【骨盤にカイロを貼る】脊柱管狭窄症の痛みとしびれが消えた、ひざの痛みも改善

【骨盤にカイロを貼る】脊柱管狭窄症の痛みとしびれが消えた、ひざの痛みも改善

「骨盤カイロ」を実践して、体調が改善した例をご紹介しましょう。まず、57歳の女性Aさんです。Aさんは、ある日突然、足が上がらなくなり、歩けなくなりました。検査の結果、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアを併発していることが判明しました。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)


慢性腰痛が2日で消失!3年来のひざ痛が軽快!

痛みや不調の原因が、骨盤の仙腸関節の不具合であり、カイロで温めることで改善することを、前の記事でご説明しました。

ここでは、「骨盤カイロ」を実践して、体調が改善した例をご紹介しましょう。

まず、57歳の女性Aさんです。Aさんは、ある日突然、足が上がらなくなり、歩けなくなりました。
検査の結果、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアを併発していることが判明。

背骨から出ている神経が、圧迫されていたのです。
手術やリハビリを経て退院したあとも慢性的な腰痛が続き、治療を受けても、一時的に痛みが軽減するだけでした。

そんなとき、『壮快』で骨盤カイロを知り、実践したところ、たった2日で腰痛が消失。

以前はできなかった正座や小走りなどが、自然にできるようになって感激したそうです。
原因を取り除いても痛みが残るケースには、骨盤カイロが劇的な効果を現します。

全身の血流が改善し、関節や神経が本来の働きを取り戻すからです。
また、70歳の女性Bさんは、左足のひざを打って以来、痛みが3年以上続いていました。

ひざが曲がらないので正座ができず、歩くときも足を引きずっていたといいます。
Bさんのように、体の一部を打ちつけると、反射的に全身の筋肉や関節が硬直し、血液循環が滞って全身が冷えてしまいます。

ケガをした箇所だけでなく、全身に悪影響が及ぶのです。
Bさんは、朝から夜まで骨盤にカイロを貼りました。

すると、3ヵ月後にはひざ痛が軽快して、足を引きずらなくなり、以前から悩んでいた腰痛も頻尿も改善したとのこと。
骨盤にカイロを貼ると、膀胱も温まるので、頻尿が改善したのでしょう。

70歳の男性Cさんは、「脊柱管狭窄症で、腰が痛く、足がしびれて歩けない」ということで来院しました。
治療後、自宅で骨盤カイロを行うように指導したところ、数週間後の再診時には、スタスタ歩いて来院。

「カイロを貼っていれば、痛みもしびれも感じない。おかげで歩けるようになった」と笑顔で報告してくれました。

2ヵ月で12kg減量し痔まで解消した!

カイロを貼ったら自然とやせた!

骨盤カイロが効果を発揮するのは、関節痛だけではありません。
現代医学では治癒が難しいとされる症状も、改善が期待できます。

18歳の女性Dさんは、全身の冷えと痛み、耳鳴りがあり、線維筋痛症という原因不明の難病の診断を受けました。
いつもは足先に貼っていたカイロを、骨盤に貼り替えたところ、耳鳴りが消え、全身の痛みと冷えも軽快したと喜んでいます。

69歳の女性Eさんは、50歳を過ぎたころから冷え症がひどくなり、真夏でも手足が冷え切った状態でした。
そのころから、ひざ痛や腰痛、めまいに悩まされるようになったといいます。

それまでも、寒さをしのぐために、日中、カイロを背中に貼っていたそうですが、貼る位置を骨盤に変えたところ、手足の冷えがなくなり、ひざ痛と腰痛が消失。
めまいも起こらなくなったのです。

耳鳴りやめまいの改善法は、多くの人が探し求めているでしょう。
耳鳴りやめまいは、内耳の血流やリンパの流れが関係しているといわれます。

骨盤にカイロを貼ると、全身の関節や筋肉が緩み、血液のみならず、リンパの循環も改善します。
その結果、耳鳴りやめまいの軽減につながるのです。

潰瘍性大腸炎という難病を、10年以上患っていた60歳の女性Fさんは、骨盤カイロを続けたところ、下痢の回数が半減しました。
それまで、下腹部だけ温めていたところに、骨盤カイロを加えてみると、症状が格段によくなったのです。

仙腸関節を温めることの重要性を示す、すばらしい例だと思います。

最後に、骨盤カイロで減量できた例をご紹介しましょう。

29歳の女性Gさんは、最初、冷え症改善のために骨盤カイロを開始。
すると、2ヵ月で自然に12kgも減量し、夜間頻尿や痔まで解消したそうです。

34歳の男性Hさんも、カイロを使ってダイエットに成功しました。
骨盤カイロを始めて1週後に体重が1kgへり、1ヵ月後にはトータルで6kgもやせたといいます。

体に冷えがあると、血流が滞り、代謝が低下して太りやすくなります。
仙腸関節をカイロで温めると、全身の血流が改善します。

すると、体温が上がり、代謝が高まって、いわゆる「やせ体質」に変わるのです。
痛みやしびれ、原因不明の症状などを改善したい人は、骨盤カイロをお試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

朝食をトマト1個にして2カ月後、最大血圧が125mmHg程度と正常範囲内で落ち着くようになりました。降圧剤を飲んでいても下がらなかった血圧が、トマトを毎朝食べているだけでこんなにあっさりと下がるのかと、びっくりしました。【体験談】仁科敏子(仮名・無職・83歳)


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

果実や野菜などの有効成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。しかし、レモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


【片付け術】痩せた!腰痛がなくなった‼心も体も健康になる「勝手に片付く家」の作り方

【片付け術】痩せた!腰痛がなくなった‼心も体も健康になる「勝手に片付く家」の作り方

テレビで話題の“時短家事”の専門家が直伝!「勝手に片づく家」を作る3つの秘策!家事効率がよくなると、「めんどうな家事」も、気軽に、気楽に、ごく短時間で取り組める「楽しい家事」に変わります。【解説】本間朝子(知的家事プロデューサー)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】