【ダイエットに】骨盤に「カイロ」を貼ると痛みやしびれが改善 代謝が上がりやせ体質に

【ダイエットに】骨盤に「カイロ」を貼ると痛みやしびれが改善 代謝が上がりやせ体質に

皆さんは、カイロをどのように使っているでしょうか。おそらく、ひざが痛ければひざに貼り、手がこわばれば手に握り、おなかが冷えればおなかに貼る、というように、症状のある場所を温めている人が多いと思います。しかし、カイロを使う場所として私がお勧めするのは「痛いところ」ではありません。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)


骨盤の関節を温めると筋肉が緩み痛みが改善

寒さが厳しくなるこれからの季節、使い捨てカイロを利用する人がふえてきます。
最近では、大きさや形のバリエーションが豊富になり、体の各部位をカイロで温めることが可能になってきました。

皆さんは、カイロをどのように使っているでしょうか。
おそらく、ひざが痛ければひざに貼り、手がこわばれば手に握り、おなかが冷えればおなかに貼る、というように、症状のある場所を温めている人が多いと思います。

しかし、カイロを使う場所として私がお勧めするのは、「痛いところ」ではありません。
痛みを感じる場所と、痛みを引き起こしている場所は、必ずしも一致しないからです。

お尻の割れめの上端と、ウエストの間あたりに、カイロを貼ってください。
ここには、骨盤を構成する仙骨と腸骨の連結部、仙腸関節があります。この仙腸関節こそが、全身の痛みや不調をつかさどる重要ポイントなのです。

ここで、骨盤について簡単に説明しましょう。

骨盤は、背骨と下半身の骨をつなぐ、体の土台となる骨です。
前述したように、中心にある仙骨と、両側に張り出した腸骨は、仙腸関節でつながっています。

実をいうと、この仙腸関節の動きは、全身の動きと深いかかわりがあるのです。
仙腸関節の動きが悪いと、その影響は全身に及びます。

ほかの関節の動きも悪化し、筋肉が緊張して血流も悪くなって、痛みやしびれが発生します。

私は、仙腸関節を整える手技を治療に取り入れています。
患者さんの仙腸関節の動きがよくなるにつれ、痛みやしびれが軽減していくのを、日々、目の当たりにしています。

仙腸関節の動きがスムーズになると、全身の関節の動きがよくなります。
筋肉の緊張が取れ、血流もよくなって痛みが改善するのです。

冷えが原因の痛みは瞬時に軽減する!

治療の補助となるセルフケアとして、私が患者さんにお勧めしているのが、仙腸関節の上にカイロを貼って温める「骨盤カイロ」です。
カイロの熱で、仙腸関節の働きが回復します。そうすると、全身の関節や筋肉、神経の緊張が緩和し、痛みやしびれが改善するのです。

患者さんのなかには、「腰が痛いのでカイロを貼っているが、改善しない」というケースが見られます。
これは、貼る位置を間違えている可能性があります。腰の上のほうが痛い場合でも、カイロは必ず骨盤に貼りましょう。

仙腸関節を温めて、機能を回復させることが、この療法のポイントです。
骨盤にカイロを貼ったうえで、痛みを感じる腰や足にカイロを追加して貼るのは、問題ありません。

各自で、症状がより楽になる方法を工夫してください。
「楽になった」「つらくなった」という感覚を大事にして、セルフケアの方法を少しずつ調整していきましょう。

基本は守りつつ、自分なりにアレンジすることも大事です。骨盤カイロは、非常に即効性があります。
冷えが原因の痛みなら、カイロを貼って瞬時に症状が軽減することも少なくありません。

もちろん、その場で効果を実感できなくても、長期間続けることで仙腸関節の動きがよくなり、症状が改善に向かうでしょう。
少なくとも、1ヵ月は続けてみてください。筋肉が緩み、血行がよくなることで、内臓の働きや心身の安定をつかさどる自律神経のバランスも整います。

現代人は、多忙でストレスがたまりやすく、自律神経のバランスが乱れがちです。
骨盤カイロを行うことで、自律神経のバランスが整い、免疫力も高まります。

カゼやインフルエンザが流行するこれからの季節、骨盤カイロを予防対策の一つとして取り入れてください。
また、骨盤を温めると、全身の血流がよくなるので、代謝が高まります。

いわゆる「やせ体質」になって、ダイエット効果が現れる人も少なくありません。
カイロを使うときに注意していただきたいのは、低温ヤケドです。

直接肌に貼ることは、絶対に避けてください。
必ず衣服の上から貼り、肌着の場合は、2枚以上重ねた上から貼りましょう。

また、カイロは朝起きたときに貼り、夜寝る前にはがしてください。
熱は皮膚を乾燥させるので、カイロが当たる部分には、保湿効果のあるクリームなどを塗って保護するといいでしょう。

次の記事では、実際に骨盤カイロを実践して、痛みやしびれ、不快症状が改善した人の症例をご紹介します。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【風邪・インフルエンザの予防】血管強化で感染症を防ぐ!ゴースト血管を修復するシナモンの効果に注目

【風邪・インフルエンザの予防】血管強化で感染症を防ぐ!ゴースト血管を修復するシナモンの効果に注目

シナモンは、パンやお菓子などにもよく使われる香辛料。あの独特の甘い風味と香りを楽しみながらカゼの予防ができるなんて、こんな楽しい健康法はめったにありません。ゴースト血管を予防し、かつ修復する機能がシナモンにあることがわかってきました。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物研究所教授)


【歯周病を予防】舌の力を高めて唾液を分泌「舌回しエクササイズ」で誤嚥も防げる

【歯周病を予防】舌の力を高めて唾液を分泌「舌回しエクササイズ」で誤嚥も防げる

歯科医として30年以上、たくさんの患者さんを診てきましたが、ムシ歯が1本もない歯周病の患者さんは数人しかいませんでした。このことから、口の中の環境をきれいに整えておくことが、いかに大切かということがわかります。【解説】宝田恭子(宝田歯科医院院長)


【ストレートネック】肩こり・しびれ・めまい・うつを招く“スマホ首”を改善する方法

【ストレートネック】肩こり・しびれ・めまい・うつを招く“スマホ首”を改善する方法

スマートフォンを使うとき、私たちは、画面を見るために頭を前方に傾けます。頭を傾けてスマホを見る時間が長ければ長いほど、頸椎はどんどん疲弊していきます。こうした疲弊は、まず肩や首のこりに現れます。【解説】酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【更年期障害】ほてり、多汗、腰痛が改善した!寝床で足をモゾモゾする「操体法」とは

【更年期障害】ほてり、多汗、腰痛が改善した!寝床で足をモゾモゾする「操体法」とは

患者さんの中には操体法を実践して、更年期障害によるほてりや多汗、ひざ痛、腰痛、五十肩、また加齢性の難聴まで軽快した人もいます。脳梗塞の後遺症がある人は、通常のリハビリは痛くてできないと操体を実践し、可動域が上がりました。【解説】永島知子(ながしまクリニック院長)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】