩むかたや妊産婦さん、更年期の不調を抱えるかた、高齢で体調をくずしたかたなど、多岐にわたります。

鍼灸治療の効果を持続させたり、体調を整えたりするために、私がお勧めしているのが、おなかと腰、足首を冷やさないことと、「目を温める」というセルフケアです。
ドラッグストアやコンビニで売られている「目を温めるホットシート」などを利用すると手軽です。

私は、米ぬかやアズキを入れた布袋を、レンジで温めて目にのせていますが、何もない場合は、蒸しタオルでもいいでしょう。
東洋医学では古来、目と子宮には深い関連があるとされています。

そのため、目を温めることで子宮の血流がよくなり、婦人科系の症状の改善が期待できるのです。
実際、目を温めるセルフケアを続けている患者さんからは、「生理不順が改善して周期が整った」「生理痛や、生理前の不快な症状が改善した」といった声が寄せられています。

長年不妊に悩んでいたかたが、妊娠した例もあります。また、「頻尿が軽快した」というかたもいます。
まゆ毛まで温めると、美容効果も期待できます。

まゆ毛には、女性ホルモンを活性化するツボが並んでいるので、美容鍼では、必ずまゆ毛に鍼を打ちます。
目を温める際、まゆ毛まで覆うと、肌のツヤがよくなったり、透明感が出たりするでしょう。

目を温める時間や回数は、特に決まっていません。「気持ちいい」と感じられる範囲で行ってください。
私も患者さんも、たいてい就寝時に目の上にホットシートをのせ、そのまま眠ってしまいます。

蒸しタオルを使う場合は、寝ている間に目から落ちて布団をぬらすことがあるので、寝入る前に外しましょう。

すぐ入眠できて朝まで熟睡

「気持ちが落ち着く」「疲れが取れる」

さて、目を温めると、なぜ女性特有の悩みが改善するのでしょうか。

東洋医学では、目は五臓(肝・心・脾・肺・腎)のうち、肝に支配されています。
肝は、血を貯蔵して解毒し、これを全身に巡らせる働きを持ちます。

目は、血管が密集していて、多くの血液を必要とする器官です。
目が極度に疲労すると、目を支配する肝の機能が低下し、血液を全身に巡らせることが難しくなります。

その影響を強く受ける臓器の一つが、子宮です。子宮の血流が滞った状態を、東洋医学では「瘀血」といいます。

瘀血があると、生理痛や生理不順、頭痛、肩こりが起こります。
また、肝の働きが低下すると、肝とかかわりの深い腎も弱ってきます。

気き(生命エネルギー)を貯蔵し、巡らせる働きを持つ腎が低迷すると、冷えのぼせやめまいなど、更年期障害の症状が出てくるのです。

長時間パソコン作業をしたあとや、目の疲れを感じたときは、小まめに目を温めましょう。
目が休まることで肝の働きが回復して、血液が子宮へ巡るようになり、腎も元気になります。

その結果、さまざまな症状が緩和されるのです。また、西洋医学での見地からも説明できます。
目を酷使すると、体を活動的にする交感神経が過度に緊張して、自律神経のバランスが乱れます。

その結果、肩や首のコリ、頭痛、慢性疲労、不眠、イライラなどが起こってくるのです。
目を温めて休めるケアは、自律神経のバランスを整えて体調を改善する、有効な手段といえます。

実際、目を温めるセルフケアを実践する人からは、「すぐに眠れる」「朝まで熟睡できる」「気持ちが落ち着く」「疲れが取れる」という声が聞かれます。
自律神経やホルモン分泌は、ストレスの影響を強く受けます。

最近、原因が特定できない不快症状に悩む人がふえていますが、その多くはストレスによるものだと思います。
病気や不快症状を未然に防ぐためにも、目を温めるセルフケアはお勧めです。

なにより、非常に心地よく、心身がリラックスします。ぜひお試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)


痩せる効果アップ!【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖でクエン酸回路を活性化!

痩せる効果アップ!【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖でクエン酸回路を活性化!

ムラカミ式酢キャベツは、砂糖を使用します。これには、もちろん味を調える意味合いも大いにありますが、それだけではありません。「クエン酸回路」と呼ばれる、私たちのエネルギー代謝システムを活性化する狙いがあるのです。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・料理研究家)


手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

「解毒作用のあるアズキは取りたいけれど、お砂糖が気になる」というかたがいらっしゃると思います。そんな皆さんにぴったりなのが、お砂糖が入っていない「発酵あんこ」です。やさしい甘さに糀の力を感じ、私は食べた瞬間、「ホントにコレすごい!」と笑いが出たほどでした。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


繰り返すニキビは「顔の毛」が原因! 正しい「顔そり」のメリットとやり方

繰り返すニキビは「顔の毛」が原因! 正しい「顔そり」のメリットとやり方

意外に思われるかもしれませんが、顔の毛は思いのほか皮膚に悪さをしています。顔そりは美肌になる秘訣の一つであり、皮膚科的にも美容的にもよいことずくめのケアなのです。正しい方法で顔をそれば、毛が濃く見えるようなことはありませんし、ケアの後にヒリヒリしたり、赤くなったりすることもありません。【解説】赤須玲子(赤須医院院長)


夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)