MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【女性の膀胱炎】骨盤の冷えが原因!湯たんぽ療法で夜間頻尿も改善

【女性の膀胱炎】骨盤の冷えが原因!湯たんぽ療法で夜間頻尿も改善

女性が膀胱炎や頻尿、尿失禁などに悩んでいる場合、骨盤が冷えているケースが多いものです。というのも、骨盤の冷えは、これらの泌尿器系の疾患を引き起こす誘因の一つであるからです。症状を悪化させる原因の一つは、冷えにあります。【解説】奥井識仁(よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長)

解説者のプロフィール

奥井識仁
よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長。東京大学大学院修了後、ハーバード大学留学。泌尿器科、婦人科、外科の修練を経て、骨盤外科医として活躍中。著書に『図解 はじめての女性泌尿器科』(ハート出版)などがある。
●よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック
http://www.uro-gyn.net/

骨盤が冷えていると泌尿器系の疾患を招く

女性が膀胱炎や頻尿、尿失禁などに悩んでいる場合、骨盤が冷えているケースが多いものです。
というのも、骨盤の冷えは、これらの泌尿器系の疾患を引き起こす誘因の一つであるからです。

人間はかつて、4足歩行をしていました。その名残で、脳から遠ざかるほど血管が細くなっています。
尾骨や仙骨が支配している骨盤部分になると、血管が先細りしてくるため、どうしても血流が滞りやすいのです。

血行が悪くなれば、当然、骨盤も冷えがちとなり、結果として、泌尿器系の疾患を招きやすくなります。
とはいえ、まだ若いうちは、こうした疾患はそれほど頻繁には起こりません。

20代女性の場合、性ホルモンがたっぷりあり、膀胱などを支えている骨盤底筋もしっかりしているので、骨盤の血流が良好です。

また、腸内に善玉菌の乳酸菌がたくさんいるので、膣内にも乳酸菌がたくさん棲んでおり、免疫力が高い状態に保たれています。

乳酸菌の多い膣内にバイ菌が入ってきても、乳酸菌がバイ菌を退治してくれるので、近くの尿道を介して、そのバイ菌が膀胱へ侵入することがありませんから、膀胱炎になる可能性が低いのです。

強いバイ菌が侵入してきたときだけ、菌が膀胱に届き、炎症を起こすことがありますが、それはあくまでも例外です。
ところが、更年期を過ぎると、事情が大きく変わってきます。

性ホルモンは少なくなり、出産や運動不足によって、骨盤底筋が傷ついたり、弱くなったりしています。
骨盤底筋の筋力が低下し、加齢によって骨盤の血流が悪くなると、骨盤底筋が支えている骨盤内の臓器が、膣から落ちてしまう症状が起こることがあります。

それが、子宮脱、直腸瘤、膀胱瘤といった症状で、これらを併せて、骨盤臓器脱と呼びます。
この病気になると、膀胱が刺激を受けて、トイレが近くなり、尿がもれやすくなります。

また、加齢によって膣の乳酸菌もへっているので、膣にバイ菌が侵入すると、たちまち膀胱炎が起こってしまいます。
これが急性膀胱炎で、1日に10回以上、トイレに行きたくなるかたもいるのです。

このような場合、ほとんどの病院で処方されるのが、抗生物質です。
しかし、抗生物質はバイ菌だけではなく、大事な乳酸菌も殺してしまいます。

すると、膣内の免疫力が低下し、次にバイ菌が侵入してきたとき、より感染が起こりやすくなります。
炎症によって起こったむくみも、血流が低下しているために、なかなか治りません。

むくみが神経を圧迫して、強い痛みも生じます。しかも、乳酸菌が死んでしまうと、こうした膀胱炎がくり返されることになるのです。
これは、漢方でいうところの「瘀血(おけつ)」で、骨盤内が冷えによってうっ血している状態です。

この状態に陥っているとき、抗生物質を服用してもよくなりません。

夜間頻尿から解放され朝まで熟睡できる!

症状を悪化させる原因の一つは、冷えにあります。
ですから、骨盤を温めて冷えを取る必要があるのです。私がお勧めしているのが、湯たんぽ療法です。

湯たんぽ療法とは、その名のとおり、湯たんぽをおなかに当てる療法です。
朝起きたときと、夜寝るときに、30分間ほど、恥骨からへその下辺りに湯たんぽをのせておくだけです。

これで骨盤を効果的に温められます。夜中に尿意を感じて目が覚めてトイレに行く人は、その後、湯たんぽをおなかに当てると、ゆっくり熟睡できるでしょう。
今では、お湯を沸かして湯たんぽを作らなくても、電子レンジでチンすれば、すぐに使えるものも市販されています。

そうした便利な湯たんぽを使うのも、一つの方法です。ちなみに、慢性膀胱炎の一つである間質性膀胱炎も、頻尿を伴う病気です。
間質性膀胱炎とは、膀胱のなかに炎症が起こる病気で、膀胱に尿がたまってくると、焼けるような激しい痛みを感じます。

そのため、尿がたまる前に排尿しようとして、トイレの回数が激増します。
また、自分の意志とは関係なく、膀胱が勝手に収縮してしまう病気である過活動膀胱でも、頻尿や夜間頻尿、尿失禁が生じます。

過活動膀胱は加齢にしたがってふえ、70歳以上では、約3割以上のかたがこの病気にかかっていると推定されています。
トイレの前に、尿をもらしてしまうケースも少なくありません。

これら頻尿や尿失禁の症状は、いずれも骨盤底筋の衰えと、冷えによる血流悪化が大きく影響しています。
つまり、これらの予防策としても、湯たんぽ療法がお勧めです。

湯たんぽ療法以外では、免疫力を上げるため、新ビオフェルミンS錠R(乳酸菌入り整腸剤)などを服用し、乳酸菌を補給することが大事です。
むくみ取りには、漢方の八味地黄丸がお勧めです。

なお、骨盤の冷えは、男性にも多いものです。男性の場合、骨盤が冷えると、前立腺炎、前立腺肥大症、男性更年期障害などが起こりやすくなります。
湯たんぽ療法は、女性に限らず、男性にも推奨できます。

※湯たんぽを使う際は、低温ヤケドにじゅうぶん注意しましょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)
更新: 2018-12-27 18:00:00
効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)
更新: 2018-12-12 18:00:00
足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)
更新: 2018-11-30 18:00:00
夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)
更新: 2018-11-21 17:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt